現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
炎の宝物。
2012-03-31 Sat 19:42

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の木村です。今日のテーマは「あなたの宝物は?」です。宝物、と聞いてみなさんは何を想像するでしょうかお金・思い出・パートナー・などなど(お金が一番最初に思い浮かんでるところには突っ込まないでくださいね(笑))ということで今日のテーマは「あなたの宝物は?」です。もしかし�...
トラックバックテーマ 第1402回「あなたの宝物は?」


 今回の御題は、『宝物』。
 う~ん、宝物ですかあ…。宝物といいますと、結構悩みますなあ…。普段、そういうことを考えるなんてそんなに無いですし、そこまで宝物と言えるようなものはありませんから。でも、敢えて言うならアレかな?二次元の可愛いおにゃのこ。
 いや~、二次元の可愛いおにゃのこにほどの宝物はありせんよ。あの他を寄せ付けぬほどの愛くるしさと萌え死にそうなくらいの表情。そして、何一つとっても可愛らしい行動や仕草。どんなに豪華で貴重な宝石を並べても、どんなに素晴らしい名誉や功績よりも、二次元の可愛いおにゃのこに勝るものなんてあるはずがない。二次元のおにゃのこ最高!!

 久々に、暴走妄想ネタを披露してスイマセン…。
 確かに、その手のものは好きですけど、ここまで極端な事は考えていませんから。普段は、そういうことを一緒くたにする人間でありませんし、そもそもそれがお宝なのかというとおかしな話ですし。真面目に回答をすると思った皆様、ドン引きをするようなネタをして、改めてスミマセンでした…。

 さて、仕切り直しの回答。
 自分にとっての宝物は何か、それは自分が持っている物や誰かから貰った物、正しくはそういった物に対しての思い出全てかな?
 なんていうか、自分は物を作れるという事は、とても素晴らしい事だと考えている。自分は、今までまともに物を作れたという記憶が無く、ちゃんと物が作れるという人(事)に対しての感謝と憧れの感情を持ち、一つ一つを思い出としている。そして、同時に作り手側の感情を尊重する。勿論、出来不出来とかもあるかもしれんが、そういったものをひっくるめて大切にしているのだ。
 うちの親戚がくれたお手玉、生まれて初めて挑戦したガンプラ、初めて自分のお小遣いで買った漫画、うちの両親にクリスマスに買ってもらったスーパーファミコン、中学校の工作の授業でオルゴール、専門学校に入学した時にプレゼントで貰った腕時計、何千円もかけて手に入れたクレーンキャッチャーのプライズ景品、社会人になって貯金を数ヶ月溜めて買ったPC、当選で当った岡本倫のグッズ…。ちょっとしたものですら、それは同じである。手作りの物、工場で作られた既製品、高い物、安い物であっても。
 ただ、大切にしている割に、よく物を無くすからなあ…。つい数日前に、ジャンバーを市内の何処かで無くしてしまい、数週間前には色々と入っていた財布を落として、大慌て。なんだか考えと行動が噛み合っていない…。

 等しく掛け替え無い宝物の数々。
 ちょっとそういった物に対して、かなり極端な考え方だけど、これからも物に対して大切に扱いたいものである。まあ、物を無くす癖をどうにかしたいものだが。

        リトルバスターズ! 朱鷺戸沙耶002

スポンサーサイト
別窓 | 今週の御題 | コメント:1 | トラックバック:0
古の支配者。
2012-03-30 Fri 20:19
 いや、そんな!あの手は何だ!窓に!窓に!

 先の読めない展開に、ワクワクしている蔵間マリコです。
 本当に、今週は超展開を超える超展開で、途轍もなく面白いですねえ。週刊ヤングジャンプで大人気連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』が。
 毎回が毎回スゴイ内容ですが、今回はたんの漫画でも1・2を争う衝撃度に、度肝を抜かされましたよ。何せ、○○の○○○○が○○○○○して、○○○○が現われたのですから。極黒のブリュンヒルデが連載開始されて以降、ますます上り調子なたんですが、ここまで実力を上げるとは…。たんの才能は底が知れん。
 とまあ、更にヒートアップしている極黒のブリュンヒルデですが、今回も例によって考察のコーナーをするっす。当然、ネタバレありまくりの内容ですので、まだ読んでいないとかコミックス派の方は、ここまで。既に今週分を読んだよという方、またはネタバレ全然OKという方は、こちらへ。
古の支配者。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:2 | トラックバック:0
狂気の瞳。
2012-03-29 Thu 20:06
 何があった!?

 たんの漫画の展開に、ワクワクドキドキが止まらない蔵間マリコです。
 2週間ぶりに掲載、それもセンターカラーで登場とファンをワクワクさせました。週刊ヤングジャンプの鬼才漫画家・岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』が。
 先週は事前から用事があったらしく、連載は休みでしたが、今週から連載再開。前回は、沙織VS寧子、そして呆気ない結末とファンの度肝を抜く展開で、非常に驚かされました。佳奈の予言通りの結果となって、更に良太も大ピンチ。なんらかの方法で、生き延びるという事は予想ついていたんですけど、それはとても予想がつかない…。でも、たんならやってのけるはずだ。でも、どうしたら…。といったような、悶々とした2週間を過ごしました。
 さて、今回はその前回の流れに対しての解答。良太と寧子は、どうやって活路を開いたのか?そして、戦いの結末は?ここからは、感想のコーナー。もし、今回のストーリーをまだ読んでいないまたはネタバレ嫌だという方は、ここまで。ネタバレOKとか既に読んだよという方は、こちらへ。
狂気の瞳。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
質より量。
2012-03-28 Wed 20:04

         食べ放題

 ちょっと食いすぎた…。

 食欲の権化な蔵間マリコです。
 いや~、今日は珍しくイタリアビュッフェの店に行きました、一人で。本当は、今日は仕事がある日だったんだけど、契約先の会社が緊急でキャンセルが入っったんだよね。それに、代打バッターを必要する場所は、今日は入らなかった。だから、仕事は事務所待機の午前中で打ち上げとなり、暇を弄ばしていたんだよね。ゲーセンも某所も仕事が終わった後だからこそ面白いんだし、かといって家で魔法少女まどか☆マギカポータブルのみんなのアイドル可愛いさやかちゃんのステ上げをひたすらするのも、ちょっと虚しい。
 んなわけで、思いついたのがあるショッピングモールにあるイタリア料理の食い放題・飲み放題の店。なんかのタウン情報誌で見かけて、何故か覚えていたんだよね。場所としては、ちょっと遠いんだけど、時間はいくらでもあるし、財布も少し余裕があるからな。という事で、色々と用事を済ませた後に行きました。
 で、その食い放題飲み放題の店だったのだが、店の性質上、質より量感は否めなかったけど、久々のピザやパスタなんかが食べれて、結構満足したよ。特に、野菜オムレツとキャベツの炒め物なんかはなかなかのもの。
 ただ、ちょっと後先考えずに食いすぎたことに少し後悔している。腹も身の内とはいうけど、その度を超えすぎて食べたから、食べ終えた後がかなり辛かった…。あと、体重計に乗るのが怖い…。

 とまあ、久々に昼から食い放題飲み放題をしましたが、たまにはこういうのも悪くありませんね。
 あっさりお袋の味の和食、バリエーション豊富な中華料理、出来立てのピザとパスタが食べれるイタリア料理、そして庶民の英雄焼肉…。味はそこまで期待できるものではないから、しょっちゅう行きたい店ではないが、一年に1回か2回ぐらいは行きたいと思うね。
 しかし、その食い放題のことで、昔、妙な失敗をしまして…。それは、高校生時代のマレーシア・シンガポール旅行の時の話で、何日目か忘れたが、鍋のビュッフェが夕食としてでた。バリエーションとしては、豚肉や牛肉といった肉類をはじめ、エビやワタリガニなどの魚介類、野菜、そして地元の名物(何かは失念したが、日本では馴染みの薄いもの。)などとバリエーション豊富だった。
 その鍋なのだが、とんでもなく恐ろしい鍋が完成しまして…。なんと、自分とうちの班の一人が、エビが被っちゃったんだよね。それも、大量のエビが。そのエビの数は、30匹以上。一人当たり、7・8匹の計算である。
 仕方ないから、それを全部入れて食べたのだが、何を食べてもエビ、エビエビAB。牛肉を食べているはずなのに、エビ。野菜を食べているはずなのに、エビ。蟹を食べているはずなのに、エビ。そして、エビはエビ。匂いだの風味だのがエビ味になって、自分を含めた二人は総スカンと非常に残念な鍋になってしまった…。悪ノリならぬ悪エビも、程々にしないとな。

 そこそこ美味しくて、すんごく多い食べ放題。
 今日は、むっちゃ食ったから、明日・明後日の昼は、かなり控えめにしないとな。おにぎり1個とカップ麺とからあげくんとか、塩焼きそばとおにぎり1個とからあげくんとか、幕の内弁当とからあげくんとか…。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
お約束の場所。
2012-03-27 Tue 19:31

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当藤本です今日のテーマは「あなたのよく訪れる場所は?」です。まだ少し肌寒い日が続いてますね皆さん風邪はひいてないですか?お体に気を付けてください!はい。本日のテーマよく現れる場所なのですが・・・皆さんが「こういう場所によく(僕)行っちゃう」という場所ありま...
トラックバックテーマ 第1401回「あなたのよく訪れる場所は?」



 ・市内のゲームセンター

 仕事が終わった後に、よく行く場所その1。角地で、バスセンター付近で赤い看板で遠くからでも結構目立つのが特徴。恐らくは、市内で一番有名なゲームセンターかもしれない。
 自分は、そこを行動範囲の根城としており、時間と財布の中身さえあれば、そこでストレス発散をする。やっているゲームは、大抵、怒首領蜂大復活(まあ、怒首領蜂最大往生が稼動したら、そっちをプレイする事になるだろうけど。)とダライアスバーストをプレイしているが、たまにストリートファイターⅣで気分転換したり、新作のゲームを触れたりする。ゲーセン離れゲーセン離れとか言われていますけど、今も昔もゲーセンも面白いですよ?

 ・某所

 仕事が終わった後に、よく行く場所その2。某所といっても、3ヶ所ほどあるが、オレンジ色の看板が目印の場所を一番利用する。青い看板の某所と緑色の看板の某所も利用するけど、優先順位的には、オレンジ色の看板の所に比べると落ちる。
 目的は、勿論、漫画の新刊のチェックと購入。あとは、フィギュアを予約したり、夏のコミケと冬のコミケがあった日の翌日は、同人誌を買ったりと。広さとしてはそこまで広いものではないが、比較的新しい漫画なら大体は揃っているし、それにあの独特の雰囲気がたまらないからね。最初は近寄り難いものがあるけど、慣れるとアニメ好きや漫画好きにはたまらない空間。某所は、アニメ過疎地帯広島県の救世主そのものである。

 ・ゲームショップ

 仕事が終わった後に、よく行く場所その3。一般的なビデオゲームが売っている大通り沿いの新館と×××なPCゲームをメインにしている裏通りの本館のハイブリッドなお店。
 値段が値段だけに、上二つの店ほどは利用する事はないが、ここでゲームの予約をしたり、中古のゲームを買ったりする。本館に関しては、あまり利用する事はない。一応、品定めとかはしたりするんだけど、基本的にギャルゲーはコンシューマー派なので。話を楽しみたいんで、基本的にえっちぃシーンはいらんっす。この手のゲームをプレイする人間としては、邪道かもしれんが。

 ・ホビーショップ

 仕事が終わった後に、よく行く場所その4。自分がよく利用するゲームセンターの近くにあるデパートの中の店である。
 目的は、ガンプラのラインナップのチェック。そこのお店は、ガンプラをはじめとしたホビー関係の商品の品揃えは半端なく、専用のショーケースなどもあったりと、恐らくは県内最大級のホビーショップかもしれない。

 ・ブックオフ

 休日に、よく行く場所。市内にもあるけど、自分は郊外のブックオフを利用する。
 某所では新しい漫画を買うけど、買いそびれた漫画や古い漫画を買うときはこっち。100円で売っていたりする漫画も結構多いから、ついつい予算以上のものを買う事もしばしば。でも、それ以上に、あの古本の独特の匂いがたまらないんだよねえ~。あの匂いをかぐと、妙に落ち着きますわ。あと、尿意(古本の匂いには、トイレが行きたくなる成分が入っていたりして。)も。

 今回は、『よく訪れる場所』というテーマだけど、箇条書きにするとこんな感じ。どれもこれも、趣味関係の店ばかりだな。なんかいい歳こいた大人が、こんな店にしか行かないのは、何だか恥ずかしい気がする。まあ、賭け事とかにどっぷりはまるよりかはいいかもしれんが。
 さて、今日は仕事が忙しかったから行けなかったが、明日は某所に立ち寄ろうかな?新しい漫画もチェックしておきたい事だし、欲しい漫画もあるからな。やっぱ、某所は最高ですわ。

別窓 | 今週の御題 | コメント:1 | トラックバック:0
一年の続き。
2012-03-26 Mon 19:15

 今度こそ、行かなければ!!

 アクが強く激しいアニメも大好きだけど、癒されるようなアニメも大好きな蔵間マリコです。
 いや~、昨日はビックリしましたよ。あのアニメの2期が放送される事が決定したんですから。美少女戦士セーラームーンケロロ軍曹などで有名な佐藤順一監督の癒し系アニメ『たまゆら』が。
 たまゆらといいますと、同時期のアニメと比較すると一部のアニメファンは注目していたけど、他のアニメの影に隠れてしまった感のあるアニメという印象があったのだが、思いのほかに人気があったとは。アニメ本編よりも、舞台となった広島県竹原市が盛り上がったのかもしれない。流石に、らき☆すたほどでは無いにしろ、聖地巡礼的にはかなりのものだったのだろう。
 となると、2期は1期以上に竹原市がごった返す事になるだろうなあ…。イベントのあった日は、竹原市の玄関である竹原駅口にわんさか人が押し返していたようだし、そうでなくても平日からの客も結構増えたようだからな。地元の方々に迷惑をかけない限り、広島県人としては、広島県の素晴らしさを他県の人々に知ってくれるのなら嬉しいもんだ。

 とりあえずたまゆらの2期放送決定に、秘かに喜んでいますが、実は自分も何気に結構好きなアニメだったりする。同じ時期にやっていたアニメでいうと、Fate/Zeroの次ぐらいに好きだろうか?そのくらい好きなアニメである。
 まあ、広島県が舞台になったアニメという意味合い(広島県三次市を舞台にしたアニメ版朝霧の巫女は×だけど。原作の漫画は、面白いぞ。)もあるけど、なんとなく見てしまうという謎の魅力がある。別段、武器となる飛びぬけた部分は無いけど、だからといって、世間で言われる日常系とも雰囲気が微妙に違う。なんというか、作風的に媚びていないから見ていて安心する、癒される。そういった所が、たまゆらの舞台以外の面での特徴かもしれない。
 で、自分もたまゆらの魅力を堪能するために、イベントのある日に竹原市に行こうとしたんですよね。でも、その数日前に悲劇がありまして…。持病であるヘルニアの再発。これのおかげで、たまゆらのイベントに参加するどころか、数日間ほど会社を休まないといけない羽目になった上に、快復するまで数ヶ月ほどかかってしまった。相変わらずのタイミングの悪さですね、俺…。

 かなり地味だけど、これはこれで味のあるたまゆら
 さて、今度こそはアニメの放送期間内に聖地巡礼する事が出来るだろうか?今は、無理をしない限りは大丈夫な体だけど、ちょっとした事で体を壊すからなあ…。まあ、今年は夏のコミケとかにも行きたいから、無理をしない程度にしておきますわ。

       

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
心の回り道。
2012-03-25 Sun 19:02

    東方Project001 メイド秘技『殺人ドール』

 しばらく方向性を変えようかな?

 もっと絵が上手になりたい蔵間マリコです。
 今回からしばらく方向性を変えてみました。思うようにコツが掴めなくて、なかなか上達できないイラストが。
 さて、前回まではオリジナルのイラストを描いてましたが、今回からしばらく版権絵を。何故、しばらく版権絵を描くかというと、二つほど理由がある。
 一つは、版権絵に触れる事によって、イラストのデザインのコツを掴む事。版権絵は、キャラの内面とか服装とか既に完成しているため、そういった面で負担が少なく、キャラを描く・動かすといったものを習得しやすいと言う点があるからだ。
 もう一つは、なかなかオリジナルのイラストが上手に描けなくて、精神的に切り詰めていたからだ。いや、本当なら今週もオリジナルのイラストを描きたかったんだけど、どうしても手応えが掴めなくて、不甲斐ない自分にストレスを感じて…。このまんま描いても、良い結果が出るどころか、気持ちがはち切れそうな状態だったからな。逃げかもしれんけど、精神衛生情的にも、版権絵を描いた方が上手になるかもしれない。という事で、再び版権絵を描き始めました。
 で、その版権絵1回目に描いたのは、『東方紅魔郷』より、『完全で瀟洒な従者』こと『十六夜 咲夜』(いざよい さくや)。東方シリーズのゲームでも、八雲紫鈴仙・優曇華院・イナバと並ぶ好きなキャラの一人ですね。イメージとしては、彼女のスペルカードの代名詞である、メイド秘技『殺人ドール』を意識して描きました。
 久々に版権絵を描きましたが、上でも書いているとおり、元々完成したものから描くから、何時もの絵と比較にならないほどに精神的負担が少ない。キャラの行動のイメージも大体つくし、服のデザイン(今回は、東方三月精ver.の服を描きました。)も描きやすい。おかげで、今回は何時も以上に力を入れる事が出来ました。とはいっても、画力とかそういった方面は相変わらず悲惨ですが。

 人並みまで上手になるまで、時間がかかりそうだけど、久々に面白く描けたイラスト。
 次回に描くもの自体は未定だけど、今回同様に版権絵を描くつもりだ。流行のものも悪くないけど、自分が好きな作品の絵を描くものも捨て難いな。う~ん、悩んじゃう。

    ラフ 版権絵001

 オマケ

                        黒歴史047 十六夜咲夜

 CURURU時代に描いた十六夜咲夜のイラスト。
 今も上手じゃないし、とても人に見せれるレベルじゃないけど、昔は今以上に酷いし、これを人に見せていたのと思うと、スゴク恥ずかしい…。

別窓 | イラスト | コメント:2 | トラックバック:0
新しく大きい箱。
2012-03-24 Sat 17:59
         新しいTV

 また新しくなりました。

 大画面に感動的な蔵間マリコです。
 いや~、ブックオフやお気に入りのゲームセンターで満喫したあと、家に帰ったらビックリしましたよ~。何せ、自分の部屋のTVが一回りほど大きいものになっていたのですから。どうやら、うちの親が寝室のTVを買い換える際に、自分の部屋のTVを拝借して、代わりに新しいTVを自分の部屋に置いたようだ。
 そういえば、寝室のTVは地デジに対応していないやつだったから、ゲーム以外出来ない箱の状態だったんだよな。だから、新しいTVに近々交換するとか言っていたが…。まあ、二回りほど大きくなっていて、ビックリしましたよ。
 しかし、急に交換されたとはいえ、これは嬉しいハプニング。去年、地デジに合わせて買ったTVが予想以上に小さくて、しばらくしてから後悔していたんですが、それがかなり大きいものに代わりましたからねえ。試しに魔法少女まどか☆マギカを見たり、PS3で遊んだんですけど、快適性が全然違うの何の。前のは、文字が小さくて見辛かったですけど、今のTVだったら目を凝らす必要がないからな。大画面様様といったところか。あんまりにもでかすぎて、ぶつけて落としそうだけど。

 とりあえず、今回の話題はこれぐらいまで。
 ちょっとネタ不足というのもあるし、あまりにも性急に出来たネタなので、どうも書く事がないっす。そん代わり、次回は自分の描いたイラストを載せる予定なので、その時はヨロシクお願いします。とはいっても、あんまし上手くない絵ですが。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:2 | トラックバック:0
今までと此れから。
2012-03-22 Thu 20:11

 今週は無いけど、それでもネタを。

 たん成分が不足気味な蔵間マリコです。
 さて、今週の極黒のブリュンヒルデは、休載。連載開始から8週間と上り調子で面白くなっていましたが、今週はちょっと小休憩。自分としては、1週間頑張っていられる元気の素ですから、ちょっと残念ですねえ。でも、倫たんにも倫たんなりの事情があるし、それで話が面白くなってくれるのなら嬉しい限り。それに、来週は2話ぶりのセンターカラーですからねえ。こんなに短いスパンでカラーをもらえる事なんてそんなにありませんよ。アンケートでの人気も、かなりのものかもしれないな。
 さて、そんな人気鰻登りな極黒のブリュンヒルデですが、今週は予想してみました。これからの極黒のブリュンヒルデの展開を。
 話数としては、まだ8話目だからなんともいえない部分も多いし、基本的に妄想ネタです。こういう展開になったら面白いなあという程度のものを。まあ、あくまでもチラシの裏的な内容なので、あんま細かい事は気にしないでくださいな。
 ただし、8話目までのネタバレも色々と書いてありますので、コミックス待ちでネタバレが嫌という方は、ここまで。もし、そういうのも大丈夫という方は、こちらへどうぞ。
今までと此れから。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
人間の色模様。
2012-03-21 Wed 19:26

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「あなたはドラマ派?バラエティー派?」です!もちろんテレビ番組の話なんですが、新村はどちらかというとバラエティー派ですいや、最近はバラエティーしか見てない気がします。バラエティー番組もとても増えてきていますねードラマは一度見るととまらないし、万...
トラックバックテーマ 第1398回「あなたはドラマ派?バラエティー派?」


 今回の御題は、『ドラマとバラエティー』。
 単刀直入に答えると、ドラマですね。いや、バラエティもバラエティも嫌いじゃないですよ。『世界まる見え!テレビ特捜部』とか『日立 世界ふしぎ発見』とか『開運! なんでも鑑定団』といったようなちょっとした教養よりな番組あたりは、結構好きなんですけどね。ただ、トークメインとか馴れ合いとかゴリ押しみたいな番組があんま好きじゃなくて…。だから、最近は昔から見ているバラエティ番組以外はあんま見ないっすね。
 で、一方のドラマはといいますと、こっちもこっちで微妙なのが多いのも事実。大半の漫画原作のドラマ(未来日記とか、どうやってやるんだよ…。それはそれで、気にはなるけどさ。)とか、役者ありきのドラマとか、素人が脚本を書いたのかと言いたくなるようなドラマとか、ウンザリするものが多い。
 でも、中にはすんごいドラマとかあるからねえ。昼ドラの究極形態『牡丹と薔薇』に、医療問題と人間模様を上手い具合に織り交ぜた『白い巨塔』(リメイク)、鋭く現代の学校の問題に踏み込んだ『女王の教室』(但し、1期に限る。)、ぶっ飛んだキャラクター性で視聴率40%越えの大人気を博した『家政婦のミタ』などなど…。基本的に、濃厚で濃密、そして過激で圧倒的な個性を持った作品が好きだ。前回の漫画の記事でも書いているけど、絶対個性主義(キャライズム)があるからこそ、琴線に触れたという感じである。
 ただ、流石にここまで強烈な作品というのはなかなかお目にかかれない。そりゃあ、ここまで差別化の図られた作品は2~3年に1回でるかでないかぐらいのレベルだからねえ。では、それ以外は何を見ているか?それは、特撮ドラマと刑事ドラマである。

 特撮ドラマに関しては、まあ基本的に平成ライダー派(個人的には、アギト龍騎電王が好きだ。)で、結構話題にしていることだから、あんま語る事はない。あるとしたら、実は深夜に放送しているウルトラマンのコント番組のウルトラゾーンが実は好きなことぐらいか。アレは、分からない人は全く面白くないけど、分かると面白いからな。自分は、一通り分かっているから毎週録画しているっす。
 で、話題にしたいほうの刑事ドラマ。これがむっかしから好きなんですよね。夕方によく再放送されている『はぐれ刑事』シリーズに、『京都迷宮案内』シリーズや『おみやさん』シリーズ(実は、石ノ森章太郎が原作漫画を描いてたりして。それと、現在のシリーズはリメイク版。)、あとは『相棒』とかあたりぐらいだろうか。
 なんていうか、刑事ものはしっかりと人を描いてくれるから、話が面白く感じるんですよね。トリックとかだのなんだのよりも、どうしてその人物が犯行に至ったのか、その事件の被害者となった人間はどのような事をしていたのか、そして事件解決のために奔走する主人公たちの心境の変化はどうなのか。そういった人間ドラマ的な部分が面白いからこそ、刑事ドラマは見ごたえがあるのだ。
 上で書いているような役者ありきみたいなものもなくて、単純に実力と個性で勝負しているのも好感的であるし。やっぱ、ドラマは面白くないとね!!

 なかなかいいものに出会えないけど、いい作品だと漫画やアニメ同様に面白いドラマ。
 さて、今日は相棒の最終回だ。相棒のシーズン最終回らしく、御題がクローン人間とかなりぶっ飛んだものとなっている(過去には、日本を守るための最新兵器を廻っての殺人事件なんかもあった。何かおかしい。)。海外ならともかく、日本では、かなり遠い存在であるものだが、どう転ぶのか気になる所。あと、おまけとして及川光博の卒業式。

別窓 | 今週の御題 | コメント:1 | トラックバック:0
| 黒のノエル。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。