現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
大晦日の大決戦。
2012-12-31 Mon 22:27
 今日も手短に。

 歩きまくりまくって非常に疲れている蔵間マリコです。
 本日は大晦日であり、自分にとっては東京旅行二日目であり、そしてサブカル大好き人間にとっては最大のイベントである『コミックマーケット』の三日目。
 当然ながら、自分もコミケの三日目に行きましたよ。東京旅行をしたかった最大の理由でありますし、いずれはオリジナルのライトのベルをコミケで出展したいというのもありますし。ですので、イベントの開催三時間前にホテルから出ました。幸い臨海線に直で乗れるところにホテルを取っていたので、交通の便に関しては非常に楽でしたよ。

            DCIM0448.jpg

 しかし、国際展示場駅についてみると恐ろしいまでもの人ごみにビックリしましたよ。
 電車に乗った時点で相当な人数乗っていたけど、駅から降りた時はそれどころではなく……。外に出るまでに結構な時間がかかりましたよ。

       DCIM0456.jpg
       DCIM0457.jpg

 駅内のインデックスさんとレールガンさんの広告。広島じゃあ、こんなのないなあ……。

            DCIM0461.jpg

 9時時点の光景。あまりの人の多さに、眩暈がしそうだ。

            DCIM0466.jpg

 開催直後の光景。結構前まで進めました。

 さて、ここからはコミケの感想だが、画像は抜きで。色々と問題が起こりそうなので。
 まず第一印象としては、広島の即売会なんて目にならないほどの凄さ。規模や熱気は当然のこと、一人一人の作品に対する愛は半端ないし、イベントの統制もかなりしっかりとしている。人が多いだけに、マナーが悪い人もちらほらといましたけど、滞りなくイベントが進む様には感動すら覚えましたよ。
 続いて印象的だったのが、思いのほか自分の買いたいものが買えないということ。商業ブースにはあまり用事がなかったので、残酷なのは戦争やシャフトの列とは縁がなかったものの、壁サークルの人気の高さにはもうビックリ。下手すると1時間近くかかりそう場所もちらほら見かけたし、瞬殺の所もあったりと……。
 それに人の流れが激しいから自分の行きたいブースに辿り着くまでにかなり時間がかかるし……。おかげで結構な数のサークルを買いそびれてしまいました。買えなかったpixiv仲間の皆様、スミマセンでした。

       DCIM0468.jpg

 昼食はコンビニで買った鮭おにぎりとシーチキンおにぎり。カチカチなのに、何故かとても美味しかったな。塩気が疲れた体を癒したのだろうか?

            DCIM0469.jpg
            DCIM0471.jpg

 魔法少女リリカルなのはとエロゲーメーカー『OVERDRIVE』の献血のポスター。
 両方とも好き(OVERDRIVEのゲームはキラ☆キラしかプレイしていないけどさ。)だけど、今回は体力のことを考えてパス。むっちゃ疲れているところに血を抜かれたら、本当に天使になっちゃいますよ。

            DCIM0472.jpg
            DCIM0476.jpg
            DCIM0483.jpg
            DCIM0477.jpg

 で、〆に行ったのが、コスプレブース。
 広島でもこの手のイベントでも多くの人が参加するけど、バリエーションは比較にならないほど多種多様。各々のこだわりや個性が光っていてなかなか面白かったですよ。まあ、TENGAのコスプレはちょっとと思いましたけど……。

       DCIM0484.jpg

 とりあえず、これが戦利品。合計60冊。中身はヤバいのが多いし、かなり面倒なので割愛。ただ、どうしてか聖剣伝説Ⅲのリース本や悪堕ち関連の同人誌が何故か多め。別にそういうフェチではないのだが……。
 そういうのが以外でしたら、BLADEさんや原田たけひとさんといった商業イラストレーターさんをはじめ、pixivで登録している皆様に、中には餃子のレポ本といった変わったものまで。どれもパッションを感じさせてくれるものばかりだ。一日じゃあ読めないからじっくりと読もうっと。

       DCIM0485.jpg

 戦利品その2、バウムクーヘン。これは家に帰ってから食べよう。

 とまあ、ここまでが前半戦。こっからは後半戦の横浜中華街編。
 コミケの後に遠出はキツい?そりゃあそうですよ、三泊四日なんだからあまり時間はありません。だから、デスマーチでも何でも。

            DCIM0486.jpg

 横浜中華街入り口。
 ビックリするほど大きい門と不夜城という言葉が相応しいほどのネオンの輝きが印象的。

            DCIM0496.jpg
            DCIM0500.jpg
            DCIM0499.jpg

 中華街内部。
 とても同じ日本とは思えないほどの異国文化溢れる街並み。裏通りは光り輝くネオン街とは違い、ちょうちんの穏やかな灯りが目に優しい。客寄せやコックは、中国人が多く、カタゴト日本語がなんだか微笑ましい。まるで一つの小さな国を形成しているかのようだ。
 ここでは、神社で参拝したり、会社のお土産に中華クッキーを買ったり、客寄せの中国人に目的の中華料理屋を聞くついでに甘栗を買ったりと。短い時間で面白い体験が出来ました。

            DCIM0501.jpg
       DCIM0502.jpg
       DCIM0503.jpg
       DCIM0504.jpg
       DCIM0505.jpg

 目的地の中華料理屋『龍凰酒家』。目立った看板もなく、大通りから少し外れた位置にあるため少し分かりにくいかもしれない。
 しかし、味は間違いなく絶品。頼んだのは杏子酒と酒の肴に有頭海老の塩胡椒炒め、そしてフカヒレラーメン定食を頼んだのだが、どれも今まで食べたことないほどの美味しい中華料理であった。加えて値段が安いのだから完璧すぎる。
 杏子酒は、杏子特有の嫌味のない甘さが引き出されており、非常に飲み口がよろしい。塩胡椒炒めは、シンプルでありながらも海老の魅力が存分に味わうことが出来、ネギが香味野菜として一役買っている。フカヒレラーメン定食の付け合せのシューマイは、2個と蒸篭が少し寂しいもののの、味はなかなかのものだし、全体の量から考えると非常にお得。フカヒレラーメンは、麺こそは平凡ではあるが、面は非常にボリューム感たっぷりだし、スープは濃厚でしっかりとフカヒレの長所が生かされている。たまにフカヒレの塊が入っているのも嬉しいところだし。チャーハンは家庭的なものだけど、安心して食べれる味に仕上がっている。杏仁豆腐は、どちらかというとミルク寒天に近いが、これもまた良好。
 家庭的な味付けだが、しっかりと店としての個性をアピールする。定食屋風の中華料理屋ということを考えると、ここまで素晴らしい店は日本そう多くないかもしれない。

           東京旅行022
       DCIM0507.jpg

 食事を終えて、最後は横浜マリンタワーと横浜の海を一望。
 暗闇の海に輝くネオンが感動的である。こんな光景を大晦日に見れるとは、なんて幸せなことなんだろうか。まあ、ただ単に迷子になっただけなんですけどね。

 これが東京旅行二日目の内容である。
 明日は、少し遅めに起きて、秋葉原に行く予定。買えなかったサークルや東方の同人誌も購入したいし、限定のガンプラも欲しいからな。明日も歩いて歩きまくるぞ!!
 それとついでみたいな形になりますが、来年も『黒のノエル。』をよろしくお願いします。それでは、皆様、良いお年を。

スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
長い旅の始まり。
2012-12-30 Sun 20:58
 今日はネットカフェからの投稿なので手短に。

 東京旅行を堪能している蔵間マリコです。
 ついに来ました、念願の東京!!数年前から予定して、いざ準備が出来たと思ったら腰痛を再発したり、突然の出費などがかさんでなかなかいけませんでした。
 しかし!!今回はそういった問題をクリアーして、ついに東京の地に辿り着きました!!新幹線でおよそ4時間。長いようで意外に短い時間、到着するまでにワクワクが止まりませんでした!!22年ぶりの東京なのですから。
 というわけで、今回は東京旅行初日の感想を画像とともにお送りしたいと思います。ただし、今回はネットカフェからの更新ですので感想は少なめにしてもらいます。
 それでは、管理人による東京探訪をどうぞ。

             DCIM0421.jpg

 第一目的である浅草駅に向かうために上の駅で乗り換え。
 人通りの多さは、広島の比ではありません。完全のおのぼりさんです。

             DCIM0424.jpg
        DCIM0426.jpg

 とりあえず、浅草駅に到着した俺は、駅の近くにある老舗の天丼屋『三定』で食事。
 頼んだのは上天丼と吸い物。ボリュームに関しては可もなく不可もなく。味は老舗だけあってあっさりしていて結構美味しかったですね。まあ、欲を言えばカラカラに揚げられたほうが良かったけどさ。ちょっと家で作るような天婦羅みたいにフリッターになっているのはねえ……。

             DCIM0427.jpg

 雷門。TVで見る以上にでっかいです。

             DCIM0436.jpg
             DCIM0434.jpg

 仲見世通りの表と裏。
 広島の通りなどとは違って、情緒あふれる場所で何時までいても飽きません。こういう風景がずっと残ってほしいものだ。

             DCIM0433.jpg

 五重の塔。

             DCIM0430.jpg

 浅草寺本殿。
 初詣には早いけど、それでも観光客の多さにはビックリ。初詣には人が多いから、俺と同じようなことを考えている人が多いのだろうか?

             DCIM0432.jpg

 ついでにおみくじを引きました。
 結果はなんと大吉!!しかも、書いていることがパーペキ。ここまでいい結果が出たのは初めてかもしれない。

             DCIM0437.jpg

 TVなどでも紹介されている『浅草メンチ』を購入。
 普通のメンチカツと違って、甘さが際立った味が特徴的で、食べると肉汁ジワーっと溢れ出る。値段はちょっと高いけど、それだけの味はある。

             DCIM0438.jpg

 新仲見世通り。特に買うものはなかったけど独特の雰囲気には圧巻させられました。

             DCIM0440.jpg
        DCIM0439.jpg

 甘味処『西山』。浅草駅の目の前にあります。
 頼んだのは、名物の西山あんみつ。これがめっさ美味しくて……。餡子の程よい甘さに、白玉と求肥の食感の良さ、二種類のアイスクリームの滑らかさと風味の良さ、干し杏子の酸っぱさのアクセント。そして、寒天の心地よさが何よりも素晴らしい。あんみつは甘党の自分としては好きなスイーツの一つだけど、最高峰間違いなし!!

        DCIM0446.jpg
        DCIM0447.jpg

 そして、夕食に食べたのは東京ラーメンということで、浜松町の『はぐれ星』で食事。
 頼んだのは、醤油ラーメン(本当は東京らしく真っ黒い醤油ラーメンが食べたかったのは秘密。)とチャーシュー飯。天丼を食べたのが遅かったのでかなり腹にこらえたけど、なかなか美味しかったですね。特に、コシの強い麺がスープにしっかり絡まってて……。浜松町で降りた甲斐がありました。

 とまあ、これが初日の旅行内容です。
 個人的には雨が降っていたこと以外は概ね満足でしたね。
 さて、明日は勝負の二日目。東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット3日の開催日。東京に行った以上は、あの熱気を体験しなければ!!
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
少女の戦い。
2012-12-29 Sat 21:20
 前回までの話はこちらで。

 明日から旅行だけど、それでも更新する蔵間マリコです。
 さてさて、年末ですけどこちらのコーナーも更新します。一人暮らしをする貧乏高校生とネコ耳宇宙人二人の共同生活を描いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル、『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 このコーナーの今年最後と更新となりますが、最近は色々と大変でなかなか現行の分を書く暇がありません。昨日まで仕事は追込みだったのは当然のこと、先週はイラストの方に注力していたし、旅行の準備もあったりと。そして、今回の掲載分の修正にもかなり時間がかかった。そのため、今週は3ページ程度しか書けませんでした。
 でも、忙しい分だけに普段よりも充実感もありましたね。自分で言うのも難だけど、これだけ忙しい間に色々と頑張っているのですから。欲を言えば、それが絵やライトノベルの実力に影響があればいいんだけど、そうでなくてもここまでキビキビと動いたのは久しぶりかもしれませんね。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本編でも。毎回毎回同じことを言っていますが、恐ろしく稚拙な文です。ですから、ライトノベルに対しての感想やアドバイス、誤字・脱字の報告をしてくれると非常に有難いです。
 それでは、彼女たちの極秘事項(トップシークレット)連載10回目をどうぞ。
少女の戦い。の続きを読む
別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:0 | トラックバック:0
愛の奴隷。
2012-12-27 Thu 20:56

             ミラクルジャンプ12号

 最新号のカバーは『封神演義』『屍鬼』で有名な藤崎竜が目印!!

 連載終了に名残惜しい蔵間マリコです。
 ついに来ました、2ヶ月に1回の楽しみである週刊ヤングジャンプの姉妹誌『ミラクルジャンプ』の発売日が。そして、岡本倫横槍メンゴの異色のタッグ作『君は淫らな僕の女王』の最終回が。
 う~ん、元から全5話という話数制限が設けてあったとはいえ、最終回を迎えると名残惜しいですねえ。毎週毎週ハラハラドキドキの展開の極黒のブリュンヒルデとは違って、フェチズム的シチェーションとたんならではの台詞回しをメンゴ先生の作画で彩る。こんなに親和性の高い作品が5話で終わると思うと……。別に打ち切りではないんですけど、やはり寂しいところです。
 とまあ、もう少し読みたかった君は淫らな僕の女王ですが、それに落ち込まず、今回も感想のコーナーに入りたいと思います。勿論ながら、ネタバレ&たん成分入りまくりんぐなので、そういうのが嫌だという人はここまで。別にだいじょうぶだぁという人はどうぞ。
愛の奴隷。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:0 | トラックバック:0
今年の重大事。
2012-12-25 Tue 20:42

 もう今年も終わりが近いな……。

 ここ数年、時の流れが速く感じる蔵間マリコです。
 いや、別にメイド・イン・ヘブン状態じゃないですよ?仕事とかやたらと忙しかったり、イベントに参加することが多かったりとなんだか引っ切り無しに動いているような気がしましてねえ。少し前までは夏だと思っていましたが、もうこんなに時が進むとは……。それだけに今年は充実した一年だったのかもしれない。とはいっても、安月給の上に、イベントなんかも大体はサブカル系ばっかりですが。
 とまあ、こんな感じで今日を含めて残す所1週間となりましたが、今年も決めてみました。管理人の独断と偏見による重大ニュースならぬ、十大ニュースを。
 正直言って、個人的にビックリした出来事や印象的な出来事をまとめただけですので、かなーりどうでもいい内容ですよ?それでも興味のある方はどうぞ。

 ・岡本倫と横槍メンゴの異色のタッグ作、『君は淫らな僕の女王』掲載!!
 ・岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画、『極黒のブリュンヒルデ』連載開始!!

 ノノノノの連載が終了してから一年数ヶ月、ファン待望の新作が始まりました。それも、1月に2作品というフットワークの良さ。
 一つは、岡本倫が指示し、作画は横槍メンゴが描くかな~りエロいラブコメディ。あまりにも強烈な内容に反響を呼び、2度目の読み切りから短期間ながらも連載化に移行しました。実験的な作品ではありますけど、個人的にはたんの作品でも面白い部類の一つだと思いますね。今月27日発売のミラクルジャンプ掲載の最終話も期待したいところ。
 極黒のブリュンヒルデは、たんが得意とする路線でありながらも、一段も二段も進化した作風に、個性的でありながらも魅力的な登場人物の数々、相変わらず先の読めない展開、所々に散りばめられた謎……。今年のこのマンガがすごい!にはノミネートされませんでしたが、来年はきっと!!

 ・岡本倫長期連載十周年!!

 エルフェンリート誕生から10年、それからカウントして2012年6月6日、岡本倫先生の漫画の連載が10年目に突入しました。
 エルフェンリートノノノノ経由極黒のブリュンヒルデ着の10年間でしたが、本当に多くの思い出や元気をもらいました。このブログを書いていたり、多くの出会いがあったのも、岡本倫先生のおかげかもしれません。岡本倫先生、これからも頑張ってくださいね!!

 ・声優の皆口裕子さん、一時活動休止をする。

 個人的に最も好きな声優の一人、皆口裕子さんが夢であった演劇のために海外に留学しました。
 自分は、この情報を聞いたときはかなり複雑な気分でしたね。長年の夢を叶えれることは素晴らしいことだけど、それは同時にしばらく皆口さんの声を聴くことが出来ないという意味でもある。あの隣の家に住んでいる憧れの大学のお姉さんみたいな癒し系ボイスはたまらないからなあ……。一日でも早くの声優復帰、待ち遠しいです。

 ・イラスト一時休止……。

 この記事の絵を最後に、しばらくイラストを中断していました。
 理由は、なかなか上手くならないことに対してのジレンマ。趣味でやっているのは分かっているんだけど、ここまで上手くならないとストレスばかり溜まりますからねえ……。昨日の記事でイラストを描くまでしばらく冷温停止していました。まあ、復帰しても残念な絵だけどね……。

 ・オリジナルのライトノベルの『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』連載開始!!

 目標であるオリジナルのライトノベル作成の記念すべき一歩。
 基本的に記事にした後はブログの方は全然着手していないので、修正版はこちらで見てください。まあ、それでも全然ダメダメな内容であることには変わりないですけどね。

 ・2000記事突破!!

 ブログを書き始めて8年超、ついに2000記事を突破しました。
 最初はすぐに飽きると思っていたんですけど、ネタになるような出来事があれば少しずつ書き込んでいった結果、ここまで到達しました。場末のブログではありますが、これからもヨロシクということで。

 ・アニメ版エルフェンリートBDBOX発売!!

 念願のアニメ版エルフェンリートBDBOXをGET!!
 放送当時はリアルタイムで追っかけることが出来ず、DVDも買うことが出来ずに涙を呑む羽目になりましたが、社会人となった今、ついに永久保存版を入手。いつBDBOXになるかも分からず待っていただけに、もう入手できた時は感涙もの。
 君は淫らな僕の女王に、極黒のブリュンヒルデ岡本倫長期連載十周年、そしてエルフェンリートBDBOX。今年は、岡本倫のファンにとっては最高の年です!!

 ・人類最後の日?

 まあ、当たり前ですが。ただ、世間が大騒ぎになったのは印象的。

 ・これから旅行に行きます。

 30日からの予定なので、当然ながら記事にはありません。でも、自分にとっては今年最後の大イベント。
 腰痛やら資金不足で今まで行けませんでしたが、今年は体調万全だし資金も潤沢。これで、夢のコミケも秋葉原にも行ける。待っていろよ、東京!!

 これが今年の十大ニュースですね。後半息切れでかなりテキトーな内容になっていますが。
 さて、来年はどのような十大ニュースがあるのだろうか?来年のことを話したら鬼が笑うとはいうが、やはり気にはなりますからねえ。悪いイベントでなく、人生の転機となる大イベントが待ってくれるといいのだが……。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
例年の聖夜。
2012-12-24 Mon 19:53

   看板娘052 クリスティーナ・アルジャーノ クリスマス2012

 クリスマスのバカヤロー!!

 急ピッチでイラストを描いた蔵間マリコです。
 今日は、にっくき年末の一大イベントの一つ、クリスマス。皆様はどのように過ごしていますか?友人と一緒にパーティー?それとも彼女とのデート?
 自分は、例年どおり家でクリスマスを過ごすという非常に残念なクリスマスになりそうです。まあ、クリスマスの日まで仕事を入れるよりかはマシかもしれないけど、毎年同じようなシチェーションですからねえ……。あまりお金が使えない時期だから欲しいものも我慢しないといけないし、ちょっと冴えないなあ……。
 とまあ、無駄に時間を持て余している本日ですが、そんな時間を利用して久々にイラストを描きました。当然ながら御題目は『クリスマス』。そして、描いたのは久々に看板娘。
 なかなか上手くならずにしばらく筆を休めていましたが、先月当たりぐらいから練習開始して、再開後最初のイラストとなりました。正直言って、充電期間を取ったとはいえ、あまり上手くなったとは言い難いかもしれません。俯瞰は一転透視に比べるとはるかに難しいし、そもそも体の構図を完璧に覚えきれていない部分があるからな。気づいていないのかもしれないけど、間違っている部分も多いかもしれない。
 とはいえ、短い時間で結構頑張った気がする。顔の表情とかは今までの中でなかなかだと思うし、息とか雪の跡なんかも付け加えたりと。表現力は稚拙なものかもしれませんが、なんとなく上手くなった気がする。それに、数か月ほど冷温停止したおかげだろうか?久々にスッキリ描けたな。やっぱり、マイペースにやった方がいいかもしんないな。

 今年も冴えなかったクリスマス。
 受け身体制の自分にも原因があるけど、それでもこの年ぐらいだったら結婚している人だってかなりいるのに……。なんだか憂鬱だ……。今日はアニメ版エルフェンリート4話を見て寝ようっと……。

別窓 | イラスト | コメント:0 | トラックバック:0
世界最後の日。
2012-12-22 Sat 19:32

 ケロロ軍曹あたりに新キャラが出そうだ……。
 
 昔からこの手のものはあまり信じないクチの蔵間マリコです。
 いや~、昨日はやっぱりと言うべきか当然というか何も起きませんでしたねえ。磁気嵐も太陽フレアも巨大隕石も謎の奇病も宇宙人襲来も天変地異も気候変動もブラックホールもハルマゲドンもラグナロクも最終戦争も起こらずに。マヤ歴の終わり、すなわち2012年人類滅亡の日が。
 自分はこの手のものを信じないクチですからあーだこーだ騒いでいませんでしたが、世間じゃあ結構騒ぎになっていたようですねえ。オカルト雑誌MUでは大々的にマヤ歴の終わりを特集したり、中国ではそれを妄信的に信じて事件を起こした人がいたり、ヨーロッパでは唯一助かる地というものに多くの人が集まったりと……。まあ、一大イベントの日みたいになりましたね。
 思い起こせば、1999年のノストラダムスの大予言、恐怖の大王アンゴルモアが襲来(地層観察が趣味な能登麻美子ボイスの少女だったら大歓迎!!)するとか言っていて、な~んも無かったな。2000年問題も専門家の言っていたような大それたものではなく、些末な出来事に過ぎなかったし……。ノストラダムスといい、マヤ歴といい、得てして古くの預言者は当てにならないものだな。

 とまあ、昨日は何ら変わらない日々を過ごしました自分。しかし、本当に世界の終わりの日が来るという予言が確定的なもので、地球最後の一日を迎えることになるのならどう過ごしていたのだろうか?磁気嵐も太陽フレアも巨大隕石も謎の奇病も宇宙人襲来も天変地異も気候変動もブラックホールもハルマゲドンもラグナロクも最終戦争か何かは別にしても。
 自分だったら、恐らくは何ら変わらない一日を過ごしているかもしれませんね。いや、最期の一日だから思いっきり羽目を外したいという選択肢もあるにはあるんだけど、それだとなんだか逆に心残りがありそうだからな。だから、逆に出来るだけ普通のことをしたいな。
 朝起きてご飯食べて、昼まで本屋やゲームセンターに行ったり、昼は家から持ってきた弁当を食べて、午後にはブログやオリジナルのライトノベル、イラストなんかを書いたり(描いたり)して、そして夕食は大好物のカツカレーを食べて、最期の時になるまで積んでいたTVゲームを消化する。まあ、他愛もない休日と同じように過ごすと思いますよ。多分、その時が近づくにつれて気を取り乱しそうだけどさ。

 何時か来るかは分からないけど、来てほしくない世界最後の日。
 隕石とか天変地異とかどうしようもないからまだしも、最終戦争や環境破壊が原因で人間が滅びるといったようなことだけは起きて欲しくないものだ。もっとも、自分が生きている間にそのようなことが起きるのか分からないが。

        

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
偉大なる英雄。
2012-12-21 Fri 20:45

 まあ、そこまで考察する内容でもない気がしますが。

 10年以上、岡本倫の漫画をこよなく愛している蔵間マリコです。
 いや~、今週の極黒のブリュンヒルデもなかなか面白かったですねえ。相変わらず読者の想像を掻き立たせるような小出しのストーリーに、気になるあの人、そして気になる話の引き。週刊漫画雑誌であることを上手く意識したつくりで今回も満足でしたよ。まあ、来週は合併号の関係でお休みになるから少し寂しいですけどね。君は淫らな僕の女王もいいけど、小鳥ちゃんや奈波ちゃんが早くみたいです!!
 とまあ、少しながらの心の叫びも含んでいましたが、そろそろ金曜日恒例のアレでも。管理人による独断と偏見の極黒のブリュンヒルデ考察のコーナー!!
 今回の御題は、タイトルとも大きく関係のある『アレ』。ネタバレを含みますので、ここではアレと表記していますが、今回はアレなんですよ。とはいっても、過去の考察ほどするようなネタでもありませんが。
 当然のことながらネタバレ・たんの作風が入りまくりなので、そういうのが嫌だという人はここまで。全然大丈夫という人はどうぞ。
偉大なる英雄。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
悪の巣窟。
2012-12-20 Thu 20:08
 2週間ぶりだー!!

 岡本倫の漫画が大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 昨日はエルフェンリートBlu-rayBOXで頭の中がはっぴーうれぴーよろぴくねーでしたが、今日も昨日と同様に脳内麻薬でまくりです。だってそりゃあ、週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー『極黒のブリュンヒルデ』が2週間ぶりにあったのですから。
 いや~、前回のラストがラストだけに蛇の生殺し状態というのも相まって、今週はヤンジャンを買った時のテンションは当社比1.3倍の興奮っぷり。バスの中でいの一番に極黒のブリュンヒルデを読みましたが、もう嬉しいのなんの。おかげで一日中ナチュラル・ハイでしたよ。
 とまあ、読めたことが嬉しすぎてたまらない今週の極黒のブリュンヒルデ。ここから先は、いつものように感想のコーナー。当然、ネタバレ・たん成分あまりまくりんぐの劇薬内容ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。そういうの全然OKという人はどうぞ。それにしても、今日は文章までテンション上がりまくり……。
悪の巣窟。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:1
帰ってきた妖精。
2012-12-19 Wed 20:05

             エルフェンリートBDBOX001

 ああ、本懐を果たせて愉悦……。

 原作も好きだけど、アニメ版も捨てがたいと思う蔵間マリコです。
 イヤッホ―――――!!学生時代はお金が無くて円盤が買えず、泣く泣くレンタル待ちでしたけど、社会人となった今、ついについにGET出来ましたよ。2004年アニメ業界を震撼させた(かもしれない)岡本倫の美少女SFバイオレンスラブコメディ『エルフェンリート』のアニメ版Blu-rayBOXを。
 年末は東京に旅行するからあまりお金を使いたくなかったんですけど、たんのファンとしてはこれは絶対に外せなかったのですよね。海外ではかなり人気が高いけど、日本では知る人知るぞの名作ですからねえ。これを買いそびれたら、もう二度とアニメ版エルフェンリートを手に置いておく機会が失うと思いまして……。というわけで、一ファンとして購入させてもらいました。
 とまあ、ねんがんのアニメ版エルフェンリートのBDBOXをてにいれましたが、今回のその戦利品をちょろっと紹介したいと思います。当然のことながら詳しい中身は自分の目で確かみてみろですが、これを機に購入をしてくれるとファンとしては有難いところです。
 え、今話題のステルスマーケティング?何を言ってるんですか?単純に倫たんの作品が大好きだからに決まっているじゃないですか。も~、人聞きの悪いことを言わないでくださいよ~。

        エルフェンリートBDBOX002
        エルフェンリートBDBOX003

 とまあ、冗談はこれぐらいにして、まずは中身でも。
 Blu-ray3枚に、サントラCDが1枚。各巻の絵は、アニメ版のOPのものと同じのですね。BOXの中身の外枠に関しては割愛。え、どうして割愛するかって?そりゃあ、OPのものを採用しているからルーシーのB地区がモロに見えるんで。全裸がデフォなエルフェンリートでも、そこは見せれませんので。
 で、今回のBDBOXの最大の特徴であるHDリマスター。機動戦士ガンダムSEEDなどでも採用されているHDリマスター仕様だが、この4:3から16:9への仕様変更とデジタル処理によってより鮮明にエルフェンリートが見れるようになっています。勿論、パイオツも鮮血も断面も。DVD版を持っている人も一考してみはいかが?

             エルフェンリートBDBOX004

 続いては、ブックレット+岡本倫の描き下ろし漫画。
 ページ数は20ページ程度と少し控えめなものではあるが、その分中身は濃厚。監督の神戸 守さんとシリーズ構成・脚本家の吉岡たかをさんの対談をこれでもかと言っていいぐらい書き綴られています。個人的には音響さんとか声優さんのメッセージも載せて欲しかったけど、それでもなかなかのものだと思います。
 だけどそれ以上に重要なのは、原作者である岡本倫の描き下ろし漫画。ヤンジャンでも告知されていた時から分かるようにたんの初の純粋な水着回(極黒のブリュンヒルデにも水着回はあるが、海じゃないんで。)。萌え系でありながらも殺伐とした世界観のエルフェンリートとしては、まさに癒されるような内容。流石に7年前に連載終了したからかなり作画が変わっているけど、魅力は色褪せない。やっぱ、ヤンジャンの異色漫画家・たんだけあるわ!!

             エルフェンリートBDBOX005

 そして、これは特典以外のものだけど店頭用告知ポスター。
 店頭に張っていなかったから貰えたのは非常に嬉しいけど、これを部屋に飾ろうとするとならばかなり勇気がいるな。部屋に魔法少女まどか☆マギカ魔法少女リリカルなのはのポスターを貼っているにも関わらず。DVD全巻購入特典の抱き枕の初期デザインといい、とんでもないほどの肌色率……。

 ファンにとっては最強最高のアイテム、エルフェンリートBDBOX。
 さて、これを書き終えたら早速数年ぶりのアニメ版エルフェンリートを視聴するとするか。秀逸なストーリーは当たり前のこと、声優さんの名演技っぷりに、ルーシーに両腕両足をもぎもぎされるナナたんや5歳児マリコたんの全裸姿も見たいからな。ああ、ファンでいて良かった……。

別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
| 黒のノエル。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。