現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2011年最後の記事。
2011-12-31 Sat 19:15

 あと少しで、2012年!!

 特に語ることは無いけど、2011年最後ぐらいは記事を書いておきたい蔵間マリコです。
 まあ、見ての通り、今回の記事はこれといって語ることはありませんから、何時もより相当短い記事っす。日常生活のちょっとした話題とか、最近見たアニメの話題とか、最近プレイしたゲームのネタとか、自分の妄想ネタとかも。正月に向けてのオリジナルのイラストは描いているんですけど、それも今は語ってはあんまし良いもんでもないですし。来年の話題をしたら、オーガがクライするっていいますか。
 でも、大晦日ですから、アレは言っておかないといけません。今年も、自分のブログを見てくれた方々への感謝を。自分も、ブログ仲間やたまたまこのブログを見てくれた方々がいてくれたから、勇気付けられたり力を分け与えてもらったのですから。
 面白いネタで元気付けさせてもらったブログ仲間の皆様、このブログに来訪してくれたお客様、そしてFC2ブログの皆様、今年もありがとうございました。こんなかなりどーしようもないブログですが、来年もよろしくお願いします。自分も、皆様の声援に応えるよう、少しでも質の良いブログとイラストを書き(描き)ますので。

 これで、2011年のブログもおしまい。
 重ね重ねですが、来年も『黒のノエル』をよろしくお願いします。
 皆様、よいお年を!!

スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:2 | トラックバック:0
一年の纏め。
2011-12-30 Fri 19:08

 今年も色々あったなあ…。

 何かとトラブルとかもあったけど、どうにかやりすごせた蔵間マリコです。
 今年も残す所で、あと2日。今年も、長いようで短く感じましたね。少し前までは夏かと思ったら、もう年末。やり遂げた事もやれなかった事もたくさん。そして、一日が36時間あったらなあと何度思ったことやら。まあ、そんなに考えた事はありませんが。
 そんな感じで、今年一年間の事に思い耽りましたが、今回はそれにちなんで、今年も自分にとっての重大ニュースならぬ十大ニュースをピックアップしました。正直、独断と偏見の色が強いものばかりですが、興味がありましたらぜひともリンク先を見てください。

 ・初の同人誌即売会参加前編後編

 人生初めての同人即売会、東方椰麟祭第2幕に参加した時の記事とその戦利品の話題。
 自分は、年に数回ほど同人誌を某所で買っていましたが、イベントに参加するという事がありませんでした。で、色々と調べてみると、市内で東方のオンリーイベントが開催されるというのを知って、参加したんですよ。そしたら、もう圧倒的過ぎる熱気に虜になっちゃいまして…。8月にあった同人誌のイベントにも参加したし、来年の東方椰麟祭第3幕にも参加する予定。やっぱ、人の作りし物は個性があって面白い。

 ・ブログ開設6周年!!

 ブログ開設6周年の時の記事。
 この頃は、イラストにも色々とちょっとしたストーリーを作っていたけど、後々に駄目だしを喰らいまして…。でも、そのおかげである程度吹っ切れたし、若干上手くなった気がする。それでも、下手なことには変わりないけど。

 ・最大級の地震

 語る必要はあるまい、3月11日の東日本大震災。
 自分も、これには凄く参りました。TVから流れる被災地と二次災害である福島原発事故、そして魔法の言葉のCM。同じ国であるはずなのに、あまりの違いに心を削られてしまいました。今のその影響があってか、何かとあると警戒心が強く…。早く復興を願いたいものである。

 ・魔法少女まどか☆マギカ最終話放送!!

 今年のアニメの人気を掻っ攫い、一部では社会現象なんても言われた魔法少女まどか☆マギカの最終話の話題。
 自分も、リアルタイムで1話目から見ていたクチですが、ここまではまるとは思いませんでしたよ。面白い要素があるとは、魔法少女ものという括りだからある程度の限界があるだろうと思っていたのが、盛り上がった大きな理由の一つかもしれない。これからの展開も気になる所です。

 ・アノニマス事件

 PS3・PSPユーザーにとっては、頭の痛かった事件、PSNクラッキング事件。
 これは、PSNをしょっちゅう使う自分にっては、かなりのダメージでしたねえ。PSNで買い物は出来ないどころか、ネットワークに繋げる事すらできない。それも、完全に復旧するまでに数ヶ月かかったのだから。今後、こういった事件が起きないことと実行犯が逮捕されてほしいものである。

 ・声優の川上とも子さん、逝去

 自分は、これを知った時に凄くショックで茫然自失でした。自分が好きなエルフェンリートのマリコで知り、AIRの神尾観鈴でファンになった人気声優。まだまだ若く現役から退く年齢ではなかったのですが…。個人的には、アニメ業界で起きた出来事で一番ショックな出来事かもしれない。これからも、彼女の出演した作品の思い出を大切にしたいものです…。

 ・なでしこJAPAN世界一!!
 恐らくは、世間的にも今年一番明るいニュース。
 日本のサッカーといいますと、最近でこそは多少は強くなったものの、世界一とは縁遠いスポーツでしたからねえ。それが、なでしこJAPANが日本一になるのだから、嬉しくないはずがない。これを機会に、日本の男子サッカーも世界一になれるよう精進して欲しい。

 ・機動戦士ガンダムAGE放送開始

 ロボットアニメの金字塔、機動戦士ガンダムAGEが放送開始。
 …なのだが、どうにもこうにもな内容でして…。前作の機動戦士ガンダム00に比べるといささか劣る部分が多いし、同時期にリリースされた機動戦士ガンダムUCがあったからますます…。ガンダム全体から見てもとても…。これを1月1日に放送して、どうするんだろうか…。

 ・岡本倫、新連載決定!!

 岡本倫の新作、極黒のブリュンヒルデ君は淫らな僕の女王(原作名義にて。)の掲載が決定。
 たんの追っかけファンとして、ちょくちょく読みきりや他雑誌のゲストなどで登場していましたが、本掲載は凄く嬉しかったですね。読みきりは読みきりで、たんの初の試みとして結構面白そうなものになりそうだし、極黒のブリュンヒルデは純愛ダークファンタジーという謎のジャンルも気になる…。

 今年の十大ニュースはこれぐらい。
 さて、明日で今年の記事もラストとなる。一年のラストを飾るに相応しい記事は、何しようか…。飯でも食って、ゆっくりと考えるとするか…。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
古くて新しい。
2011-12-29 Thu 20:07
 まあ、ごゆっくりとな。

 目まぐるしく動き回るゲームも悪くないけど、ゆっくりまったり遊べるゲームも大好きな蔵間マリコです。
 今日から待望の冬休み。さむ~い外で毎日毎日警備をしてまいましたが、これでしばらく解放される。大掃除なんかも、数日前に済ましているからそのような面倒も無い。一日中、ゴロゴロし放題ですよ!!
 とまあ、今日は午前中は機動戦士ガンダム EXTREME VS. のオンライン対戦(フルクロス、ストフリ、隠者、F91、ルナザク、ヅダをメインに。種死勢が多い…。)をずっとしていましたが、流石に朝からずっとしているのか、若干の飽き気味。こうずっと目まぐるしいゲームをプレイしているから、シンプルで遊びやすいものでも、個人的には新しいゲームを買いたいのだが、外に出るのが億劫というのもあるし、正月の事を考えたらあんましお金も使いたくない。どうやって、暇を潰せばいいのだろうか?
 そういう時にあるのが、PlayStation®Storeのゲーム。普通のゲームなら、ビデオゲーム屋などで買わないといけないが、お金さえチャージ(そのためには、一度外に出ないといけないのは、内緒。)していれば、家でもゲームを買う事が出来る。そして、そういったゲームの中には、この冬休みでもゆっくり遊べて、誰でも遊べるゲームがある。
 今回は、その誰でも遊べるオススメゲーム、所謂レトロゲーのリニューアル作品をいくつか紹介したいと思う。正直、レトロゲーに絞っている時点で独断と偏見の塊な上に、好き嫌いが分かれるかもしれないけど、PS3で暇潰し程度に遊びたい、これからPS3を買うという人は参考にするといいかも。

          みんなでスペランカー チャンピオンシップモード

 ・みんなでスペランカー

 最初に紹介するのは、知る人知るぞのアイレムの名作アクションゲーム。現在は、Tozaiが版権持ちである。
 このゲームの最大の特徴は、主人公のスペランカーがとてつもなく弱い事。自分よりも半分以上高い所から落ちても死ぬし、下り坂でジャンプをしたり、蝙蝠の糞に触れただけで死んだりと、ゲーム史上、こいつほど弱い奴がいるのかと思いたくなるほど弱い。そんなよわ~い主人公を操作して、数々のトラップを掻い潜り、次のフロアへと潜るための鍵を探す。基本、死にゲーの類ではあるが、途中でセーブが出来たりと救済策も多く、アクションゲームが苦手な人でもオススメできる。ファミコン時代のドット絵でプレイ出来るクラシックモードを搭載したり、オンラインでの協力プレイでアイテムを奪い合いや協力することが出来るのもポイント。
 そして、アイレム版からTozai版へと移行して、大きく変わった要素が一つある。最近配信開始された、桁違いの難しさを誇るチャンピオンシップモードである。通常のモードは気軽に攻略できる難易度だが、こちらは非常にシビアで、明らかに無理だろと叫びたくなるような場面が多々ある。自分もそんなに難しくないだろと思ってプレイしたのだが、それはもう酷い配置ばかりでして…。10フロア攻略するのに、2時間ほどかかりましたよ。既にアイレムみんなでスペランカーを持っている方は、無料で買いかえれるので、ぜひ挑戦してみてはいかが?

         ロックマン9

 ・ロックマン9及びロックマン10(画像は、ロックマン9。)

 続いてお勧めするのは、ファミコン世代の人間なら、まずプレイした事あるだろう傑作アクションゲーム。
 このゲームの最大の特徴は、ファミコン時代のロックマンシリーズに近いスタイルで遊べながらも、今時のゲーム要素を詰め込んだ事だ。ゲームバランスの良さやロックマンシリーズとしての様式美はさることながら、タイムアタックモードや追加コンテンツ、全国ランキングなどというものが存在する。そのため、昔の遊んだプレイヤーは懐かしく遊べる事は間違いないし、現代っ子もファミコン時代のゲームに触れるいい機会かもしれない。
 それにしても、ロックマン9のボスでスプラッシュウーマンというのが存在するが、何故にウーマンなのだろうか?過去に、ボンボンで連載されていたロックマン6のコミカライズでは、ケンタウロスマンは女性型ロボットっていう設定だったのに、こっちはウーマン。時代の流れであろうか?

          スペースインベーダーインフィニティジーン

 ・SPACE INVADERS INFINITY GENE

 そして、最後に紹介するのはSTGの元祖『インベーダー』の進化作品。
 インベーダーといいますと、左右だけの移動とショットだけで侵略者=インベーダーを倒すというストイックなゲームだが、これは違う。上下左右に移動する事は当たり前、パワーアップもするし、地形判定、ボス、コンボ、機体バリエーションと相当テコ入れをされている。STGとしてはごくごく普通の要素なのだが、これがインベーダーであるからこそ面白い。
 そして、このゲームの最大のウリは直感的な遊び方が出来るという事だ。難易度を上げれば、流石に適当にプレイしてクリアーできるというものではないが、元々のシステムがシステムだけに動かす事に難を感じさせない。それに加え、機体の性能がかなり強めに設定されているから、敵に押し潰されるという事は基本的に無い。そのため、STGが苦手な人でも取っ付きやすい。紛れもなく、これはオススメ作品ひとつだ。

 安くて面白い、レトロゲーのリニューアル作品。
 今のゲームに比べると、派手さとかスピーディーさといった点では負けるかもしれないが、ゲーム性は負けていないし、取っ付きやすさの点では軍配が挙がるかもしれない。きっと、今のゲームとは違う世界を発見する事が出来るかも。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
白い悪魔。
2011-12-27 Tue 19:21

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「雪は好きですか?」ですこの冬あなたは雪を見ましたか?新村は今朝見ました!!軽く積もりました!私が住んでいるところは山なので2月ぐらいには毎年積もりますがまさかこんな早くに見れるなんてただ小学生の時に比べたら積もる日は少なくなってしまいま�...
トラックバックテーマ 第1344回「雪は好きですか?」


 結局は、前回の記事が今年最後にならなかった御題。
 今回のテーマは、『』。雪といいますと、アレですよ。KanonAIRのパクリとか言われていたけど、結局の所はかなり別物だったギャルゲーとか、迷い家で待ってくれてる風船ウサギなメイドさんとか、戦闘妖精な戦闘機とか、如月千早の養子であり、如月千早のペットでもある人とか、第二次世界大戦の連合軍によるイタリア上陸作戦とか、フルフルやアイスソードを持った禿の聖戦士が得意とする術とか、「冬になると、なぜだか悲しくなりません?」なやつですよ。すんごい分かりにくいネタばかりですが。
 自分は、昔は雪というものが大好きでしたねえ。どのくらい好きだったかというと、例年の初雪の日を覚えるぐらいに。何ていうか、雨みたいにびしょ濡れになるわけでもなく、雪だからこそ出来る事があるからな。雪合戦に、雪だるま。自分の住んでいた地域は、そこまでそんなに雪が積もるというわけじゃないから、かまくらみたいなもんは出来ないけど、色々と楽しむ方法があって、インドア派な自分でも外ではしゃいでましたよ。今考えると、懐かしい光景である。

 で、現在はどうかというと、はっきり言って一番嫌いな気候っす…。ガキの頃は好きだったのに、大人になってからは嫌いなりました。その理由は何か?それは交通警備員という仕事の性質上である。
 交通警備というのは名前の通り、工事現場やイベント会場の交通の邪魔にならないように警備する仕事なのだが、気候が荒れると辛い仕事でして…。特に、雪がふるともう最悪。ジャンバーや靴は雪を吸って重たく冷たくなるし、ホッカイロなんかは気休め程度にならない。元より、一歩間違えれば大惨事に繋がりかねない仕事なのに、足元が滑りやすくなって危険極まりない。
 しかし、何よりも大変なのが、交通の便。近ければそこまで影響力は無いが、場所によってはどうしようもない事になる昔、大朝という広島の奥地(どのくらい奥地かというと、牛が道路を渡っていました…。)まで仕事に出たのだが、それはもう最悪としか…。
 市内と違い、雪の降っている量が半端無いから、轍を通らないといけない。その上、場所が場所だから坂道も非常に多く車もボロっちいから(今は、全部新車に交換しているから、そのような心配は無いけど。)、昇るのにも一苦労。そして、よりにもよって合流地点は渋滞の名所。おかげで、会社に到着したのは9時。到着した時は、クタクタでダウン寸前でしたよ。多分、この日の仕事と同じくらい大変だったのは、崩落現場を16時間ただひたすら警備していた時ぐらいだと思うぞ(あの時は、仕事を終えた後に、クレーンキャッチャーでフィギュアを手に入れたが。)。

 昔は好きだったが、今は最悪な気候である雪。
 広島は比較的暖かい場所であるとはいえ、今年も何度か積もる事になるだろう。自分としては、そういった時期に山奥とかを警備したくないものだ。まあ、それが仕事というものだから、自分の意向でどうにかなるわけでもないけど。なんだか憂鬱…。

       SNOW 北里しぐれ

別窓 | 今週の御題 | コメント:1 | トラックバック:0
相互の関係。
2011-12-26 Mon 20:17

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。
今日のテーマは「今年お世話になったなあ…と思う人は何人ぐらい?」です。
そろそろクリスマス、そしてそれが終わればすぐに年末です。
学校の友達や先生、会社の同僚、上司、取引先、家族、顔は知らないけど、毎日つながっているネットやメールの友達、今年一年、あなたがお世話になった人、どのぐらいいますか?
第1341回「今年お世話になったなあ…と思う人は何人ぐらい?」


 恐らく2011年ラストとなるトラックバックテーマは『御世話になった人』。
 う~ん、御世話になった人ですかあ…。御世話になった人といいますと、大なり小なりありますけど、大勢の人がいますねえ。正直、自分が御世話した回数より御世話になった方がはるかに多いんじゃないかな?
 特に、二次元の可愛いおにゃのこ(幼馴染)には毎日毎日御世話になっていますからねえ。朝は朝で窓から入ってきて、布団をひっぺがえして起こしてくれるし、わざわざ昼食を二人で食べたいがために弁当を作ったり、買い物まで手伝ってくれる。そして、時には一緒に風呂に入ったり、狭い布団に二人で入ったりして…。こんなに世話をしてくれる人はそんなにいないだろう。二次元のおにゃのこサイコー!!

 毎回毎回こんなネタを書いているけど、はっきり言って虚しすぎる…。
 勿論、ジョークで書いているんですけど、微妙に願望が入っているといるし、そもそも二次元の美少女キャラに御世話になる事自体が物理的に無理。下手すると、『御世話』という御題の都合上、下ネタに取られかねない内容だし…。
 こういった趣味を持っていない人、何度も読みに来ているブログ仲間の方々、そして、このブログを読んだ皆様、こんな妄想ネタを垂れ流してゴメンなさい。こっから先はまともに回答しますので、そこは大目に見てください。

 さて、仕切り直して回答をするが、自分が御世話になった人の人数は、上でも書いている通りに大勢、それも確認できないほどに御世話になってもらいましたね。
 家族は勿論の事、会社の上司・同僚・後輩に、取引先の工事現場の現場長、東京で仕事をしている親友、お気に入りのホビーショップの店主、ネット上でイラストのアドバイスをしてくれる人、見ず知らずの老若男女数多の人々…。困った時や重大事態、差し入れや奢りといったものなどそれはもう…。自分は、そんな人たちに感謝しております。
 ただ、自分も自分でそれなりにお世話とか人助けをしているぞ。急病で仕事に出れなくなった人の代打要員を勤めたり、口下手なりにも後輩に手取り足取りアドバイスをする。他にも、知らない人に道を教えてあげた事もあったし、今年は2回ほど献血に参加した。自分の出来る行動だけじゃあ、とても全ての御世話分になるとは思えないが、自分の出来る範囲でそれに応えないとね。一方的に世話になるのは申し訳ないからな。世の中、人間持ちつ持たれつという事ですよ。

 今年も多くの人に御世話になった。
 さて、来年は少しでも他人の手を煩わせないように頑張らないとな。社会人なんだから、寧ろ、人生の先輩としての道標にでもなるような存在にならぐらいに。まあ、いきなりは無理かもしれませんが、そういった尊敬されるような人になれるよう、少しずつでも精進していきますわ。目指せ、尊敬される人!!

          リトルバスターズ! 集合写真

別窓 | 今週の御題 | コメント:1 | トラックバック:0
垢の洗い流し。
2011-12-25 Sun 20:27
 綺麗にするだけで、こんなに疲れるとは…。

 部屋の中が、綺麗になってホッとしている蔵間マリコです。
 休みであるにも関わらず、全身の筋肉をフル稼働させて、体力の限界ですよ。年末の恒例行事の一つとも言える大掃除を。それも、例年以上に力を入れて。
 普段から週に1回か2回ほど掃除をしているんですけど、どうしても時間的に余裕が無いから、細かい部分を掃除できないんですよね。それに、机の中とかクローゼットの中とかベッドの下とかは、大掃除の時ですら滅多に掃除しないほどの伏魔殿となっていまして。ですから、一年の垢を流すどころか、ここ7,8年の垢を洗い流す必要があるなと思いまして、今日は大掃除をしました。それも、朝から夕方までずっと。おかげで、体中がビキビキのクタクタ。仕事をしている日よりも体力を使っていたかもしれない。
 ということで、今回は掃除の光景をパッと画像と共に紹介したいと思います。正直、サブカル大好き人間の部屋ですから見苦しいものがかなり写っているかもしれませんが、そこん所は許してください。

        大掃除001
        大掃除002
        大掃除014


 まずは、一番ヤバイ机まわり。上は画像はビフォー、下の画像2枚はアフターである。
 特に机の中は手の付けようがないほどの荒れっぷりに、ずっと放置していましたが、こんなに恐ろしい状態になっていたとは…。アニメ映画のパンフレット数冊に、昔プリントしたもの、MTG(中には、頭蓋骨締めや破滅的な行為といった壊れたカードも。)やガンダムの食玩のカード、漫画やライトノベルの帯、アニメのチラシ、某所の小冊子など…。中身を出してみたが、ちょっとした掃除なんかじゃあ、どうしようもならない。
 仕方が無いから、必要なものと不必要なものと四捨選択したけど、結局の所、それだけに2時間も手間取りましたよ。多分、これで一番体力を消費したと思う。まあ、ヘソクリの2000円が見つかったの嬉しい事だけどさ。

             大掃除003

 続いては、TVラックの掃除。
 これに関しては、比較的楽でしたね。TVラックに置いてあるゲームを全部どかして、埃を拭いて、並び直せばいい話ですから。そんなに汚かったというワケじゃあないが、大掃除するとしないとでは大違い。なんだか安心感があります。

             大掃除004
        大掃除005
        大掃除006

 TVラックの掃除を終えて、次に取り掛かったのは本棚とベッド下。
 ここもまあ、随分と大変でしたねえ…。買いすぎて本棚に溢れ出た漫画をベッド下に移そうにも、ベッド下も満載で、かといって隣の部屋のブックラックも限界で入らない。何処にも入れるところがなくて、悩んだ挙句、クローゼットへ漫画数十冊を緊急退避。本当なら、新しい本棚を買って置きたい所なのだが、今日の今日でそういった余裕が無い。そこは、後日にでも解決しよう。
 それにしても、懐かしい漫画一杯だの事。PEACH-PITの初期作のDearSに、氏家ト前の初期の漫画2冊、麻雀漫画の傑作・哲也、何度も投げっぱENDをした孔雀王シリーズ、柴田亜美の代表作である南国少年パプワ君シリーズ…。なんだか時代を感じるものばかりである…。

             大掃除007

 で、これがクローゼットの中。ガンプラの箱以外にも、フィギュアの箱と昔買っていたポケモンカード、そして今回の大掃除で移動させた漫画が置いてある。
 こっちは、机や本棚ほどは面倒はありませんでしたけど、クローゼットの奥にあるゴミを捨てるのに大変でしたよ。ガンプラの箱を一つずつどかして、そこからまた同じように入れなおさないといけないのだから。下手すると、雪崩が発生するし、入れる順番を間違えるとクローゼットが閉まらないからねえ。組みなおすのに、思いのほか時間がかかりましたよ。
 ちなみに、画像からでは分からないが、クローゼットの中にはガンプラの箱は40個以上入っている。それに加えて、屋根裏にも20~30個ほどある。昔は100個以上あったんだけど、収拾が付かないんで一度、泣く泣く処分したんだよな。それでも、この量だからかなりのガンプラマニアかもしれない。まあ、元々がガンダム好きというのが大きいのだが。

        大掃除008
        大掃除009
        大掃除010
        大掃除011
        大掃除012
            大掃除013

 ラストは、タンスの上やポスター関連。
 まあ、これは楽勝だった。ガンダムファクトファイルをどかして、埃を拭けばいい。あとは、娘TYPEの付録のカレンダーから少し前に買ったIS(インフィニットストラトス)のカレンダーに変えるだけで済む。
 しかし、まじまじと見てみるとむっちゃポスターを張っているな…。それも、魔法少女リリカルなのはシリーズに偏っているし…。正直、人を呼べるような部屋ではない…。

 例年の30パーセント増しに頑張って、疲れがドッと出た大掃除。
 でも、これで来年を綺麗な状態で迎える事ができる。残す所は、今年の仕事の追い込みぐらいか。大掃除土曜に、かなり忙しいものになるかもしれないが、これでラストだと思うとかなり気持ち的に楽になれる。
 よーし、体調を崩さない程度に頑張るぞ!!
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
白雪の聖夜。
2011-12-24 Sat 17:20

   看板娘044 クリス・クリスマス

 今年は、露出を多めに。

 昨日から猛スピードで描いていた蔵間マリコです。
 今日は、日本人でなくとも多くの人が知っているクリスマス。皆様はどのように、お過ごしでしょうか?家族団欒して美味しい料理を食べる?友人や彼女と一緒に遊びに行く?それとも、クリスマスの女性声優の行動を2chのスレで監視?
 自分は、例年通りに家族とクリスマスを過ごす事になりそうですね。まあ、クリスマス悲しくてギャルゲー・エロゲーをやるとか女性声優の監視スレを見て暇を潰すみたいなことよりかは、よっぽど有意義な過ごし方ですけど、本心としては彼女が欲しいのは事実ですけどね。でも、根暗・オタク・安月給・低スペックと駄目な点ばっかり揃っている自分じゃあ、無理な注文というものだからな。「リア充爆発しろ!!」と思いっきり叫びたいですわ。
リア充爆発しろ!!

 とまあ、非リア充な思いをしている自分ですが、非リア充なりにもクリスマスを盛り上げるために、今年もクリスマスのイラストを描きました。
 今回は地力の面での上手い下手とか基本的に抜きで語るけど、個人的には少ない時間ながらも色々と工夫した一枚だと思う。例えば、服装。去年は、露出が少ないデザインでちょっとキャラにあっていないものだったから、胸の谷間が見えるような露出が多いデザインとミニスカのように丈の短いつなぎのデザインのスーツにしてみました。スカート部分を引っ張るようにして引っ張り皺なんかを加えて、姿勢的に胸を寄せているという感じに。上手いわけじゃあありませんが、自分なりにこだわりました。
 あと、雪の描き方なんかも以前のものとは別の方法で描いてみました。ネットで簡単な雪の描き方というものを調べて、まんまの手順で描いたものだが、いかにも雪らしさが出たんじゃないかな?描きすぎて、吹雪になりかけているけど。

 今年もまた微妙な感じで終わりそうなクリスマス。
 しかし、このクリスマスが終わると忙しくなる。仕事の追い込みもあるし、一年の垢を洗い流すための大掃除も済まさないといけないし、新年に迎えての準備もしなければならない。それに加えて、新年用のオリジナルのイラストも描かなければならない。う~ん、やる事が多すぎて、大変だ…。

別窓 | イラスト | コメント:1 | トラックバック:0
逆噴出する粒子。
2011-12-23 Fri 18:58
           アイドルマスターゼノグラシア

 それはきっと……、愛じゃないもの!

 世の中、酸性洗剤と塩素系洗剤以上に混ぜてはいけないものも存在すると思う蔵間マリコです。
 いや~、なんだか好評のまま終了したらしいですねえ。バンダイナムコのアイドル育成ゲーム『アイドルマスター』のTVアニメ版が。自分は、原作のアイマスに関しては未プレイで特に好きでも嫌いでもないクチですが、ニコニコ動画で毎週堪能させてもらっています。ストーリー配分も結構いいし、アイマスらしく曲なんかも目を見張るものがありますし。今年一番ではないですが、これはなかなか。根強いファンが多いのも納得。個人的には、千早あたりがお気に入りのキャラっすね。バスト72なまな板っぷりと弄られキャラと重たい過去が。
 とまあ、数週遅れでTVアニメ版アイマスを視聴していますが、実はこれと別に並行してみていたものがあったんですよね。そう、今期放送されたアイマスよりも4年前に放送された、知る人知るぞのアイマス作品の問題児、『アイドルマスター XENOGLOSSIA 』を。

 アイドルマスター XENOGLOSSIA、それはアイマスたちのキャラがインベルをはじめとしたiDOLと呼ばれるロボットに搭乗して、ドロップと呼ばれる巨大隕石を除去したり、ある計画を目論む敵対組織と戦うというものだ。早い話、アイドルマスターにロボットアニメをぶち込んだ作品である。なんとも、闇鍋的な内容。
 そう感じたのは、自分だけでなくリアルタイムで見ていたファンやブログ仲間も同じ。放送中は、2chのアイマス本スレでゼノグラシアの話題は禁止になるほどらしく、amazonでの評価もかなり悪いようだ。リアルタイムで見ていたブログ仲間にも感想を聞いたら、閉口するほどだったからな。余程アレな内容と感じていたようだ。

 で、TVアニメ版アイマスが放送しているから、ついでにとゼノグラシアを見たのだが…、これは納得出来る。ファンが激怒しても可笑しくない出来であると。アイマスファンで無い自分でも、そういう感想が出るのだから相当なものであろう。
 このゼノグラシアの問題点は一つ、アイマスをぶつけたという事に尽きる。原作どおり、春香や雪歩、伊織といったようなキャラが登場するのだが、全然の別物。殆どのキャラがアイドル活動なんてしておらず、それどころか年齢・性格・3サイズ・声優といったものまで変更したとんでもない改悪っぷり。雪歩は若干ヤンデレ気味、伊織は白い魔王、双海真美は12歳にも関わらず精神年齢5歳、あずさはB86の51歳の若作りのおばさん、やよいは幼い性格が春香の姉的存在に変更。
 極め付けが、千早。敵対組織の幹部であり、あずさの妹という無茶苦茶な血縁関係(原作は、交通事故で亡くなった弟がいる。)、何故か新世紀エヴァンゲリオンの葛城ミサトそっくりのキャラデザ、48歳のあずさ同様に若作りのおばさん、ド変態ロリコンiDOL・インベルに対しての極度のメンヘラっぷり、そしてBサイズが89のFカップと原型が殆ど残っていない。最後は人間辞めちゃうし…。千早ファンが可哀相過ぎるぞ、この仕打ち…。
 と、アイマスとしての見るとどうにもこうにもならない内容だが、ロボットアニメとしてみた場合はまずまずだろうか?ベタな展開が多いけど、ちゃんとハイライトともいえる場面もあるし、水着回・コスプレ回といった美少女アニメとしても抑えている所はあるから、スーパーロボット大戦に参戦したら結構面白そうだ。ラスト3話が、設定に振り回された感が強く、ワケわかめという印象は拭えないものの、ロボットアニメとしては及第点では無いだろうか?
 それと、iDOLが揃いも揃ってド変態。春香の水着姿をRECしたり、伊織の幼少時代をRECしたり、真美を7年間拉致監禁したり…。好きだからといっても、それは犯罪ですよ…。
 ただ、先に説明したアイマスという要素との相性が最悪他ならなくて…。別に、アイマスとロボット組まなくても良いし、オリキャラとも不協和音を生み出していたし、アイマスのウリである曲もライブもないし…。そもそも、アイマスのキャラ同士の骨肉の争い、誰が見たいの?それならオリジナルのアニメで作れば良かったのに…。

 ロボットアニメの歴史の闇を垣間見せられたアイドルマスター XENOGLOSSIA
 ちなみにPS3版アイドルマスター2をプレイしていて、1万円近くDLCにお布施をしているうちの弟は、このアニメを見終えた後、「これほど殺意の沸くアニメは無い。」と語っていた。やっぱり、アイマスとロボットを混ぜちゃあいけなかったのね…。これは、塩素ガスよりも危険すぎる…。

 アイドルマスター XENOGLOSSIAの評価

 満足度 ☆☆
 ロボット度 ☆☆☆
 アイドルマスター度 ☆

        

 おまけ。

 今期放送されていたアニメ版アイドルマスターの15話目にあった劇中劇。同じロボットものをやっているのに、こっちのほうが面白いというのはどういう事だ…。

        
別窓 | レビュー | コメント:1 | トラックバック:0
復讐の果て。
2011-12-22 Thu 20:41

              GUN SLINGER GIRL 14巻

 なるべくしくなったとはいえ…。

 感情に訴えかけるような漫画が大好きな蔵間マリコです。
 はぁ…、今までの流れとか前巻の引きで予想はついていたけど、いざそういう展開になると凄く落ち込むもんですね…。月刊コミック電撃大王で連載中の大人気SFガンアクション漫画『GUN SLINGER GIRL』(以下、ガンスリ。)の最新14巻が。
 ネタバレは出来るだけ避けるが、今までの巻以上に苛烈になり、息を呑む暇も無いほどの緊張感に満ちた五共和国派(パダーニャ)との戦い。そして、仇敵・ジャコモ=ダンテとの死闘の末に待ち構えていた、あまりにも虚しすぎる結末。ガンスリは、今までにそういった重苦しい場面は所々あったが、今回のは最上級。それも、こうも気分落ち込ませる展開をラッシュで仕掛けられるとなると…。
 でも、美少女キャラが戦うという見た目とは裏腹なナイフよりも鋭い内容だからこそ、納得してしまう。これでもし、御都合主義的な展開にでもなったら、作品としての質を落とす事になる。やっぱり、純粋に萌え路線の多い電撃大王らしからぬ中身がハードな漫画…。

         GUN SLINGER GIRL 1~5巻


 とまあ、ガンスリ最新巻でテンション底値状態になった自分ですが、9年以上も続いている長期連載漫画であるにも関わらずの面白さで、こうも引き込まれる作品はそんなに多くないと思う。
 GUN SLINGER GIRL、知らない方にも一応あらすじを説明しておきますと、『舞台はイタリア。義体と呼ばれる身体を改造した少女の殺し屋を扱った対テロ機関である社会福祉公社と、テロリスト集団・五共和国派との戦い描いた物語。』というものである。ぶっちゃけた話、美少女キャラ+ガンアクションを混ぜたものである。
 ただ、安易にそういった要素を混ぜたというわけではないし、そういった萌え属性的な要素とかイベントとかは基本的に無い。あくまでも、ハード路線を貫いているのが、この作品の特徴の一つでもある。そして、その力の入れようは半端無い。銃火器の知識や造詣はかなりのものだし、ガンアクションのシーンも緊張感溢れる。長期連載であるには、ちゃんと理由があるというわけだ。
 特に、ドラマチックなストーリー運びは最大のセールスポイントといっても過言では無い。社会福祉公社で働く義体担当官や職員たちの葛藤や苦悩、血と硝煙の世界で生きる義体の少女たちの小さな幸せとフラテッロとの絆、各々に秘められた過去、五共和国派や政府の策謀、終わらない復讐の連鎖、そして永遠の別離…。たった一話限りのキャラでも、これでもかといっていいぐらいに描写にこだわる。そういった物語の奥行きを深くする要素をこれでもかといっていいぐらいぶち込んでいるからこそ、ストーリーを楽しむといった点で楽しませてくれるのだ。
 あと、忘れてならないのが、イタリアの風土をしっかりと生かしているのもポイント。スペイン広場やコロッセオ、ヴェネツィアといった観光でも有名な場所は当たり前の事、葡萄農園や石畳の道路などといったイタリアらしい細かい風景も再現。他にも、居住地・衣食住・交通手段・スポーツ・産業といった地元に根付いたものに対しての力の入れ方は勿論の事、作中登場してくる五共和国派も現実にイタリア政府が抱えている社会問題をモチーフとして描かれている。この徹底振りがあるからこそ、イタリアという日本から遥か遠くの異国の雰囲気を再現しきれているのだろう。作者・相田裕のイタリアへのこだわりには感服させられるよ…。

         GUN SLINGER GIRL 6~9巻

 作品としての桁違いの骨格の太さがウリのガンスリ
 話の流れから見て、恐らくは次巻がラストになるだろうが、一体どのような結末を迎えるのだろうか?少なくとも、温かく明るい家に帰れるようなハッピーエンドになることは有り得ない。でも、ここまでどん底の展開をしたのだから、社会福祉公社の人間と義体たちには救いというものがあって欲しい。だけど、それは希望的観測に過ぎないし…。嗚呼、感情の板ばさみ…。

         GUN SLINGER GIRL 10~13巻

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
悪くない賭け。
2011-12-20 Tue 20:37
         ジョジョ一番くじ006

 やれやれだぜ。

 すっかりバンプレストのカモネギとなっている蔵間マリコです。
 今日の夕方、とある市内のとある場所にてとあるものに挑戦した。バンプレストの大人気商品『一番くじ』シリーズの新作、『一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 アニバーサリーズ 』だっ!!
 ジョジョ一番くじといいますと、一番くじシリーズでも看板商品の一つとなっているものであり、自分も途中からではありますが、ずっと買っていますねえ。何せ、大当たりともいえるフィギュアの出来がなかなかのもんですから。前回挑戦した『一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース~BLACK SIDE~』のB賞のザ・ワールドのフィギュアの圧倒感と出来の凄さは…。
 しかも、今回は2011年荒木飛呂彦執筆30周年&2012年ジョジョ25周年記念ということで、A賞からG賞までなんとジョジョシリーズの各シリーズの主人公のフィギュア。ジョジョ好きとしては、C賞の空条承太郎とD賞の東方仗助、そしてG賞のジョニィ・ジョースターあたりは当てておきたい。ということで、1200円2回分ほど挑戦しました。
 で、その結果なのですが…。ごらんの有様だよ、残念賞にあたるI賞の『スタンドストラップ~WHITE~』とJ賞の『スタンドストラップ~BLACK~』でした…。誠に遺憾な心情である…。たった2回で当てようと事自体が、無茶だけどさ。

 とまあ、前々回の『一番くじ キュゥべえ ~魔法少女まどか☆マギカ~』と前回のジョジョ第三部の一番くじに続いて、3連荘となる事はありませんでしたが、なんだかんだで面白いですねえ。一番くじシリーズって。
 何ていうか、お目当てのグッズ(大抵は、フィギュア狙いになるのだが。)が当たる確率はかなり低いけど、当たった時の嬉しさは普通のグッズに比べると一入なんですよね。確実でないからこそ、実際にGETして、それを手に触れた時の快感は。キュゥべえのクッションといい、ザ・ワールドのフィギュアといい。
 それに、物によっては恐ろしいぐらいに消化率が早いものがあるから、そういった物にも注視しないといけないのが、一番くじの魅力なんだよね。ジョジョあたりは、人気商品だから消化率が早いものの、その分、2回3回と再入荷が行われるため、比較的入手はしやすいのだが…。
 もし、これが魔法少女リリカルなのはとかけいおん!一番くじになるとマジで恐ろしい事に…。入荷と同時に売り切れになるのはよくある話で、バンプレストの意向かどうかは分からないが再入荷無しが相場。だから、人気の一番くじ廻っての激しい凌ぎ合いが行われる事も。その光景は、まるで半額弁当を待ち構える貧乏学生の如く。
 現に、自分も劇場版リリカルなのはの一番くじに挑戦しようと、朝一で加盟店に行ったのだが、時既に遅し。回れるだけ回ったけど、末等しか残っていない店ばっかりでして…。結局は、そのお金はプライズ景品のリトルバスターズ!能美クドリャフカのフィギュアに化けたのはいい思い出。わふー。

 悪魔的な魅力のある一番くじシリーズ。
 ちなみにI賞とJ賞の中身は、6部主人公の空条徐倫のスタンド、ストーン・フリーと5部ラスボスのディアボロのスタンド、キング・クリムゾン。個人的には、4部主人公の東方仗助のスタンド、クレイジー・ダイヤモンドと4部ラスボスの吉良吉影のスタンド、キラー・クイーンか、7部ラスボスのファニー・バレンタイン大統領のいともたやすく行われるえげつない行為(D4C)あたりが良かったのだが…。運の廻りが悪いなこりゃ。

         ジョジョ一番くじ007

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
| 黒のノエル。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。