現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
美しき妖魔。
2014-08-31 Sun 20:27

 進捗状況が悪いです……。

 イマジネーションが沸けど、なかなか筆が進まない蔵間マリコです。
 さてと、日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナの共同生活を描いたオリジナルのライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 う~ん、第11羽を書き始めてから調子が悪いです~。ちゃんと先にシナリオを書いて、ネタになるものは色々とメモメモして、時間が許される限りはPCに向かってキーボードを叩いているのですが……。10話目は週14ページペースで書けたものが、その半分の執筆スピードですから。スタートダッシュに失敗しちゃったかなあ?
 とまあ、今一調子が上がらないライトノベルの執筆ですが、その話を長々と話すわけにはいきません。というわけで、そろそろ本編へと入らせてもらいます。いつも言っていることですけど、文章と内容はかなり残念なものですよ?それでも、読んでくれたら非常にありがたいです。出来れば、感想なんかも書いてくれるとなおのこと嬉しいです。
 それでは、今回の彼女たちの極秘事項(トップシークレット)をどうぞ。
美しき妖魔。の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:0 | トラックバック:0
永遠の空。
2014-08-30 Sat 20:43

             TVアニメ版AIR COMACT COLLECTION001

 本当に懐かしい……。

 すっかり筋金入りのサブカル好きになった蔵間マリコです。
 今月は想像以上の出費だったので買う予定は無かったんですけど、ぜひ手元に置いておきたいアニメだからつい買っちゃいました。Keyの泣きゲー3部作の2作目『AIR』のTVアニメ版の廉価版BDを。
 いや~、自分にとってAIRはサブカル好きになったきっかけとなった作品といっても過言でもない。それ以前は興味はあれど、一歩を踏み出すことが出来ませんでしたからね。それでサブカル界隈でAIRが大人気ということで、自分もそれを切欠に見たら見事にドはまり。KanonCLANNAD、その他のKey作品をがっつりプレイする要因にもなっているし、色々と記憶深い作品である。
 とりあえず何ではまったかどうかというのは後で話すにして、廉価版BDで久々のTVアニメ版AIRを見たけど、本当に懐かしい。今のいたる絵に比べると非常に癖のあるものだけど、同時に味があるといいますか。それにBGMとか作風も初期のKey京都アニメーションの作品らしい感があってたまらない。急遽であったけど、買った甲斐はあったと思う。
 ただ、話で聞いていた通り、ジャギーがちょっと酷いなあ……。特典映像や小冊子などいらん、ただアニメが見れればいいというスタンスだからその値段というのも分かるが、ちょっと微妙にドットみたいになっているのはどうにかならなかったなあ……。でも、値段が値段だから仕方ないか。

             TVアニメ版AIR COMACT COLLECTION002

 と、久々のAIRを堪能している今日この頃ですが、Keyの泣きゲー3部作って今でも素晴らしいものですよねえ。
 プラネタリアンとかリトルバスターズ!といった、ちょっと特殊なポジションの泣きゲー3部作以降の作品も好きですけど、Keyを語るならばやはりKanonAIRCLANNAD。これがあるからこそ、ギャルゲー業界で一世を風靡し、泣きゲーというジャンルを生み出しのですから。
 個人的にKeyのゲームの魅力というと、言うまでもなくユーザーを感動させることに長けていることだと思う。ひょんなことで出会った一風変わった少女、最初は微妙な距離感でありながらも、交流するに連れて徐々に仲が良くなっていく。しかし、現実非現実問わずに大きな壁が立ちはだかる。そして、それを乗り越えた末に待ち構える感動的な結末や少し悲しい別れ。
 Keyの作品が苦手な人は「死なせて泣かすな」とか「狙いすぎている」なんて言うけど、自分はそれを組み立てて作っているからこそKeyの泣きゲーに価値があるのだと思う。それをやろうと思って簡単に出来るものではないしね。狙って盛り上げるというのも簡単に出来るものじゃないですよ。上手い具合に世界観にトリップさせる必要があるのですから。
 その要素に欠かせてならないのが、一癖も二癖もあるヒロイン。CLANNADあたりぐらいになると少し控えめになるけど、あのエキセントリックなキャラ造詣だからこそ価値があるんですよ。普通の子とは何かが違う、残念な子だけどどこか助けてやりたい守ってやりたい。そんな雰囲気を上手い具合に醸し出しているからこそ、立ちはだかる壁を乗り越えたシーンの充足感というのもひとしお。普通の女の子だったら、そこまで落差が無いから印象が薄いですよ。
 他にも初期の樋上いたるさんの独特でいながらも可愛い画風も作品としての印象を与える要因にもなっているし、麻枝准さんや折戸伸治さんの音楽も秀逸。これらの要因が一つでも欠けていたら、間違いなく大人気作品にならなかっただろうし、自分も触れることなんてなかったかもしれない。この奇跡の組み合わせ、本当に素晴らしい。

             TVアニメ版AIR COMACT COLLECTION003

 自分にとって青春の作品であるKeyの泣きゲー3部作。
 この調子でTVアニメ版のKanonCLANNADも買おうかなあ?でも、来月は極黒のブリュンヒルデのBD-BOX下巻があるし、再来月はねんどろいど魔法少女まどか☆マギカ浴衣まどかもあるし……。金に余裕があれば、間違いなく買っていたのだが……。現実は非情である。

        TVアニメ版AIR COMACT COLLECTION004

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
新たなる秩序。
2014-08-29 Fri 20:19

 ヘッポコとか言ってはいけない!!

 謎が謎を呼ぶ展開にワクテカが止まらない蔵間マリコです。
 皆さん、今週の極黒のブリュンヒルデを読みましたか?新章に入ってから盛り上がりまくりの極黒のブリュンヒルデですが、今週で一段落つきましたねえ。あの人がアレだったり、あの人があんなことをしたりと。第6章の締めとしては、なかなか面白い内容だったと思いますね。
 しかし、それと同時に残った謎もいくつかある。第6章で明らかになったヴィンガルフサイドのアレとか。新章に入ってからの良太一行の命運を握る最大の要素でありますからね。あれをどうにかしないと二進も三進も進まないというのに、アレをああしようとしていますからねえ。本当に恐ろしい恐ろしい。
 というわけで、今回はそれに関する一連の謎について考察でもしたいと思います。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
新たなる秩序。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
固い絆。
2014-08-28 Thu 19:42

 やっぱ、木曜日の朝はこれを読まないとね!!

 影ながら応援をしている蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。一癖も二癖もある作風が特徴的な週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 いや~、岡本倫先生の漫画を朝一番に読めるって、本当に幸せですねえ。二転三転する展開で読者の想像をはるかに上回りつつ、そのインパクトに負けないように作者としての独特の色をしっかりとつける。人を選ぶ内容であるとはいえ、これほどに刺激的な作品はそうそうありませんから。こんなに素晴らしい漫画にリアルタイムで触れることが出来ることに、とても感謝しております。たん最高、たん万歳!!
 とまあ、ちょっと興奮気味になりました。前座はこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
固い絆。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
二人の父親。
2014-08-27 Wed 20:15

 エルフェンリートは、永遠のバイブル。

 癖があるからこそ面白いと思う蔵間マリコです。
 さてと、水曜日ですので、あのコーナーを更新しますよ~。現在週刊ヤングジャンプで純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の作者、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 水曜日恒例のこのコーナーなんですけど、実は3週間ぶりなんですよねえ。先々週はともかく、先週は世間的にもゴタゴタがあって、今でもそれが引きずっていますからねえ。岡本倫先生の作品は大好きですけど、どうしてもそういったものは勝つことは出来ませんから。社会人の身であれば尚更のこと。
 でも、今日はそういった気兼ねなく書くことが出来る。よーしお父さん、今日はガリガリ書いちゃうぞー!!
 とまあ、久々のエルフェンリートの記事で書いている側としてはワクテカが止まりませんが、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生独特の作風、そして管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
二人の父親。の続きを読む
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
謎多き女性。
2014-08-25 Mon 20:23

 月曜日なので、急いで書きます。

 週1回掲載のノルマは崩したくない蔵間マリコです。
 先日は別の記事を書いたので掲載することは出来ませんでしたが、代わりに今日掲載しますよ~。貧乏高校生の夏目大和とネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を描いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 先々週で第9話が終わり、今週からは第10話が開始しますが、前置きは今日はこれで止めておきます。月曜日なので、時間もあまりないので。ですから、そこのところは許してください。あと、相変わらず残念な文章ですけど、アドバイスや感想を書いてくれると非常にありがたいです。
 それでは、今回の彼女たちの極秘事項(トップシークレット)をどうぞ。
謎多き女性。の続きを読む
別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:0 | トラックバック:0
海上の古参兵。
2014-08-24 Sun 21:29

        ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛001

 英国で産まれた帰国子女の金剛デース!ヨロシクオネガイシマース!

 ゲームだけでなく、フィギュアにもはまっている蔵間マリコデース。
 じゃじゃーん!!先日、グッドスマイルカンパニーからとあるフィギュアが届きましたー!!大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』の中でも、人気の高い戦艦娘『金剛』のねんどろいどデース!!
 本当なら島風、赤城で打ち止めにするはずだったんですけど、発売日トゥディについつい予約しマシター!!自分でも、散財しすぎはいけないと分かっていマースが、それでもゲームで長らくお世話になっている艦娘ですからネー。だから、試行停止ノータイムで買っちゃいマシター。
 で、肝心の出来はどうかといいますと、人気の高いねんどろいどシリーズだけあって、完成度はなかなかデース。ゲーム内のポージングは当然のこと、兵装の再現度も高いデース!!オマケに椅子と紅茶セットの金剛ならではオプションもついてきマース!!デフォルメもなかなかマッチいマースし、グッスマはグッジョブな仕事をしていマース!!
 敢えて、課題ポイントをあげるとなると、顔パーツが少ないことと、艦これねんどろいどの宿命的ウィークポイントのパーツの取り付けにくさが気になりマース。それでも、それを差し引いてもなかなかのねんどろいどだと思いマース!!衝動買いですけど、とてもお買い得でしたネー。

            ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛002
            ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛003
            ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛004
            ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛005
            ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛006
            ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛007
            ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛008
            ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛009

 とまあ、金剛になりきって、ねんどろいど金剛を感想を書きましたが、今回は史実における金剛についてちょろっと話したい。ただし、そこまで詳しいというわけではないので、勘違いなんかもあるかもしれません。まあ、そこのところは許してください。
 太平洋戦争時、もっとも砲撃火力があったカテゴリーの軍艦、戦艦。大日本帝国海軍と当時の日本の象徴ともいえる大和型に、ビッグ7の異名を持つ長門型、外国人に人気の高い扶桑型、その扶桑型の改修型である伊勢型。まさに男のロマンともいえる軍艦であるが、個人的には金剛型が太平洋戦争において最も大きな存在の一つの軍艦だと思う。
 金剛の生まれはゲームをプレイしているのなら知ってのとおり、イギリスのヴィッカース社製。1912年と太平洋戦争からはるか昔に誕生した巡洋戦艦であり、第一次世界大戦にも参加したこともある太平洋戦争最年長の軍艦である。そして、この金剛を元に同型艦の比叡、榛名、霧島が作られただけでなく、戦艦設計のノウハウを大和型などにも生かされている。生まれこそはイギリスであるが、日本の戦艦事情に大きく影響を与えた軍艦といえよう。
 とはいえ、太平洋戦争時に既に旧型艦。大日本帝国海軍としての金剛の重要度は下がっており、指揮権は大和型や長門にあり、金剛型はもっぱら遊撃部隊という名の便利屋という扱いになっていた。
 しかしながら、旧式の戦艦であっても、空母部隊に着いて行くだけの航行速度があったという点は非常に大きい。長門型が26,5ノット、大和型が27ノットだったのに対して、2度の改造を受けた金剛型は30ノット。これは、空母部隊に随伴することが出来る速度。戦場にいても遅れをとることがない。太平洋戦争時の金剛型の強みは、航行速度にあったといっても過言でもない。
 最終的には目立った戦果を挙げることなく、潜水艦に唯一沈められた戦艦となった金剛だが、それでも戦艦の設計や最年長艦としての圧倒的な運動量は、大日本帝国海軍に大きな影響を与えたであろう。

            ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛011
        ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛012
            ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛013
            ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛014

 イギリス生まれの日本育ちの金剛。
 さて、当面ねんどろいど艦隊これくしょんを買う予定はないが、次買うとしたらどの艦娘を買おうかな?個人的には龍驤か伊401が欲しいのだが……。色々と欲しい物があるから困っちゃう。

        ねんどろいど 艦隊これくしょん 金剛015


別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
最大級の決戦。
2014-08-23 Sat 20:38

   2014y08m23d_154043793.jpg

 やったぜ、今回も完全制覇!!

 資源とバケツと索敵と育成は何よりも大切だと思う蔵間マリコです。
 やったー!!ついについに、攻略しましたよ!!大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』の夏のイベント、『AL/MI作戦』の真の最終ステージ、E-6『敵別同部隊を迎撃、本土近海防衛!』を。
 いや~、これの情報が明らかになった時は、「運営は正気なのか?」と目を疑いましたねえ。AL/MI作戦で全力投球させた後に、最大難易度の海域に挑まないといけないのですから。しかも、大ボスの戦艦棲姫が撃破圏内に入ると、更に1体戦艦棲姫が投入されるとなるとね……。こんな狂った海域出してどうすんのと思い、攻略するかどうかに少し悩みました。
 しかし、現にこうやって攻略したからねえ。為せばなる、為せ為らぬ何事と言いますが、ホントそれ。旗艦の戦艦棲姫を撃破した時、思わず変な声が出ちゃいましたよ。大量の資源と大量のバケツと大量の艦娘と大量の時間を注いだ甲斐がありましたよ。
 と、運営の挑戦状に打ち勝った我が鎮守府ですが、今回は個人的な今回のイベントの感想でも書かせてもらいます。まあ、あくまでも個人的に体感した感想なので、提督によっては随分と意見が変わるかもしれません。ですが、そういったところは許してください。

 ・E-1『北方AL海域へ進出せよ!

   2014y08m09d_123306007.jpg

 AL作戦のスタート地点だが、個人的に今回のイベントで一番ダメだと思った海域。
 いくらなんでも最初のマスに潜水艦を配置するのは大問題でしょ。後々のMAPのために戦力をどれだけ残さないといけないのか分からない最中、出鼻を挫くようなことをしちゃあ。2戦目・3戦目も非常に手強いし。これが3ステージ目とかなら全然問題ないんだけどねえ。ここで今回のイベントにケチがついた気がする。

 ・E-2『陽動作戦!北方港湾を叩け!

   2014y08m09d_141702623.jpg

 E-2としてはやや難しいが、しっかりと作戦を立てれば面白いように進軍できる海域。
 大火力を持ってして進軍する北ルートに、戦力は落ちるが安全に進む東ルート。どちらにしても、フラ戦と戦わなければいけないけど、支援艦隊でなぎ払うというスタイルを推奨しているあたり、結構新鮮味のある海域だったな。この手の先鋒は、今まで5-5やイベントの最終海域といった総力戦を要求する場所と限定されていたが、こちらはまだまだ戦力を残さないといけないからね。戦力は出せるときに出す、そんなスタイルがなかなか面白かった。
 ただ、要求する索敵値が高すぎるねん……。今回のイベント全般言えることだけど、これはどうにかして欲しい。

 ・E-3『決戦!MI作戦発動

   2014y08m10d_092549232.jpg

 ここからE-5までMI作戦だが、今回のイベントの天国の一つ。
 連合艦隊システムのチュートリアルの海域というだけあって、とにかく簡単。戦力が充実していない提督ならともかく、しっかりと一通りの空母を揃えていたら無問題。サクサクっと攻略して、連合艦隊システムの魅力を味わいました。

 ・E-4『MI島攻略戦

   2014y08m15d_172105610.jpg

 E-3に比べるとやや難しくなっているものの、ちゃんと戦力があれば問題の無い海域。
 意外だったのが、あきつ丸が初めてこの海域で役に立つということ。今までは、大発とカ号観測機をひっぺ返す存在に近かったが、今回のイベントでそれ以上の価値を見出したという点は大きい。今まで使わなかった艦娘にスポットライトを当てたという点は大きい。

 ・E-5『MI島確保作戦

   2014y08m16d_123738812.jpg

 もう一つの天国。
 開幕こそ潜水艦部隊がお待ちかねだけど、基本的にゴリ押しが出来るために非常に楽。索敵値さえ揃っていれば、確実にボスに行くことが出来るし、そのボスも連合艦隊システムのおかげでかなり倒しやすいし。AL作戦の難易度がバカらしくなるほど、資源以外に優しい仕様に大満足でしたね。

 ・E-6『敵別同部隊を迎撃、本土近海防衛!

   2014y08m17d_011538604.jpg

 鬼畜。縛りもかなり厳しいが、とにかく道中の敵が強すぎる。
 最大火力を出せるフラ戦に、ロクに倒す術を持たない潜水艦部隊、E-5のボスである空母棲姫。それらを乗り越えてようやく戦艦棲姫ですからねえ。大和型を運用したとしても、1回ボスに到達するまでにどれだけの資源とバケツを投資したことやら。1日でまとめてやろうとしたらどうにかなりそうだったから、1日で600ダメージ与えるという目標で攻略しました。
 あと、実はこの海域を挑む前に致命的なミスを犯していたんですよねえ。勘違いしたのか、E-5でハイパー北上さまを使っちゃったんですよ。軽空母も足りなかったので水上機母艦の千歳を空母にしたけど、こっちはLV1から育てないといけない。おかげで、余計な資源を消費しちゃいましたよ。ケッコンカッコカリをしているハイパー北上さまがいたというのに……。

   2014y08m23d_153932339.jpg

 ・まとめ

 多少不満点があるものの、全体的には今回もガッツリと楽しましたよ。
 ただ、前半のゲームバランスとE-6攻略後はAL/MI作戦の縛りぐらいは外してほしかったなあ……。

   2014y08m23d_154033096.jpg

 これが今回のイベントの感想ですね。
 まだ攻略していない提督もいるかもしれませんが、持てる限りの戦力と資源を使えば攻略できるはずですよ!!皆様、頑張ってくださいね!!

   2014y08m23d_154204355.jpg

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
有り得たかもしれない未来。
2014-08-22 Fri 19:57

 まあ、絶対に有り得ないんですけどね。

 小鳥ちゃんのおっぱいに顔をうずめたい蔵間マリコです。
 皆様、今週の極黒のブリュンヒルデを読みましたか~?2週間ぶりの岡本倫先生の漫画でしたので、待っただけの甲斐がありましたねえ。あの人が○○○になったり、あの人を×××××したり、あの子が△△△したりと。色々と話が進んでこれから先が気になるところで、今週は終了ですからねえ。ホント、これほどに来週が待ち遠しい漫画はありませんよ。
 とまあ、今週もなかなかと面白かったですけど、明後日の日曜日にはあれが放送されることになりますね。TVアニメ版極黒のブリュンヒルデニコニコ生放送の後編、第7話から最終話までが。
 いや~、多少課題点はあれど満足できる出来の前半戦ですが、後半戦は色々とアレですからねえ。8話目あたりから少し微妙なところが出てくるものの問題のないレベルでしたが、10話目から非常に残念な出来だからなあ。最終話は原作既読組からしてもワケわかめ。どうしてああなったのか、嘆きたいくらいですよ。
 でも、今回のニコニコ生放送ではディレクターズカット版が放送されるらしいですからねえ。放送時の内容に非難殺到したのか、あるいは元々作っていたのか分からないですけど、それを見る価値は十分あると思う。これがどのような影響を与えるのか、マイナスを覆すのは難しいだろうけど、それでもファンとしては見届けたいものです。
 とまあ、残念だった終盤の改善をニコニコ生放送に賭けていますが、今回はTVアニメ版の話題ということで、もし極黒のブリュンヒルデ第2期があったとしたらという妄想企画を考えてみました。〆方的にも、売り上げ的にも絶対に有り得ないですけど、それでも見たいものは見たいですからね。
 というわけで妄想企画をしますが、本編のネタバレ及び岡本倫先生の作風、そして管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
有り得たかもしれない未来。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ(TVアニメ版) | コメント:1 | トラックバック:0
目の当たりの非現実。
2014-08-21 Thu 20:26

 2週間ぶりのヤングジャンプだー!!

 影ながら応援している蔵間マリコです。
 さてと、木曜日ですので、いつものコーナーを行いますよ~。週刊ヤングジャンプ連載、可愛い魔女たちとともに悪の組織に立ち向かう岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 いや~、2週間ぶりに極黒のブリュンヒルデを読めるって、どれだけ幸せなことだろうか。萌え死にそうなくらいに可愛い魔女たちに、ギャップ引き立つバイオレンスな展開、先の読めないストーリーに、独特な台詞回し、そして数々の謎。お盆は週刊漫画雑誌がお休みだというのは分かっていますけど、それでも精神的ダメージが大きいですからね。それが久々に読めるとなると、苦しい気持ちから解放されるようで。ホント、たんの漫画があると無いとでは全然違いますよ。
 とまあ、たんジャンキーっぷりを披露しましたが、そろそろ感想に入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
目の当たりの非現実。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
| 黒のノエル。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。