現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
忘れられない嬉しさ。
2012-02-28 Tue 20:25
         アーマードコアⅤ トロフィーコンプ

 愛してるんだあああ君たちをおおおお!!

 見ての通りのトロフィー乞食な蔵間マリコです。
 やっとこさ、コンプリートしましたよ。フロムソフトウェアのロボットアクションゲーム『アーマードコアⅤ』のトロフィーを。
 ヌルゲーマーお断りが信条のフロムのゲームで、中でも一番敷居の高いと言われるアーマードコアシリーズ。自分も、それなりに覚悟をしていましたが、噂通りに大変でしたよ。最初は最初で動かすのが精一杯だったり、焼け野原ひろしの主任砲の回避方法が分からずに何度も海の藻屑になったり、焼け野原ひろしのエクシアの急降下攻撃で何度も昇天したり、対戦はあっという間にジャンクにされるのが常でしたからねえ。アクションゲームは、かなり上手いと思っていたのだが…。
 特に、セントエルモとRD最終決戦のスピード撃破は、サブクエストコンプリートの最大の障壁。かたや、破壊部位が途轍もなく多いのに、弾幕で足止めを喰らわされてまともに近づけない。かたや、普通に倒すのには非常に楽なボスだが、速攻撃破となると話が大きく変わる。これら2つのサブクエスト消化に一体どれだけの時間をかけたのやら…。
 しかし、無理だと思っていたアーマードコアⅤのトロフィーをコンプリート出来るなんて…。デモンズソウルの純粋な刃石回収マラソンを諦めて、ダークソウルでリベンジを果たし、そしてアーマードコアⅤもコンプ。フロムのゲームは、2勝1敗。話の内容からして、何れは続編(すんごい電波な話だったが。)が作られそうだから、そっちもコンプ頑張ろうかな?

 とまあ、何かとトロフィートロフィーとか言ってますけど、これでも実際の所はゲーム的にちゃんと楽しんでますし、前回の漫画の件でも書いていたように、ゲーム一つ一つを思い出にしていますよ?
 生まれて初めてゲームをプレイし、そして初めてクリアーしたゲームのスーパーマリオブラザーズ。友人の家で夕方になるまでひたすら遊んだくにおくんロックマン。ポップでキュートなデザインだけど、鬼のような難易度に泣かされたバブルボブル。3画面筐体の凄さに感動したダライアス。鮮明な画面と出来る事の多さに感動したスーパーマリオワールド。人生初RPGのドラゴンクエストⅤ。ファンから叩かれているけど、何かと好きなサガ3。幾度となく赤い悪魔の餌食となった超魔界村。宇宙ミジンコがトラウマになったファイナルファンタジーⅣ。小学生の時は全く歯が立たなかった七英雄の登場するロマンシングサガ2。独特の世界観とゲーム内容に、今のシリーズも遊んでいる風来のシレン。職人芸クラスのドット絵に惚れたメタルスラッグ。2Dから3Dの進化したことにビックリしたファイナルファンタジーⅦ。状態変化とB級映画的展開に驚かされたメタルスラッグ2メタルスラッグX。友人とステージを交換しあって、早解きをしていた天誅。アーケードゲームとしては非常に長かったメタルスラッグ3。何気にシリーズ内で一番長く遊んだ風来のシレンGB2。実は、初のフロムゲーだったりする天誅参。真サルーインのゴッドハンド4連発にただただ呆然としたロマンシングサガミンストレルソング。初のギャルゲーであり、ついつい泣いてしまった君が望む永遠。得点倍率16倍16000点SABだけに命を賭けていたメタルスラッグ6。アニメでも泣かされ、原作でも泣かされたAIR。STGにはまるきっかけとなった東方Project。まるでガンダムに乗ったかのような気分になれた機動戦士ガンダム戦場の絆。徹夜でひたすら攻略に勤しんでいたゴミ箱。鬼のような難易度に投げそうになったデモンズソウル。すぐ死ぬけど、レトロさがたまらないみんなでスペランカー。今でも現役な風来のシレン5。太陽の戦士ソラールさんに和まされたダークソウル…。
 まだまだここじゃあ語りきれないゲームの数々、それら一つ一つの思い出を大切に記憶していますよ。トロフィーもそういった思い出の価値の一部であり、面白いゲームであっても面白くなかったゲームの記憶も。こういう気持ちや思い出は何時までも持っておきたいものである。

 昔も今もこれからも面白いゲーム。
 さて、これでアーマードコアⅤはコンプリートしたが、次は何をプレイしようかな?今週発売されるワンピース海賊無双も悪くないし、フロントウイングのタイムリープのPS3版も買いたいし、今月は魔法少女まどか☆マギカ ポータブルが発売されるし…。あああ、悩ましい…。

        トロフィーレベル
        トロフィー内訳

スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
楽しむ努力。
2012-02-27 Mon 19:13

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「新刊が出たら必ず買っちゃう漫画は?」です。本屋に行くたびに変わる平台のラインナップ!こんな新刊が出ましたよとお勧めしてくるネットショップの本屋さん!新刊って素敵な響きですね新刊が出たら、必ず買っちゃう漫画のタイトル、あなたには�...
トラックバックテーマ 第1381回「新刊が出たら必ず買っちゃう漫画は?」


 今回の御題は、『新刊の漫画』。なんともまあ、自分にピッタリな御題なこと。
 新刊の漫画といいますと、基本的には初日に買うのがクチですね。そりゃあ、話題ものは発売初日から買っておきたいものだし、買っておかないと売り切れだったりして、奔走しないといけませんからね。とはいえ、財布の都合の関係で買えなかったりすることも多いが。それで、グダグダになって忘れた頃に買ったりして…。パンプキン・シザースとかパンプキン・シザースとかGANTZとかパンプキン・シザースとか…。
 でも、アレは確実に発売初日に買いますよ、このブログでも応援しているたんの漫画は。たんを応援している自分としては、ヤンジャンでリアルタイムで読める事と単行本をいの一番に買う事ほど、至福な事はありませんからね。斜め上どころか明後日の方向へ飛んでいく超展開に、独特の味付けのされた登場人物、そして電波な作風と台詞回し。こんな個性溢れる作品を描ける漫画家は、そんなに多くない。極黒のブリュンヒルデの単行本、何時発売されるか分からないですけど、楽しみで楽しみたまりませんわ。

 とまあ、基本的に漫画は早めに買う自分ですが、本屋に行くたびにたびたび思う事がある。漫画離れ漫画離れとか言っている割には、新しいレーベルの漫画雑誌が結構登場したりしているし、寧ろ今のほうが漫画の選択肢が多いから作品を楽しむと言う意味合いでの環境は良くなっているんじゃないかなと。
 世間じゃあ、よく萌え系とか取り沙汰にされて、漫画=オタクの読むものみたいで敬遠されている事もあるが、ちゃんと萌え以外のものも色んな雑誌でしっかりと生きているし、そういった萌え系のものでもストーリーもテーマもしっかりとした名作はたくさんあるぞ。それに、別に古い漫画とかだったりしたら、ブックオフのような大型の古本屋に行けば大抵は見つかるしね。いくらでも、漫画を手に入れる手段はある。
 重要なのは、面白い作品を探すバイタリティとそれを買う勇気、これが楽しむための努力だと思う。この情報社会である現代、この漫画がスゴイみたいな一つの道標となるものはいくらでもあるし、ネットで調べれば、amazonや漫画レビューサイトなどが見つかる。それから、内容のさわりとかを調べて、参考にする事が出来る。昔は、そんなものが無かったのだから、事前に情報収集する事が簡単になったと思うぞ。
 そして、買う勇気というのは恥じらいとかそういうのもあるかもしれないが、ある程度は財布の事を考えないほうがいいと思うぞ。仮にそれで、面白くない漫画を買ったとしても、それはそれで勉強代になるし、自分なんかだったらそれをも思い出の一つにするな。好きな作品とか苦手な作品とかあれど、漫画という括りは等しく愛してますから。

 ガンガン新刊が出て、なかなか選択肢の多い漫画。
 今月は新刊・中古を合わせて、50冊ほど買ったからなあ…。元より限界の本棚に、これ以上入れるわけにも行かない。かといって、クローゼットやベッド下もかなり限界に近いし…。そろそろ新しい本棚でも買うか…。

             本棚002

別窓 | 今週の御題 | コメント:1 | トラックバック:0
奮起する感情。
2012-02-26 Sun 18:02

    看板娘050 アリス・アルジャーノ 上目遣い001

 テーマとかも考えて描いているけど、なかなかねえ…。

 財布を落としたショックはまだ引きずっているけど、それをイラストの糧に回している蔵間マリコです。
 今週も描きました、思うように実力が伸びないオリジナルのイラストを。今回は、『上目遣いをしているオリキャラ』というテーマで描きました。
 本当は昨日の事件がまだ引きずっていて、今週は絵を描くのは止めようかなあとは思ったんですけど、一日でも上手くなりたいと気持ちと、そろそろ気持ちの切り替えをしないといけないという気持ちがあったんですよね。ですから、鞭で打たれる馬の如く、自分を奮起させました。おかげで、完全に吹っ切れているという訳じゃあないけど、随分良くなりましたね。
 で、そんな落ち込み気味で描いたオリジナルのイラストだけど、今回は自分なりに工夫してみました。その工夫した部分は、上目遣いしている時に、絵で口元を隠している所である。これによって、どのような表情をしているか予想させるかのような作りにしてみました。正直、上手くいっているかは分からないけど、今までよりかは上手くいっているはず。
 ただ、それ以外の部分がダメな気がする。相変わらずシワの描き方が壊滅的だし、顔と体のバランスが悪い気がするし、服のデザインがかなりつまらないものになっているし…。う~ん、思うように描けない…。

 四苦八苦しながらも描いているオリジナルのイラスト。
 次回のイラストのテーマは、まだ未定。ただ、仕草とかそういった物に視野を考えている。あと、何時もと同じオリキャラとかを描かずに、新しいオリキャラも描きたい。とはっても、それを完成させるのにどれだけの時間がかかるのだろうか?う~ん、今日は無理をしない程度に徹夜で考えるか…。

    ラフ 看板娘058

別窓 | イラスト | コメント:1 | トラックバック:0
最悪の休日。
2012-02-25 Sat 19:13

  日常の51

 なんで休日なのに、こんな悲しい思いを…。

 楽しかった時間が、一気に白々しくなってしまった蔵間マリコです。
 …………、今日の朝、非常に悲しい事件が起きてしまった。分かりやすくいうと上の画像の4016円状態、更にもっとザックリいいますと、財布を落としてしまったんですよね。それも、車の免許書とバスの定期券と某所のポイントカードと3000円など、大切なものからかなりどうでもいい物がが入った財布を。
 まあ、経緯をいうと、午前中に暇潰しにとでも郊外のブックオフで本を数冊買って、ゲーセンにも遊びに行ったんですよね。で、昼食の広島風お好み焼きを買おうとカバンの中を見たら、入っていなかったんだよ。色々と大切なものが入っていた財布が。
 顔には出なかったものの、それに気づいた時は大騒ぎ。思い当たる節思い当たる節の場所全て回りましたよ。で、2時間がかりでいった場所をくまなく調べましたが、結局は何処にも見つかりませんでした。仕方ないので、交番に紛失物届けを出して、財布が帰ってくる事にしか期待する事に…。
 もうね、なんだか世界が灰色にしか見えない。何処で落としたかも分からないから見つかる確率の方が遥かに高いし、中身が中身だけに無くなったら大変なものばかりだし…。このショックは数日間ほど続きそうだ…。

 しかし、どうしてよく物を無くしたり、落としたりするのだろうか?
 財布も今回の件だけでなく、幾度と無く落としてきた(まあ、その都度に幸い帰ってきたが。)し、眼鏡なんかは家の中でよく置き忘れるし…。こんなくだらない失敗が多い自分が悔しい…。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
最初の難関。
2012-02-24 Fri 19:41
 一体何が答えなのだろうか?

 今回の倫たんは、一味違うと感じている蔵間マリコです。
 今週もなかなか面白かったですねえ、週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』が。
 先週・先々週とハイテンポな展開であるにも関わらず、更に新たなるハプニングにより、もはやジェットコースター状態。そして、次々と噴出する謎がそれに拍車をかける。今までの岡本倫の漫画も面白かったですけど、ここまで実力を上げるとは思いませんでしたよ。
 そんな毎週が毎週、目の離せない極黒のブリュンヒルデですが、今週も自分なりに考えさせてもらいました。独断と偏見の考察コーナー!!勿論、今回は新用語のアレに関して。当然、ネタバレありまくリングのコーナーですので、まだ読んでいない人またはたんが苦手という方は、今回はここまで。既に読んだという方または全然ネタバレOKという方は、こちらへ。
最初の難関。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
絶望的な追い討ち。
2012-02-23 Thu 20:02
 どうするんだろうか、コレ…。

 謎の多い展開に毎週ワクワクしている蔵間マリコです。
今週も掲載されましたねえ、週刊ヤングジャンプ連載、岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』が。
 先週はパンフレットであるものの鎌倉が登場したり、先日までは元気だった寧子が三段活用でボロボロになったりと、エルフェンリートノノノノの時に比べると非常に展開運びが上手く、非常に満足のいく内容でした。
 特に、包帯塗れになって登校している寧子の可愛いさときたら…。たんのフェチの範囲の広さには、脱帽ものですわ。眼福眼福。そんな事を寧子の前で言ったら、超能力で圧縮されそうだけど。
 そんな見所の多い極黒のブリュンヒルデですが、今週で5話目。さて、今回はどうなったことやら…。ここから先は、例によっての感想のコーナー。ネタバレをして欲しくない無いという方、あるいはたんの漫画が苦手という方は、ここまでで。もう読んだよ、またはネタバレしても全然OKという方は、こちらへ。
絶望的な追い討ち。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
安楽の場所。
2012-02-21 Tue 19:20

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当藤本です今日のテーマは「お気に入りドライブスポットは?」ですさてもうそろそろ冬も終わりに差し掛かってきましたね皆さんはドライブはお好きですか?私はとーーってもドライブが大好きで運転するのも乗せてもらうのも大好きです特にこんな寒い冬は星が綺麗で高台なんか行ってしま�...
トラックバックテーマ 第1377回「お気に入りドライブスポットは?」


 今回の御題は、『ドライブ』。
 う~ん、ドライブですかあ…。ドライブといいますと、お気に入りの場所に行くのもいいですけど、普段行けない場所に行くのがドライブのウリですよね。潮の匂いと小波の音がたまらない海に、緑生い茂る自然を堪能できる森林、そして街の灯りを一望できる高台。どれもこれもが、日常とは違った風景を堪能できて、日々の疲れを癒せるのが魅力といえよう。
 特に、二次元の可愛いおにゃのこと一緒にドライブはなんかはね…。最初こそは、退屈しているかもしれないが、珍しい光景にはしゃぐ所が見れるのは、ドライブでの風景を見るよりも癒されるかもしれない。それにその目的地で、一緒に遊ぶというのもオツだし。やっぱ、二次元の可愛いおにゃのこは最高ですわ。

 こんな事をたびたび書くから、未だに毒男なんですよね。
 毎度毎度、妄想ネタばっかり書いてゴメンなさい。自分でも、こういう事を書いちゃあいけないとは分かっているんですけど、会社での人間関係とか現場先でのイザコザでのストレスとか溜まっていましてねえ…。とはいえ、こんな所でウサ晴らしをしても意味がありませんね。この記事を見て、不快になった皆様、スミマセンでした…。

 さて、気を取り直しての回答ですけど、自分は基本的に車を運転しないクチですね。いや、運転できるには出来るんだけど、家の車を勝手に使うわけにも行かないし、何よりもペーパードライバーですからねえ。数年前では、仕事とかで車を運転していたけど、通勤はオートバイか公共のバスがメインだからな。だから、メッキリ乗りませんわ。
 ただ、休日はオートバイでツーリングする事がある。とはいっても、大体はお決まりのコースなのだが。郊外のブックオフでいい漫画が無いかと物色する→お気に入りのホビーショップで良い物があったら買い物をする→ゲームセンターでストレス発散する。
 気分によっては順番とかは多少変わったりするが、これがMYジャスティスガンダム。はっきり言って、前回紹介した私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!の黒木智子のようなダメダメな生活ですね…。
 あと、あんま遠くに行くというのは勇気が無いっす。そっから迷子なったらシャレにならないので。筋金入りの方向音痴である事も相まって。新しい店とかを探す時は、ネットで検索してから。ホント、チキン野郎ですわ…。

 なんかかなりしょっぱい休日の過ごし方。
 ここ最近は、あんまりツーリングに行っていないから、近々休みにでもオートバイを動かして、郊外のブックオフにでも行こうかな?そこで、2・3時間ぐらい時間を潰してお気に入りの漫画でも見つけて…。やっぱり、何かちょっと寂しいなそれ…。

  マブラヴ 香月夕呼

別窓 | 今週の御題 | コメント:1 | トラックバック:0
恋の地獄篇。
2012-02-20 Mon 19:37
             私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

 なんだかシンクロしてて、心が痛む…。
 鬱だ氏のう…。

 リアル充実者をリア十ならば、リア3かリア4ぐらいしか充実していない蔵間マリコです。
 喪女(もじょ)。2ちゃんねる用語のうちの1つであり、『男性との交際関係が皆無』、『告白された事が無い』、『純潔である』の3つの要素を兼ね備えた女性の事である。その男版は、毒男(どくお)というものが存在し、これらの対義語はリア充に当る。
 自分は、このブログを呼んでいる方なら分かるかもしれないが、勿論の事ながら毒男である。中学生の時は、幼馴染がいたがあくまでも友達以上恋人未満の関係だったし、それ以降は女と殆ど縁の無い生活をしているし、チョメチョメも無い。そして、安月給の甲斐性無しで、あまり人間関係も明るくない。これを毒男と呼ばずして何と呼ぶ!!
 とまあ、自分で自信満々に馬鹿げた事を書いていますが、まあ何でそんなことを言っているか?それは、上の画像の漫画『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』が原因だからだ。
 この漫画、発売当初はそこまで注目されていなかったんですけど、徐々に人気が出てきて、書店じゃあなかなか見かけれないほどの人気作になったんですよね。で、自分も1ヶ月ほど遅れて、今日買いに行ったのだが、これが見つからなくて…。結局、4件ほど回る羽目になりました。まあ、そこまで急がなくても良かったのだが。

 さて、この私がモテない(以下、略。)なのだが、どのような漫画かと言うと『高校に行けば自然とモテると思っていた黒木智子…。しかし、無残な現実が襲いかかって来る!この状況を打破するか?女子高生の苦悩が始まる!時々かわいいニューヒロイン誕生!?』と1巻のアオリに書いていた。まあ、早い話、前説の部分で説明していた喪女の日常もの漫画である。但し、日常ものといっても残酷物語であるが。
 で、この漫画の最大のウリはというと、主人公の黒木智子というあまりにも痛すぎる言動である。見た目はちょっと影があるけど結構可愛い、でもそれをも打ち消すほどの残念な女、略して残女。普段から受身態勢の性格のせいか誰にも構ってもらえず、無理にキャラ作りをすれば見事に空回りをする。やけに被害妄想が激しく、他愛な事ですら恋愛思考モードに入る。そして、ギャルゲーオタクで、まともに話せる相手が弟と母親。これでは、モテるはずがない。
 しかも、残念な人にありがちな要素が妙にリアリティがあり、建前的には笑えるんだけど、心の中では笑えない。特に、ブックオフとコンビニでの立ち読みの件なんかは…。俺の仕事が終わった後のコースの一つ…。まあ、スタバとかマック行って、どもったりはしませんが。ショートやグランデ、ドッピオを聞いて、カルチャーショックを受ける相生裕子みたいに。
 でも、この漫画はある意味、日常ものの現実・真実なのかもしれない。日常ものというと、らき☆すたとかけいおん!みたいに、述べり駄弁りで特に何もなく平和に過ごすというのが、一般的である。何もないという点では、この漫画も同じと言えよう。しかし、こちらの何も無いは受身的な人生を送った故の結果である。何もしないをリアルに考えると、こちらの方がシックリくるであろう。そういった意味では、ジャンル的には斬新かつ、従来の日常ものへのアンチテーゼと言える作品と言えるかもしれない。あまりにもリアルすぎて、orzな気分になってしまうが…。

 とことん残念なJKを描いた日常ものの私がモテない(以下、略。)。
 この作品は、リアル充実者の人も喪女も毒男もオススメできる逸品。前回紹介した狼の口みたいに見つけるのは多少難しいかもしれないが、何件か回れば見つかるかもしれない。ただ、喪女と毒男の方は、これを読む際は確実にSAN値をガリガリ削られるので、それ相応の覚悟を。でないと、SAN値直葬は間違いないので…。

 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 日常度 ☆☆☆☆☆
 ショック度 ☆☆☆☆☆(但し、リア充は☆。)

別窓 | レビュー | コメント:2 | トラックバック:0
眠りからの目覚め。
2012-02-19 Sun 17:49

    看板娘049 アリス・アルジャーノ パジャマVer   

 小学生ぐらいの身長を意識して描いたのだが…。

 毎週描いているけど、なかなか上達しない蔵間マリコです。
 今週もヒーコラヒーコラ言いながらも、なんとか完成させました。毎度毎度、知恵袋でボッコボコにされつつも、それらを糧にして、少しでも上達に励むオリジナルのイラストを。今回は『寝ぼけ眼の小学生ぐらいの頭身のオリキャラ』をテーマで描きました。
 今回は小学生とテーマを決めていますが、、二つほど課題を決めて描きました。一つは、普段よりも一回りほど小さい頭身のキャラを上手く描く事。これは、普段が6.5頭身から7頭身あたりと高校生をイメージしたオリキャラが基本でしたが、今回は小学4年生ぐらいのオリキャラを描きました。この時、注意したのは頭身だけでなく、体つき。一応は、小学生ぐらいのキャラを描くためようにそれ専用の参考書には、身体の凹凸の部分と身体の丸さを注意しないといけないと描かれていたので、それなりに描けたような気がしますが…。でも、そういったもの以前に、身体のバランスそのものが上手く描けていないからなあ…。
 それと、もう一つの注意して描いた点は、仕草。これは、個人的には小学生を描くというテーマ以上に注意しました。知恵袋でも、これは凄く叩かれていましたからねえ。デッサン云々以前に、ポーズとかそういった物にしたもの魅力が感じられないと。
 どうも、自分はそういったものに関しての感性というのが弱いというよりも理解出来なくて…。昔から上手な絵を見ても、綺麗とかそういった感情だけで終わってしまう人間だったんですよね。いや、自分なりに一生懸命考えていたんですけど、何度考えても同じ答えしか出なくて…。だからどういったものが魅力的なポーズか分からなくて…。ただ、それで諦めるという訳にもいかないし、出来ないなら出来ないなり頑張るしかない。という事で、先週から画像サイトやpixivで仕草に関するキーワードが描かれている絵を約500枚ほど漁って、その中から良いんじゃないかなと思った絵を参考に描きました。
 とはいっても、どうも上手くいったとは言い難い。体のバランスが悪いというのもあるけど、それと同じくらいに何かが足りないんだよなあ…。考えても、全然分からん…。

 自分の描きたいものと現実とのギャップが激しくて、ジレンマを感じてしまうオリジナルのイラスト。
 来週もイラストを1枚ほど完成させる予定だけど、本当にこれで上手くなるのだろうか?仕事をしているから、練習の時間が平日は2・3時間程度が限度だし、絵画教室とかみたいなものに行くのにはお金が無いし…。これは、八方塞なのか…?

    ラフ 看板娘057

別窓 | イラスト | コメント:3 | トラックバック:0
悪辣なる壁。
2012-02-18 Sat 18:41

         狼の口(ヴォルフスムント)

 バッドエンドで何が悪い!!

 メジャーな漫画からマイナー漫画までチェックしている蔵間マリコです。
 物語。それは、一つの人生の縮図である。創造された世界の中で多くの登場人物が動き、様々な出会いや大きな困難を乗り越えたりして、ハッピーエンドという名のゴールへと向かう。それは、漫画とかアニメとかドラマだけでなく、このリアルでも言えることであろう。
 しかし、全員が全員、そのような幸せな結末を迎える事は出来ない。取り返しの付かないほどの挫折、何に代えることも出来ない大切なものの喪失、そして、誰しもが起こりえる突然の死。そういった理不尽なまで最悪の結末が、描かれる事も作り手側の裁量によって有り得る。
 そんな最悪な結末を迎える者たちに重点を置いた漫画がある。エンターブレイン発行の『Fellows!』で現在連載中の久慈光久の中世ヨーロッパ時代の残酷物語『狼の口(ヴォルフスムント)』だ。
 連載されている漫画雑誌自体の知名度が、あまり高くないため、あまり知られていない漫画だが、漫画好きの人たちには結構評価が高かったりと知る人知るぞの漫画となっているようだ。自分も、その噂を聞きつけて、今日の午前中、幸運にも手に入れる事が出来た。ということで、今回は狼の口の感想でも書きたいと思う。基本的にネタバレはそこまでしないし、強烈な事は書かないで、暇がありましたらどうぞ。

 狼の口、バッドエンドに趣を置いた作品と説明しているが、簡単に漫画の内容を説明しておくと、『ザンクト・ゴットハルト峠に存在する狼の口(ヴォルフスムント)と呼ばれる、通る事が非常に困難な関所。その関所を統治する悪逆非道の代官・ヴォルフラムは民衆に圧政を強いていた。そして、その圧政から逃げるために関所越えをする者や反逆を企てる者が現われるが…』というもの。この物語には原型があって、スイス独立運動をモチーフとしているようだ。それがイメージで出来ると、どんなものかは想像が付くかもしれない。自分は、そのスイス独立運動という知らないが。
 さて、この物語の最大の魅力は何かというと、物語の舞台装置として存在する代官のヴォルフラムの存在であろう。見た目は、細目の優男という印象を受けるが、性格は冷酷非道そのもの。関所を越えようとする者が現われれば、何人たりとも容赦は許さない、女子供であろうとも。その上、悪趣味としか言いようの無い処刑方法や心を抉るような行為で弄ぶ。バッドエンド至上主義のプリキュアのウルフルンも真っ青である。
 それに対し、ヴォルフラムの圧政に強いられる民衆たちは、悲惨そのものである。一人一人に人生という物語が存在するが、それを無慈悲に理不尽に踏みにじられる。そこには、少年漫画でよく描かれる努力・友情・勝利といった甘ったるい要素など存在しない。あるのは、苛酷な現実だけである。
 だが、人々の死や悲痛な叫びは無碍になっているわけではない。徐々に抉じ開けられる狼の口攻略への糸口、日に日に大きくなる民衆の怒り、そして武装蜂起。その時、ヴォルフラムはどのような行動を取るのだろうか?彼が、裁かれる日があるのだろうか?恐らく、その拳の振り下ろしどころが今後の物語の楽しみにすべき点といえよう。

 作品としてのセオリーやお約束の展開などクソ喰らえ、バッドエンドだっていいじゃないと言わんばかりの狼の口
 悪趣味極まりない作風だけでなく、癖の強い作画のため確実に人を選ぶ作品の一つであろうが、それ以上に圧倒的なまでもの個性があり、普通の漫画に飽いた人には、ぜひともオススメできる作品。もし、興味がありましたらどうぞ。

 狼の口(ヴォルフスムント)の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 悪趣味度 ☆☆☆☆
 バッドエン度 ☆☆☆☆

別窓 | レビュー | コメント:1 | トラックバック:0
| 黒のノエル。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。