現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
現在からの襲撃。
2013-02-28 Thu 20:11
 ヤンジャンが面白すぎてたまりません。

 癖の強い作風が大好きな蔵間マリコです。
 さてさて、今週も始まりましたよ~。先の読めない展開に毎週ハラハラドキドキする週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーが。
 いや~、最近の極黒のブリュンヒルデはめっさ面白いですねえ。新章に入ってから続々と登場する魅力的なキャラクターたちに、明らかにされていく謎と増え続ける謎、そして常に隣り合わせの死との緊張感。ヤンジャンには面白い漫画がたくさんありますけど、個人的にはたんの漫画が一番ですね。
 特に、先週明らかになった謎。アレには、盲点と言いますか、まさに「やられた!!」という感じでした。しかも、思い付きで決めたようなものではなく、しっかりと伏線や匂わす場面がちらほらとありましたからね。エルフェンリートノノノノの頃からはとても考えれないようなストーリー構成の上達ですよ。ホント、たんは凄い、凄すぎる!!
 とまあ、衝撃の連続が続く極黒のブリュンヒルデですが、今週はどうなったでしょうか。ここから先は、ネタバレ&たん成分充満のコーナー。そういうのが嫌だという人は、ここまで。「別に大丈夫だよ」という人はどうぞ。
現在からの襲撃。の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:1
雨と猫。
2013-02-27 Wed 20:25

      ライトノベル用キャラクター 002-2改

 う~ん、難しい……。

 なかなか重たい腰が上がらない蔵間マリコです。
 平日ですけど、毎日コツコツと描いて完成させました。普通の人よりも進歩がかなり遅いオリジナルのイラストが。
 ほぼ1ヶ月ぶりに更新したオリジナルのイラストのコーナーですが、ここの所、モチベーションがなかなか上がりません。イラストも練習のペースが遅いし、オリジナルのライトノベルも設定が気に入らず、かなり手直しが必要な所が見つかって、そこをどうしようかと悩んでいます。とにかく二進も三進もどーにもブルドック状態なんですよね。
 理想と現実とのギャップが激しいんだろうか?始めるにしても、もうちょっとハードルを低くすれば良かったかな?でも、今まで何をやっても上手くいかない人生を送ってきたから、それを妥協する方法が全く分かりませんし、「向いてない」なんて言葉で済ませたくないですし……。どうしたらいいことやら……。
 とまあ、日々のストレスが溜まりまくりなのかいきなり愚痴を吐いてすみませんでした。今回の本題であるイラストに話題を移させてもらいます。
 さて、今回のイラストは前回に引き続きライトノベル用のオリキャラを『雨の日』をテーマに描きました。答申こそは違いますけど、あくまでも同じキャラなので(まあ、そこは今の時点では話せないので。)。そして、前回描いたキャラの特徴をもうちょっとまとまりのあるものにしました。
 個人的に一番の変更点は、髪の色。前回は、ピンク色に先端が黄色という組み合わせで髪を塗っていましたが、それは止めてピンク単色にしました。どうも色の組み合わせが悪いというか、ゴチャゴチャしてて見栄えが悪いというか……。自分としては、全部乗せデザインというコンセプトの元で描きたかったのですが、まあ何事もやりすぎはいけないという事でしょうか。今回の方がしっくり気がしますね。
 あとは、個人的に表情が結構お気に入りですね。喜怒哀楽色々と練習していますけど、一番多く練習しているのが笑っている表情ですからね。痛い表情や怒っている表情の女の子も好きだけど、やっぱり女の子は笑っていないとね!!
 でも、それ以外が相変わらず壊滅的……。体の構造が上手く描けていない(特に足が棒になってしまっている)し、ちゃんと調べた割には背景が適当すぎる。そして、傘の構造が全然上手く描けていない。立体的なものが苦手というのは前々から実感しているけど、どうにかならないのかなあ……。

 遅々としているけど、自分なりに頑張っているオリジナルのイラスト。
 次回あたりは、少し少し方向性を変えて、バストアップでも描こうかな?普段は全身図を描いているけど、少し方向性を変えたいし、見栄えのいい描き方というのも覚えていきたいしね。さて、今日は寝るまで練習しますか。

      ラフ 一次創作010

別窓 | イラスト | コメント:0 | トラックバック:0
爛れた恋心。
2013-02-25 Mon 20:32

              クズの本懐

 便宜上、君は淫らな僕の女王のカテゴリーということで。

 漫画大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 さて、今回で1週間がかりでお送りしてきた岡本倫横槍メンゴの『極黒の君は淫らなクズフェア』コーナーでしたが、今回でラスト。そのラストを締めくくるのは、月刊ビッグガンガンで連載中の横槍メンゴの恋愛漫画『クズの本懐』っす。
 ビッグガンガンの漫画は、ハイスコアガールはめっさ面白いから買っているんですけど、基本的に読んだことが無いですねえ。月刊少年ガンガンヤングガンガンガンガンオンラインあたりはいつもチェックしているのですが。月に30種類近くの漫画雑誌をチェックしていますが、このエリアはあまり開拓していなく、ガンガンらしく鈍器というイメージだけはあります。だから、今回は企画であるとはいえ、一つの開拓と言えます。
 さて、そんなビッグガンガンで連載しているメンゴ先生のクズの本懐。ネタバレ回避のあらすじ&感想ですが、岡本倫の漫画と同じ形式にしております。ですので、あまり読みたくないなあという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
爛れた恋心。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:0 | トラックバック:0
蕩ける愛情。
2013-02-24 Sun 19:26

              君は淫らな僕の女王 単行本

 こう見えても、青年誌の漫画ですよ?

 癖の強い漫画が大好きな蔵間マリコです。
 紆余曲折がありましたが、やっとこさ番が回ってきました。週刊ヤングジャンプミラクルジャンプで大人気を博した岡本倫横槍メンゴの異色のタッグ作品『君は淫らな僕の女王』が。
 発売されてから5日、こうやってブログの記事としてはかなり旬を越したかもしれませんが、なんだか色々と凄いことになっていますねえ。東京方面だと殆どの店が売り切れ状態で、Amazonでも品切れ状態でプレミア価格がついていたり、第2版が発売されるのが3月10日になったりと。うちのブログも、アクセス数が今までの比にならないほどの数字になっているし、マイナーなカテゴリーとはいえ5位まで上り詰めていますし。たん大好き人間としては、一人でも倫たんのファンが増えてくれるのなら光栄な限りです。
 さて、そんな今話題の君は淫らな僕の女王の単行本ですが、今回は総まとめというか単行本としての感想を描かせてもらいます。当然ながら、エロ成分・たん成分入りまくりの内容ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
蕩ける愛情。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:0 | トラックバック:0
永遠の少女。
2013-02-23 Sat 19:48

 本多知恵子さん、ご冥福お祈りします。

 今日一日、落ち込んでいた蔵間マリコです。
 先日、声優の本多知恵子さんが、18日に多発性ガンで亡くなったことが明らかになった。享年、49歳。
 ここ最近、声優さんの訃報や活動休止報告などで自分の好きな作品が過去のものとなっていくことに寂しい思いをしていましたが、今回の本多知恵子さんの訃報は、故・川上とも子さんの訃報以来の大ショックでした。20年以上アニメ業界に携わっているにも関わらず、殆ど衰えぬ声帯と日々向上していく演技力に魅力を感じていましたが。

 本多知恵子さんの代表的な声優というと、自分でもなくとも多くの人が挙げるであろう。機動戦士ガンダムZZの登場人物であり、妹キャラの元祖でもあるエルピー・プルを。
 自分も本多知恵子さんの名前を知ったのはプル(あと同作品のプルツー)でして、最初に声を聴いた時は衝撃を受けましたね。80年代のアニメなのに、まるで今を先取りしたようなキャラ造形、「プルプルプル~」と言いながら下着姿のまま走るというぶっ飛んだ行動、そして当時では考えられないような特徴的なアニメ声。リアルタイムで見たわけではありませんが、まさに一目ぼれでしたよ。
 それ以来、本多知恵子さん=プルが好きな声優(キャラ)になりましたね。ガンプラは当然のこと、ガンダムVSZガンダムも追加キャラのプル目当てに買ったり、Gジェネレーションシリーズだと毎回優先的に使っていたりと。特に機動戦士ガンダムVSガンダムでは、キュベレイMk-Ⅱがぶっ飛んだ性能に厨機体とレッテルを張られながらもプル目的に使っていましたね。
 プル以外ですと、機動新世紀ガンダムXのエニル・エルに、キテレツ大百科の野々花みよ子、冥王計画ゼオライマーの氷室美久、To Heart2の柚原春夏などなど、パッと思いつく限りでも結構印象的な演じている。それも、幼女キャラから大人のお姉さん、ヒロインの母親役と幅広く。
 自分としては、いつかは機動戦士ガンダムUCのマリーダ・クルス演じる甲斐田裕子さんと一緒に共演すると思っていました。ゲーム内で三姉妹揃ってどんなやり取りをするのか、どんな掛け合せがあるのか。それをファンとして楽しみにしていたのですが……、それが願わないことにただただ悲しいばかりです。

 独特のボイスで多くの視聴者を魅了してきた本多知恵子さん、改めてご冥福をお祈りします。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
滅亡の引き金。
2013-02-22 Fri 19:25

 本当なら、君は淫らな僕の女王の感想を書きたかったけど、今週が今週だけに。

 岡本倫の漫画大好き蔵間マリコです。
 いや~、本当に大変なことになってきましたねえ。週刊ヤングジャンプで連載中の鬼才漫画家・岡本倫の純愛ダークファンタジーまたはリアル魔法少女もの『極黒のブリュンヒルデ』が。
 毎回毎回ハラハラドキドキ心臓バクバクな展開が続きますが、いよいよ怪しくなってきましたねえ。なんていうか、今までは外堀を掘られていたけど、ついに内堀まで埋められて、いざ本丸といったところまで攻めてきました。散々死亡フラグを立てていただけに、もはやここまでか!?
 しかし、それ以上に気になったのが今週のラスト。今までそんなに気にしない要素だったということもありましたが、あまりにも意外でしたねえ。話の根幹にも関わることだし、死亡フラグの堀を一つ埋める要因となっていますし。
 というわけで、今回はアレを御題に考察したいと思います。当然ながら、ネタバレやたん成分りまくりなので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に気にしないよという人どうぞ。
滅亡の引き金。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:1
狙われた未来。
2013-02-21 Thu 20:38

 たんの漫画が読める素晴らしさ。

 極黒のブリュンヒルデを毎週楽しみにしている蔵間マリコです。
 さ~てさてさて、今週も始まりますよ~。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーが。
 今日の帰り、地元の複合書店で新刊をチェックしましたが、新刊のコーナーからある物がきれいさっぱりなくなっていた。岡本倫横槍メンゴの異色タッグ作品『君は淫らな僕の女王』が。
 昨日の夕方は本屋には極黒のブリュンヒルデクズの本懐とともに10冊ほど並べられていたんですけど、1冊も置いていなかったんですよね。別のコーナーに移動したんかなーとは思ったんですけど、どうも一日で完売したようで……。
 いや~、君は淫らな僕の女王がここまで売れるとは思いませんでしたよ。読み切り時代から大騒ぎになったとはいえ、ここまで売り上げ絶好調だったとは。自分以外にも面白い、いやエロいと思った読者が大勢いたということでしょうか。痴話ではありますが、こういう話題を一人でも話せる人が増えることはファンとしては嬉しい限りです。ちなみに、極黒のブリュンヒルデクズの本懐は……、そっちも買ってくださいよ!!
 とまあ、嬉しいのやら悲しいのやら複雑な気分になったアフター5でしたが、そろそろ本題の今週の極黒のブリュンヒルデの感想に入りたいと思います。当然ながら、ネタバレやたん成分充満ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
狙われた未来。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:1
泡沫の夢。
2013-02-20 Wed 20:15

        極黒の君は淫らなクズフェア

 極黒のブリュンヒルデ4巻→今週号→君は淫らな僕の女王クズの本懐の順で。
 まさにデスマーチ。

 大好きな漫画家だから3冊買える蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!広島県だから一日遅れでしたけど、発売日にきっちりしっかりGETしましたよ~。週刊ヤングジャンプ連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、岡本倫横槍メンゴの異色のタッグで物議を醸したラブコメ漫画『君は淫らな僕の女王』、そしてビッグガンガンで連載中の横槍メンゴの『クズの本懐』を。
 いや~、極黒のブリュンヒルデを観賞用・保存用・布教用の3冊を買うだけならそこまで大変ではありませんが、それに加えて2冊買うとなると結構財布に厳しいですねえ。まあ、10年以上倫たんの漫画を愛でている人間としてはそのくらいは当然ですし、とらのあなとかアニメイトの特典が手に入るのは嬉しいことだし、『極黒の君は淫らなクズフェア』の抽選券が2回分手に入ると思えば全然安い話ですが。
 さて、そんな倫たん中毒末期症状の自分ですが、今回は極黒のブリュンヒルデ4巻の内容に関して話題したいと思います。1回にまとめて感想を書くという選択肢もありましたが、それだと話したいことが全部話せなくなる可能性がありますので。
 というわけで、ここから先はネタバレやたん成分ありまくりのエリア。そういうのが嫌だという人はここまで。そういうのが全然大丈夫という人はどうぞ。
泡沫の夢。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
和と洋。
2013-02-19 Tue 19:57

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です(^v^)/
今日のテーマは「コーヒーとあわせて食べたい食べ物は?」です。
加瀬はコーヒーが大好きです!
毎日最低3杯は飲まないと気が済まないようになってしまいました…。
まだ寒い日が続いているので、ホットコーヒーを飲む回数はもうちょっと増えちゃいます><
FC2トラックバックテーマ 第1609回「コーヒーとあわせて食べたい食べ物は?」


 今回の御題は、『コーヒーとの組み合わせ』。
 う~ん、コーヒーですかあ。スーパーロボット大戦シリーズの何かとモテるギリギリ20代のゼ〇ガー・ゾ〇ボルトのように、イ〇イ・ガン〇デンちゃんみたいな可愛い幼女にコーヒーを入れてもらいたい……、というのはともかく、コーヒーは結構飲みますねえ。朝の眠気覚ましにブラックコーヒーを一杯、時々昼食や間食に一杯と、一日に何回か飲むな。甘さに関しても、ブラックも全然大丈夫だし、ベトナムコーヒーのようなあま~いコーヒーも大好き。フラペチーノやブランデー入りコーヒーみたいな洒落たものも悪くないしね。まあ、飲みすぎるとたまに腹の調子を悪くしてしまいますが。
 さて、そんな大好きなコーヒーと合わせて食べるものですが、個人的にマッチすると思うのは、和菓子ですかね?それも、あんこ(いっつも何か食べている某赤い魔法少女とは違いますよ。)を使った和菓子が。
 和と洋のもので、一見ミスマッチに思えますが、これがなかなかの組み合わせなんですよね。あんこの甘さとコーヒーの甘さと苦さ、それが混然一体となった時の味はなんとも言えない。体に蓄積された疲れが抜け出ていくことが実感できるほどの甘さで、休憩中の体力補給には最高の組み合わせです。まあ、虫歯とか糖尿病になりかねないような組み合わせですが。
 あと、夏はキンキンに冷えたブラックコーヒーとともに、ブラックモンブランを食べるのもパターンとなっていますね。にが~いブラックコーヒーを含みながら、ブラックモンブランを食す。それは、コーヒーフロートかのような組み合わせ。それにチョコレートとチョコクランチが、味に深みを与える。ソフトクリームやカップのバニラアイスじゃなくて、ブラックモンブランである理由はここにある。まあ、これはこれでお腹を冷やしすぎる原因になりますが。

 甘くて苦い故に、組み合わせ豊富なコーヒー。
 ちなみに今日は、少し奮発してコーヒーとともに月餅とフルーツケーキを食べました。やっぱり、和菓子はコーヒーと相性抜群。
 えっ、月餅は中国のお菓子?細かいことは言わない!!

              アイスコーヒー

 愚痴みたいなもの。

 極黒のブリュンヒルデ4巻と君は淫らな僕の女王が発売日当日に買えない悲しみ……。
 広島県も19日に発売してくださいよ……。

別窓 | 今週の御題 | コメント:0 | トラックバック:0
隙間の魅力。
2013-02-18 Mon 21:17

             モンスター娘のいる日常2巻

 ええ、バーリトゥードですよ。
 ニッチな漫画でもどんとこいですよ。

 基本的に選り好みしない蔵間マリコです。
 今日の午後、地元の大型複合書店にてある漫画を買った。コミックRyuで連載中の異種族の娘、モンスター娘たちとの共同生活を描いたラブコメ漫画『モンスター娘のいる日常』のコミックス2巻だ。
 この漫画は以前にも紹介しましたが、結構面白いの一つなんですよねえ。ラミア娘のミーアに、ハーピー娘のパピ、ケンタウロス娘のセントレアの3匹(?)をはじめとし、新たにスライム娘のスーと人魚娘のメロウムが加わりてんやわんや。基本的にはありきたりなラブコメなんですけど、ニッチな題材を取り扱っているために不思議空間へと変貌している。特に、ミーアの脱皮を手伝う回なんかは妙にエロいし、作者のモンスター娘愛が伝わるというか……。
 とまあ、なかなかマニアックな世界を堪能しましたが、皆さまはニッチな漫画とかってどうでしょうか?王道的な少年漫画が飽きたとか、ちょっと変わったものを読みたいとかって。別にそういうのはいいやという人もいるかもしれません。
 ですが、今回はニッチというテーマでお送りしています。ですので、今回は4冊の漫画を紹介したいと思います。
 ただ、ニッチと言っても色々と尺度がありますし、知っている人には全然ニッチではない作品かもしれません。あと、表紙に関してはリンク先のAmazonを参照にしてください。あくまでも、友人に借りたりして読んだことがあるというものもありますので。勇気のある人はどうぞ。

 ・少女椿丸尾 末広

 漫画読み御用達の大問題作。
 見世物小屋の見世物として連れ去られた少女が理不尽で不幸な目に遭う『少女椿』をはじめ、出るキャラ出るキャラがエログロで悲惨な結末に終わる短編がひたすらに連ねている。それは、目を覆いたくなるものであろう。
 だが、まるで戦前に描かれたような作風と画風が、ただのエログロだけで終わらず、一種の演劇的世界、現代のグランギョニルへと昇華させている。破滅へ至るまでの経緯、一瞬の希望をちらつかせてのズドンと突き落すクライマックス。この古典的演劇手法を使わせれば、作者に勝る者はいないと思う。
 他にも、新ナショナルキッド芋虫江戸川乱歩原作)もオススメ。現代の漫画と一線を画した世界観に、どっぷりとはまるかも?

 ・ライチ☆光クラブ古屋 兎丸

 これもまた漫画読み御用達の漫画の一つ。
 光クラブと呼ばれる秘密基地の帝王として君臨するゼラが、崇高な目的のため機械と呼ばれるロボットを作り、その目的達成のために光クラブのメンバーが暴走と対立をするという話。説明下手で分かりにくいかもしれないが、先に説明した丸尾末広の影響を受けた作品だと考えればいい。
 これもまた非常に理不尽で残酷な世界観であり、それに加えてBL要素もあるため、同じように人を選ぶ。だが、それでいながらも美しさや滑稽さといったものが混然一体化とし、これもまた劇を見ているかのような感覚に引き込まれる内容となっている。特に、機械・ライチと拉致された少女・カノンのやり取りは一見の価値あり。
 ちなみに前日談として、ぼくらの☆ひかりクラブというのもある。世界観の補完としては、こちらも同時に読むといいかもしれない。

 ・富江伊藤 潤二

 ホラー漫画の傑作。何作か映画になっている。
 関わった男性を破滅へと追い込む謎のファム・ファタール、富江。その正体は不明であり、殺しても蘇り、時には増殖をする。幽霊や物の怪ではないが、明らかに人間ではない。作画やストーリー運びは勿論のこと、登場人物が壊れていく様は、狂気やユーモラスさを醸し出してくれる。
 楳図かずおの自業自得・因果応報的なホラータイプとは違い、こちらは不可解そのものを描いているのが最大の特徴。怖さに関しては、こちらの方がかなりマイルドかもしれない。まあ、ホラーであるためダメな人はダメだが。
 ただ、作者の伊藤 潤二はこういった正統派ホラーだけではない。呪い好きな少年・双一の度の過ぎた悪戯を描いたホラーギャグ漫画、双一の勝手な呪いや作者が飼っている猫2匹を題材とした、伊藤潤二の猫日記 よん&むーなどいった懐の広さもある。ニッチ漫画じゃなくて、読みやすい作品に触れたい人はこちらをどうぞ。

 ・変ゼミTAGRO

 変態的な性癖を研究する大学のゼミナールの漫画。現在、モーニング2で連載中。
 とはいっても、一般的な下ネタ漫画などとは一線を画した変態さがある。食糞をはじめ、ゲロ風呂や蛆虫ネタ、カニバリズムといった気が狂ったようなものばかりだ。登場人物も当然ながらおかしな人物ばかりで、祖父が父親である盗撮魔に、ことあるごとにアヘ顔になる美人女子大生、他人に自分の精液入り飲料を飲ませたりする漫画家志望、意図的に二重人格になれるヤンキー、破壊衝動のある教授の姪などなど……。とにかく取り扱うものがヤバすぎる。
 しかし、それでいながらも変態的な行為に対しての雑学や心理に対しても踏み込んでおり、読み手を納得させる内容となっている。変態趣味に耐えられる人はいかが?

 まあ、これが個人的にニッチな漫画だと思う所かな?他にも色々とあるけど、今回はこれぐらいにしておこう。
 流石にここまで行くとモンスター娘のいる日常が霞んでしまうが、今回紹介したものは条件さえクリアーすれば、今まで知らなかった世界が新たに開拓されるほどの面白さがある。普通の漫画に飽きた人は、ぜひ挑戦してみるといいぞ。吐き気を催すとか言われても、責任は取りませんが。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
| 黒のノエル。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。