現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ある男の挑戦。
2009-05-31 Sun 17:05

 

 パターン入った!!

 

 毎回、課長のヘタウマなプレイングを楽しみにしている、蔵間マリコです。

 今日、緊急で仕事を呼ばれ、ヘトヘトになってしまった。ここのところ仕事が大変で、昨日・今日と2日間、家でゴロゴロして体力を回復しようとしていたのだが、そうはいかなかったようだ。仕事の関係上、何時でも出れる状況にしていないといけないし、給料がその分はいるから文句は言えないけど、今日ぐらい休ませて欲しかった。

 そんな体力も限界に近い状態でも、もちろんゲームセンターには行く(あと、某所にもね。)。そりゃあ、ゲーセン行っただけでストレスも発散できるし、疲れも一気に吹き飛ばされるからね。まあ、何時ものようにガンダムVSガンダムNEXTをして、怒首領蜂 大復活で暇を潰していたとさ。

 で、適当にストレスも発散できて、さて帰るかとゲーセンから出ようとした。すると横から、何か妙な機械音、いや機械音に似せた声が聞こえてきた。しかも、その声、どこかで聞いたことがある。自分は、その方向を向いた。そこには、本来ストリートファイター?が置いてあるはず場所に、何故かスペースインベーダーが置いてあったのだ。

 しかし、今更、スペースインベーダーなんだ?それも、ストリートファイター?の台を使うほどの、代物か?ちゅーか、今時、そんな物が置いていても、回収率は明らかに悪いだろ。その疑問の答えは、スペースインベーダーの台の上に書かれていた。タイトルがスペースインベーダーでなく、『スペースインベーダーCX』と書いてあったのだ。ああ、なるほど。これは、ゲームセンターCXの企画というわけか。

 

 ゲームセンターCX。それは、フジTVのCS放送で流されている番組で放送されている、有野課長こと有野晋也が、主にファミコンをはじめとしたレトロゲームに挑戦する番組だ。有野の中途半端な腕前と様々な名言・迷言を交えて、ゲームをプレイする姿が滑稽である。その他、古びたゲームセンターに遊びに行くコーナーや裏技のコーナーなど、飽きさせない工夫を凝らされている。

 自分も、このゲームセンターCXは毎回楽しみにしているぞ。個人的に好きだった回は、「おのれ邪鬼王!!」の迷言を生み出した『忍者龍剣伝』と挑戦史上最長となりスペシャル番組を放送するほどになった『カイの冒険』なんかが楽しめたね。あそこまで、熱い回はそうそう無いと思う。

 

 そんな人気番組ゲームセンターCXだが、その特別企画で自分の良く通うゲーセンにイベント用のインベーダーが3日間期間限定(今日が、最終日。)で入荷されたようだ。

 まあ、内容は昔からあるシンプルなインベンダーと同じなのだが、違うところが一つある。ゲーム内で流れるBGMとSE(効果音)が全て有野課長ボイスという特別仕様なのだ。弾を発射する音一つ、UFOが飛ぶ時の音全てが有野ボイスなのである。自分も、物の試しに2度ほどチャレンジしてみた。記録は2880点でガメオベラ。高いのか低いのか分からない中途半端な成績に終わってしまった。

 そして、そのゲームの終了後、台の近くにある記念コメント用のメッセージボードが。自分も、一言書き込んでおいた。「有野課長、これからも頑張って下さい!!」と。最初を大きく書いてしまったから、後が小さくなってしまった上に、はみ出てしまった。書く前に、ペースを考えておけば良かった…。

 まあ、何にせよ、インベーダーなのにそれなりに楽しめてしまった。雰囲気に呑まれたのだろうか。もし、次回もこのようなイベントがあったとしたら、『魔界村』あたりでキボンヌ。その時は、山積みの100円玉(マナー的に、連コインはしませんが。)を持ってくるから。

 

 


スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:11
東の宇宙人。
2009-05-30 Sat 17:57

 


 

 

 う~ん、調子が悪い…。

 

 難易度LUNATICが攻略できない、蔵間マリコです。

 もはや週末恒例の『東方Project』のイラストのコーナー。さて、今週のキャラクターは『東方永夜抄』の最終ステージBルートのラスボス、『永遠と須臾の罪人』こと、『蓬莱山 輝夜』(ほうらいざん かぐや)を描きました。輝夜は、個人的に藤原 紅妹ふじわらのもこう)と並ぶ、永夜抄の物語を面白くさせている要因の一人だと思う。何しろ、日本の昔話、竹取物語のヒロイン・かぐや姫本人なのだから。そして、紅妹は難題を解けず、恥をかかされた藤原不比等(ふじわらのふひら。蓬莱の玉の枝の偽物を持ってきた人。)の娘。二人の関係は、もちろんの如く最悪で、毎日殺しあう(何度も蘇るが。)ほど犬猿の仲。なんだか、ZUNらしい設定とらしからぬ設定を持ち合わすキャラである。

 しかし、そんな設定すら霞んでしまうような設定があってね…。実は彼女、仕事をせずに殆ど人任せなNEETである。原作だと、八意 永琳やごころ えいりん)に任して、なかなか本人が重い腰を動かないし、求聞史記文花帖では博覧会などの様々なイベントを開くものの、あくまでも自分は手伝わず、あくまでもアイデア提供だけ(しかも、開催地と時間がいい加減。)。特に、うどんげっしょーでの自堕落ぶりは酷い。香霖堂の壁を破壊したり、竹の子が生えるほど長い間、昼寝をしてたり…。二次創作に至っては、NEETな生活をしている絵が非常に多い。

 これでも、本当にかぐや姫のヒロインですよ?姫だからといって他人任せにしすぎるのは、いけませんよ。もう21世紀なんだから、部屋で寝転がっていたり、殺し合いなんかせずに職安行って定職就いてください。

 

 まあ、そんなNEETな蓬莱山 輝夜だが、前回ほど酷くはないが、微妙な出来になってしまった。

 まず、腰ほどもある黒い髪。長い黒髪の長所を生かすために、整っているよりも細かく分かれるているように描いたんだけど、どうも上手くいかなくて…。髪の質感は出ていないし、なんかコードみたいな髪の毛になってしまった。う~む、長髪は昔から苦手だなあ…。なんか上手くコツがないのだろうか?

 次に、輝夜の渋い色のスカート。模様があまりにも酷いというのもある。だけど、それ以上に気になったのが、スカートのなびき方。ゲーム内で空を飛んでいることを意識して、スカートを大きめになびいている感じに描いてみたのだが、なんか座っているようにも見える。描いているときは、そこまで気になるものでもなかったけど、色塗ってみるとねえ…。自分の想像のように、思い通りにならないことは、非常に歯がゆい。

 そして、手に持っている蓬莱の玉の枝。ゲーム内でのスペルカード通り、7色カラフルにしてみたのだが、どうも枝の方が…。枝の本数が少ないゆえに、枝の無い部分に玉を描く事になってしまった。これは、本来5つの玉にする予定だったのだが、後で変更したから、枝が足りなくて・・・。ですので、後で付け加えたら、不自然な感じに…。

 

 さて、次回は三月精のキャラを描く予定だが…。

 ここ数回、どうも調子が悪くて…。西行寺 幽々子さいぎょうじ ゆゆこ)を描いて以降、上手く描けなくて困る…。

 どうにかして、調子を戻さないと…。

 

 


別窓 | イラスト | コメント:9
新たな居場所。
2009-05-28 Thu 18:46

 

 移転中…。

 

 使いこなすのに、かなり苦労をしている蔵間マリコです。

 このCURURUが閉鎖するのも、あと半年か…。長いような短いような。そんな間にも、皆さん、色んな所にブログを移転作業を行っているようですね。自分も、数日前からホームをFC2ブログに移動させて、新しいブログ『続・趣味人蔵間マリコの日記』を開設しました。う~ん、何か捻りの無いブログのタイトルだなあ…。自分としては、『趣味人蔵間マリコの日記2ndシーズン』とか『帰ってきた趣味人蔵間マリコの日記』とか『趣味人蔵間マリコの日記アンリミテッド』とか少しパンチの効いたタイトルにしようと思ったんですけどね。でも、そういうゴテゴテした装飾よりも、ナチュラルな方が自分らしいと感じたので、続・趣味人蔵間マリコの日記にしました。

 しかし、FC2ブログって、CURURUに比べると相当使い辛いような気がするなあ…。何ていうか、昨日がゴチャゴチャし過ぎている。投稿設定やブログのデザイン一つを決めるのにも、あまりにも細かすぎる。それなのに、訪問者数カウンターとかブログの記事の履歴のツールとかが置いていない。う~ん、CURURUは設定が大まかだから手軽に出来たけど、FC2ブログは安易に使えるようなブログではないな。だからこそ、出来の良いブログは、見栄えもかなり良いんだろうけど。だから自分のブログは、殆ど設定が出来てない…。

 FC2ブログを利用している先輩方さん、何か使いやすい訪問者数カウンターなどツールってありませんか?何か便利なのがあるのでしたら、ぜひ教えてください!!あと、ブログ仲間登録なんかもよろしく!!

 

 それにしても、CURURUの過去の記事をコピー・ペースト移動させている際に感じた事なのだが、昔の自分の記事って、相当酷いもんだなあと実感してしまう。黒歴史にしたいほどね。

 まず、文体と内容が非常に稚拙で口調が今と比べて、かなり荒っぽいし、やたらと批判する内容で無茶苦茶読みにくい。当時のブログ仲間(貼っちゃあいけないような画像を貼るようなブログ仲間。)の関係とか若干廃れた実生活もあるかもしれないが、右も左も分からなかった状態だったのから、殴り書きみたいな記事になったのかもしれない。でも、これじゃあ、内容が面白かろうがとてもコメントするような気にならないなあ。それで、少しでも読みやすくするために口調なんかを改善させて、ブログ全体に統一感を持たせたんだよな。自分で言うのは難だが、初期に比べるとかなり良くなっている。まあ、今でも稚拙な文章である事には変わりないけど。

 あと、記事の路線がかなり変わっているような気がする。昔から、漫画・アニメ・ゲームのレビューをしている事は変わりないけど、日常生活の記事の内容が相当路線が変わっているな。ごくごく真面目腐って書いていた内容が、途中から漫画・アニメ・ゲームを例えに出すことが多くなっている。まるで、ブログの中の人がまいにちいっしょの一般猫のトロからオタク猫のクロに徐々に変化を遂げた感じである。それに最初の頃の記事には、殆どと言っていいぐらい、ギャルゲーネタが登場してこないな。知らなかったというのもあるかもしれないが、あまり扱いたくないというのもあるかもしれない。今と違って、そういう趣味は中途半端にしか浸かってなかったからね。恥ずかしくて書けなかったのだろう。でも、現在はそういう事を恥じらいなくバンバン書いている。話題の幅が広くなったとはいえ、これってどうなのかなあ…。

 

 まあ、FC2ブログを開設しましたけど、基本、ここが閉鎖するまでこちらメインにブログを書きます。現行まで追いついたら、あちらも本格的に管理しないといけないけど。

 とりあえず皆さん、CURURUが閉鎖するまで『趣味人蔵間マリコの日記』をお楽しみください。そして、FC2ブログの『続・趣味人蔵間マリコの日記』を応援してください!!

 さて、これを書き終えたらコピー・ペーストを再開するか・・・。

 

 


 

 

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:12
多数派と少数派の境界。
2009-05-27 Wed 20:30

 

 家じゃないんだからさあ・・・。

 

 中に人がいて、ビックリした蔵間マリコです。

 今日の昼のこと。工事の警備も正午をかなり過ぎて、少しは腹の足しになるものと、そのエリアに行くと必ず立ち寄るラーメン屋で、昼食を済ませることにした。そこのラーメン屋は、漫画の数はかなりあるからね。ラーメンで出来るまでの暇つぶしには、持って来い。とは言っても、ほぼ毎回といって良いぐらいエルフェンリートを読むけどね。ちゅーか、そんなもの家にあるし、昼食の前に読むものじゃないだろ。どう考えても精神衛生上、確実に悪いぞ。

 まあ、冷や水飲みながら待っていたが、ちょっと尿意が近くなってきて…。仕事中は、トイレを行く機会が殆ど無いからな。ついでにと、トイレを済ませることにした。すると、ここでちょっとしたビックリドッキリがあってねえ…。トイレをあけたら、お年寄りが便座に座っていたんだよ。そりゃあ、もうお互いビックリだよ。俺は思いっきり扉を閉めて、自分の席に戻って、お年寄りが出るまで10分近く待たされてしまった。その間に、にんにくラーメンチャーシュー抜き豚骨ラーメンと餃子と炒飯が完成してしまったし…。

 だけどなあ、どうしてたまにトイレの鍵をかけない人がいるのだろうか?うちの会社にも、そんな人がいてね。30代ぐらいの人なのだが、いっつもトイレに鍵をかけなくて、たびたび驚かされることがある。本人は、家の人全員がそんな癖があるらしいのだが。いや、それは家だけにしてください…。

 

 まあ、世の中、多数派と思っていた行動や癖、趣向が少数派だったなんて事ありますよね?自分もそういう事、たびたびあったりする。

 例えば、エビの尻尾。ブラックタイガーとか、甘エビの尻尾なんか。あれって、凄く美味しいですよねえ。ぷりぷりっとしたエビの身とは対象的に、あのパリパリッとした独特の食感と口の中で広がる風味が最高。特にエビフライの尻尾なんか、身の部分よりも好きだ。揚げたおかげで、尻尾の匂いも香ばしくなるし、パリパリ感も増す。エビフライは、尻尾あってのエビフライだよ。ちなみに、自分は頭ごと揚げられている場合は、そっちも食ったりして。エビ味噌美味しいです。

 でも、このエビの尻尾を食べることが、どうもうちの家族には考えれないことらしい。エビの本分は、エビの身の部分であって、尻尾は意地汚いから食べないと。う~ん、そういう問題じゃなくて、普通にエビの尻尾美味しいんだけどなあ…。あと、これから添え物のパセリの話に発展したら、カブトボーグV×Vだな。何時も思うけど、不必要な件が多すぎるぞ。それが、カブトボーグV×Vのウリだけど。ああ、これも不必要な件だ。

 それとか、3秒ルール。あなたは、どれくらいまでが3秒ルールOKで、どっからがNGですか?自分は、ポテトチップスとか煎餅みたいな水気の少ないお菓子やフライや天麩羅みたいな揚げ物あたりはセーフだけど、水気があるお菓子や煮物とかみたいな物はアウトだね。水気の少ないものは、埃とかゴミが付きにくいからセーフかなあとは思うんだけど、煮物とかは水気の多いものは、ゴミが付着するからねえ。まあ、揚げ物は大好きだからというのもあるが。

 

 さて、皆さんは多数派だと思っていたが、マイノリティーだったという経験無いだろうか?

 あったら、ぜひ教えてください。楽しみにしてますので。

 それにしても、最近は、こういう日常生活ネタが多いなあ・・・。

 ネタ不足というのあるけど。

 

 


別窓 | エルフェンリート | コメント:11
昼食の悲劇。
2009-05-25 Mon 20:36

 

 もう、最悪…。

 

 うどんげうどんは冷たいに限る蔵間マリコです。

 今日は、仕事も無く非番の日(ホント、今年に入ってから多い気がする。不景気の影響だからといっても、これは厳しい。)。とは言っても、いつでも出れる準備をしておかないといけないけどね。まあ、本日はお呼びがかからなかったが。だから、家の中で一日中ゴロゴロして、東方でシューティングの稽古をしたり、途中まで進めていたギャルゲーを攻略してたり、今期のアニメを消化していた。まさしく、自堕落という言葉が相応しいかもしれない。

 だけど、そんなグータラな生活をしていても、やはり腹が減るもの。家には、即席麺も冷凍食品も無い。だから、近くのコンビニで鈴仙・優曇華…、冷たいうどんとから揚げを買った。温泉卵が入ったのを。やっぱ、コンビニ冷たいうどんを買うんなら、温泉卵がついてるの買わないとね。

 で、その冷たいうどんを食しようとしたのだが…、ちょっとここで悲劇が。醤油出汁やら山葵やら天かすやらを入れて、最後に好物の温泉卵を落として、混ぜ混ぜ…。しようと思ったら、肘に何かが当たった感触が。そして、足元からベチャという嫌な音が。自分は、それを確認した。すると、温泉卵が割れて、ベチャベチャになったではないか!!しかも、ジーンズにまで飛び散っている。

 自分が当たりそうなところに温泉卵を置いていたから、自己責任とはいえ、これはショックだったわ。コンビニの冷たいうどんは温泉卵が入っているから美味しいのに、入っていないコンビニの冷たいうどんって…。それじゃあ、セイラの乗るガンダム、サイが操縦するストライクガンダムじゃないか。あああ…、冷たいうどんが唯一の楽しみだったのに…。

 

 しかし、それにしてもここ最近、食べ物の事で失敗が立て続けにある。いくらドジな自分としても、有得ないほどに。

 例えば、マクドナルドで注文したレモンティー。普段は、ウーロン茶かオレンジジュースを頼むんだけど、その時は珍しくレモンティーを頼んだ。それで、飲んでみてはいいものの、なんだかレモンの匂いも味もしない。どう考えても、ただのストレートの紅茶。「もしかして、マックの紅茶って、こんなものなの?」と疑問に思っていたら、袋の中にごみを捨てようとしたら、中にレモン果汁のパックとガムシロップが入っていて。どうやら、最初から混ざっているわけでなく、これらを紅茶の中に混ぜるようであった。なんか、少し悲しい気分になったよ。

 だが、レモンティーの悲劇はまだマシな方。カップ麺の時は、もっと酷い目に遭わされてしまった。まあ、その原因はラーメンの汁に御飯を混ぜたことなんだけどね。毎回、ラーメン食べた後、ご飯をおじやにして食べるのが至福で…。見た目は汚いけど、それが美味しくて辞められない。

 それで、いつものようにご飯を混ぜたんだけど、なんだか味がおかしくて。なんて言うか、すっぱい。別に、元からスープが酸っぱかった訳じゃあない。ご飯入れてから、急に酸っぱくなったのだ。もしかして、古い御飯?いや、昨日は冷蔵庫の中に御飯なんて入ってなかった。自分は、よく考えてみた。そして、一つの結論が出た。

 それは、前日の夕食が手巻き寿司だったということである。その手巻き寿司の酢飯を、気づかないでラーメンに混ぜたということである。そりゃあ、不味くなるのも当然のはず。それに気づいた途端、なんか腹の調子が悪くなって…。おかげで、その日は何やっても、空回りの状態であった。

 それにしても、ラーメンに混ぜる前に気づかなかったのだろうか?匂いとかで。俺って、つくづく間抜けだな。

 

 あ~あ、どうしてこうも食べ物のことで、災難が続くのだろうか?

 どれも、自分が慌てていたのが原因だけどさ。

 自分の駄目さ加減に嫌になっちゃう…。

 

 


別窓 | 趣味人の日記 | コメント:11
心の壁。
2009-05-24 Sun 16:15

 
 画像が荒くてすんまそん。
 
 何時もの癖がでてしまった蔵間マリコです。
 いや~、あると思わず衝動買いしたくなるんですよねえ。期間限定のタイアップ商品。今回買ったのは、超名作ロボットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破』の広告付きUCCコーヒー。今日の午前、ローソンに昼飯の弁当を買いに行ったら、どっさりと置いてあったんだよ。で、思わず全種類買ってしまった。ホント、ここ最近、こういうドリンク系のタイアップ商品を良く買うな。FF?CAといい、ディシディアファイナルファンタジーといい、モンスターハンターポータブル2ndGといい…。やたらと冷蔵庫の場所を喰うから、毎回親から愚痴をこぼされることのも。定番になってきたし。
 とりあえず画像の左から、渚カヲル第1使徒アダム綾波レイEVA零号機碇シンジEVA初号機式波・アスカ・ラングレーEVA弐号機真希波・マリ・イラストリアスEVA5号機ぷちえう゛ぁ碇シンジ綾波レイ三姉妹長女、惣流・アスカ・ラングレー渚カヲルエヴァンチョー)。名前が微妙に違ったり、よく分からん眼鏡っ子が追加されていたり、よく分からないデフォルメキャラが描かれているけど気にしない。これがヱヴァンゲリヲンエヴァンゲリオン)の仕様だから。
 それにしても、エヴァはUCCコーヒーとのタイアップがお好きなよう。単純に商品タイアップだけでなく、作中に描かれていたりする。前作の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 序』では、葛城ミサトが買い物をするシーンで買っていたり、シンジが引越ししたばっかりのミサトのゴミダメ部屋のゴミになんかにもあった。更に旧作にも、そのような描写が。特に有名なのが、加持リョウジが死んだ後、酒断ちした代わりに自棄になって缶コーヒーを飲んでいるシーン。もうこれは、ファンの間では話題の種の一つである。ミサトさん、どんだけUCC缶コーヒーが好きなんですか?多分、「サービス、サービス。」なんだろう。
 だが、これを全部飲まないといけないか…。どっちかというと、コーヒーは甘いのよりも、微糖かブラックのほうが嬉しいんだけど…。全部飲んだら、虫歯になりそう…。
 
 しかし、どうしてこうもヱヴァンゲリヲンは面白いのだろうか?
 自分がエヴァを初めて見たのは、高校に入ったばっかりの頃。それ以前は、エヴァの存在は知っていても、見る機会なんてなかった。広島じゃあ、エヴァは放送されていなし、ロボットと言ったらガンダムダイナミックプロ、あと勇者王シリーズのイメージが強かったからな。だから、見る機会なんてなかった。
 そんなところに、友人のお勧めとして貸してくれたのが、エヴァのビデオ。最初は非常に特殊な内容に躊躇っていたけど、見ているうちにドップリとはまってしまった。謎だらけの設定に、他のロボット(本当は人造人間なのだが、それを突っ込まないのはお約束。)とは一線を画したデザイン。これを見て、自分の中の世界が如何に狭かったのか実感させられたよ。
 それからというものの、エヴァには色々とはまったもんだ。スーパーロボット大戦で登場した時は、かなり高い優先順位(ガンダムダイナミックプロの次ぐらい。)で使用するし、たびたびグッズなんかも買ったりする。その中でも、新作劇場版ヱヴァは印象的である。世間の評判がすこぶる良く、エヴァフリークとして自分も見に行ったが、もう凄すぎて映画館が出た後は、直後は何も喋れなかった。それから、しばらくして「ひゃー凄い、感動の嵐!ヱヴァってなんてパワーなんでしょ!!」と思うほどの出来だったからねえ。これを見ていない人は、人生の400%損しているぞ。
 やはり、エヴァはロボットアニメの最高峰の一つだな。日本という国に生まれてよかった。
 
 さて、来月は新劇場版ヱヴァ2作目が1ヶ月ちょっとと迫ってきた。
 そろそろ、上映される部分の復習と新作劇場版1作目を見直すためにもレンタルビデオ店で借りようかな?
 新キャラと新設定、それがどのように生かされるのか、楽しみ楽しみ…。
 
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:14
東の脱兎。
2009-05-23 Sat 15:16

 

 

 独特すぎるから、難しい…。

 

 東方の漫画は、うどんげっしょーが一番面白いと思う蔵間マリコです。

 毎週1キャラがノルマな同人弾幕シューティング『東方Project』のイラスト。さて、今週のキャラクターは、漫画『東方儚月抄』より、『レイセン』を描きました。鈴仙・優曇華院・イナバれいせん・うどんげいん・いなば)と同じ名前を持ちますが、別のキャラですよ。こっちのレイセンは、本家とは違ってドジなキャラ。月から逃げる際、スペースデブリに当たったり、綿月豊姫わたつきのとよひめ)に踏まれたりとあまり立場上良くない。しかも、話が進むにつれて空気化が進むし…。何か哀れである。作者の構成力がアレと言うのが大きいけど。

 さて、東方の漫画と言えば、東方三月精(白版・黒版)、東方儚月抄(秋☆枝版・うどんげっしょー)と4作あるけど、個人的に一番好きなのはうどんげっしょーだな。他の東方作品とは違って、ZUNの影響力の弱い作品(うどんげっしょーのみZUNは原案。他作品は、原作。)で、作者のアイデンティティが上手く引き出されている。それにZUN風味のパロディもパンチが効いているしね。特に、『兎地獄たち』と『光翼型近接支援残酷戦闘姫』のくだりが笑えた。シューティングしない人、このネタ分かるのかなあ…。

 次に、三月精(黒)かな?三月精(黒)は、ゲーム内だとあまり描かれていない幻想郷の日常生活を活きと描いているし、そこまで東方の事を知らなくても、読めるしね。東方求聞史記同様に世界観の保管には持って来い。敢えて欠点を言うと、顔が全員同じ描き方と言うことかな?まあ、慣れればそこまで気にならないが。

 残りの三月精(白)と秋☆枝版儚月抄は…。ご愁傷様です…。ちょっと酷いから、あまり話したくない…。

 

 まあ、そんな儚月抄レイセンを描いたけど、う~ん、どうも今一つな出来。

 まず、作中内のレイセンのデザインに似ていない。作中内だと、秋☆枝の量産型キャラの五部分けの髪型なのだが、どうも上手く描けなかった。どっちかと言うと、GUNSLINGER GIRLヘンリエッタの髪形に近い。多分、月の兎の特徴であるウサギの耳を描かなかったら、誰か分からない。秋☆枝の作画はかなり独特(悪く言えば、雑。求聞史記は、丁寧だったのに…。)なのに、それと逆のベクトルを行く量産型なデザインを描くのは非常に難しい…。

 次に、レイセンが抱えている月製の銃剣。儚月抄の作中で描かれている銃剣のデザインを簡素に描いてみたが、なんか寂しすぎる…。別に、礼式用の銃剣みたいに紋様が描かれている様な洒落たものは描けるとは思っていない。だが、せめてなんかいかにも武器らしいいかついデザインで描きたかった…。もっと資料を集めればよかったかな?

 他にも、顔の輪郭が普段とは違ったり、奥行き感が上手く表現できていなかったり、表情が微妙、体のラインに違和感があったり…。シンプルなデザインだから、描くのに時間はかからなかったのだがなあ…。悪いところが多すぎる。最初から描き直せば良かったかな?

 

 なかなかイラストの腕前がないなあ…。

 かれこれ、2年半以上描いているから、ある程度は上手くなっていると思うけど、ブログ仲間に比べるとまだまだだからなあ…。

 他人のイラストを見て、勉強して頑張るしかないか…。

 

別窓 | イラスト | コメント:7
仲間達との絆。
2009-05-21 Thu 20:41

 

 どうせなら、掲載時に描いてよね…。

 

 スキージャンプ漫画を激しく応援している蔵間マリコです。

 このブログの読者の皆さん、あれを買ったであろうか?エルフェンリートで大人気を博した人気漫画家・岡本倫の現在連載中のスキージャンプ漫画『ノノノノ』の最新6巻を。もちろん、自分は発売日(広島は、一日遅れだったが。)に買いましたよ。いや~、やっぱり6巻は面白いですねえ(この言葉を使うのは少し変だが。)。あの鬱になりそうなノノの暗い過去が描かれていて。明るくて希望のある過去よりも、陰鬱で救いようのない過去。これこそ、たんの漫画の真骨頂ですわ。

 しかし、今回は不満点があるんだよなあ…。その不満点と言うのは、加筆修正を加えた部分である。普通、加筆修正は掲載時に不自然だったり、描ききれなかった部分を補完するために行うのだが、それが適正ではない。書き下ろしの部分に、重要な場面を描いてるからだ。アホ毛コンビの一人、真岡の過去を。いくらなんでも、酷すぎる…。これじゃあ、単行本を買っていない人と話題するとき、話が噛み合わないじゃないか…。エルフェンの時からそうだったけど、どうせならどうでも良い部分を加筆修正をして欲しかったよ。それか、掲載時にすでにその部分を描いておくとか。作画と加筆修正。これが、たんの当面の課題かもしれない。

 さて、愚痴はこれぐらいにしても、毎週のアレに行きますか。

 

 第74話『君がいるから

 

 『以上で―――、一本目の競技を終了いたします。二本目は10時30分開始の予定です。』

 外では、すでに次のジャンプの準備のための雪固めが行われていた。悠太もアナウンスに気づいたのか、仮設トイレから出てくる。だが、ジャンプの恐怖の落ち込みからは回復しておらず、泣き過ぎたのか顔も真っ赤だ。

 岸谷は、そんな落ち込んでいる悠太に交渉をする。それは、自分がインターハイを辞退し、代わりに悠太が出場することだ。岸谷も実感していたようだ。練習をサボっていたツケが回ってきたことに。しかし、悠太は断る。もし、それが本心で言っていることなら、友人の縁を切る。怪我や病気でも欠場するな。IHに出場したいのは自分だけじゃない。それを無碍にする事は、出れない者を侮辱することだ。

 悠太は、自分の不甲斐なさに会場から逃げ出すのであった。

 

 「私…、もうダメだ…。ジャンプが怖い…。」

 父に教え込まれた方針がへし折られ、悲しみにくれる悠太。その涙で潤んだ瞳は、遠くに見える会場を見つめる。

 すると、背後から暁が現れる。どうやら、気分転換に来たようだ。悠太は、暁にもうジャンプが出来ない事を告げる。怖さのあまりに。それを聞いた暁は呆れる。その反応に、悠太は驚きを隠せない。

 暁は、一人の金メダルを取ったベテランジャンパーの話をする。彼が引退した時、インタビューにこう質問された。『これからも趣味でジャンプを続けますか?』と。その質問に、彼は意外な返答をする。『冗談じゃない。もうこんな怖い思いはこりごりだ。』。一流の選手ですら、恐怖と言う感情はある。それに気づいてなかった、感じなかったお前は、まだ未熟だ。それを乗り越えれば、どうにかなる。しかし、それでも尚、悠太は20m差という絶望的な現実に目を背いてしまう。

 そんな落ち込みから立ち直れない悠太に、暁は悠太の肩を持つ。そして、抱きついた。「少し落ち着け。」、暁は悠太に励ましの言葉をかける。

 

 「本当に…、こんな所であきらめてもいいのか?いいか?相手の飛距離なんて関係ないんだ。たとえどれだけ差がついていても…、ジャンパーに…、自分にとってベストのジャンプをすること以外何が出来る?おれたちがしているのは格闘技じゃない。野球でもサッカーでもない。ジャンパーの目の前に敵はいないんだ。自分一人だけで飛ぶ。駆け引きなんて必要ない。おれたちの前にあるのはただ空と…、自分自身だけだ。ジャンパーにとって最大の敵は自分自身だ。そしてお前は、自分の怯えに負けている。まして皇帝に勝てるわけがない。敵は、お前の中の恐怖だ。野々宮は今までなかった感情に驚いているんだろう。だが、そのことに気づいて恐怖と共存できた時…、お前は前より強くなれる。一緒に…、オリンピックへ行くんじゃないのか?おれたちの相手は世界だ。なのに、たかが高校の剣大会…、まして学校内の枠争いで負けてしまう。お前は、その程度の奴なのか?お前には、その程度の想いしかなかったのか?」

 

 悠太は、思い出す。あの日、兄と約束した事を。金メダリストになる。彼の勇気付けの言葉に、落ち着きを取り戻す悠太。

 それから、少し遅れて岸谷が現れる。どうやら一部始終を眺めていたようだ。岸谷は、一緒にIHを目指すと約束するためにお互い拳と拳を小突く。それとこの様子を見ていた人間がもう一人。興絽みかげだ。みかげは、二人の抱擁の邪魔をしたくないと自分の感情とは逆のことを言ってしまう。だが、彼女も応援している。悠太が、IHに出るためにも。

 悠太は、暁に言う。うそつきだと。ジャンプは、一人で飛ぶものじゃない。仲間に支えられて飛ぶものだ。それを聞いた暁は、安心するのであった。

 皇帝との距離、20m。さて、この距離から逆転するのであろう!?

 

 今週は、ちょっと書ける事が少ないな。いつもよりも、アクション数が少ないからな。どうも、こういう回は、感想が非常に書き辛い。エルフェンリートの時もそうだったけど。

 さて、落ち込んでいる悠太を慰めに行ったが、なかなか良い例えを出してくれるな。自分は、ジャンパーの引退インタビューなんか聞いたこと(あったとしても、記憶にないのかも。)ないから、状況など分からないが、確かに選手の答えには納得できる。そりゃあ、生命保険に入っていないと出来ない競技に、目的を達成した後もできるわけがないだろう。国の威信をかけたプレッシャーなんかもあっただろうし、自己のプライドの損失(ジャンプの選手は、ジャンプ台の上で緊張のあまり失禁することがあるらしい。)なんかもあるんだから。多分、倫たんは調べたんだろうなあ。参考文献とか、当時のニュースとか。これは、説得力がある。

 次に、暁の悠太への励ましの言葉。長い長い長い、ページ数はそこまで取ってないけど、とにかく長いです。だが、いい励ましの言葉だと思う。今まで、悠太が信じてきた恐怖に対する克服法とは違ったもの。その恐怖を認めること。確かにそう思わないと、冷静になれないだろうな。人間が人間である以上は、感情と言うものがあるのだから。恐怖を克服しろなど、機械になれと等しいからね。無理に決まっている。もう、こうなったら自分のベストを尽くすしかないと開き直るしかない。もし、これで負けたとしても後悔しないしね。これに後悔したのが、ノノの親父と言うことか。もし、ノノの親父が暁の言葉を聴いたらどう思うのだろうか?非常に気になる。

 それにしても、この二人が抱きついているところを知らない人が見たら、変に思うだろなあ。本当なら男となんだから別におかしくないけど、ノノは周りに気づかれないように男装している。だから、下手すると、そっちのけがあると勘違いされるかもしれないぞ。本当に、暁にそっちのけがある可能性も無くもないが。

 あと、みかげはツンデレすぎ。やはり、ギャルゲーみたいなキャラ。

 

 さあ、落ち着きを取り戻し、奇跡の逆転を信じて…。

 と言いたいけど、来週はノノノノは休み。あ~あ、来週は憂鬱…。

 

 ノノノノ 74話の評価

 

 満足度 ☆☆☆

 スポーツ度 ☆☆☆

 友情度 ☆☆☆☆

 

 


別窓 | ノノノノ | コメント:8
電子遊戯場の今昔。
2009-05-20 Wed 19:04

 

 最近は、敷居が高いよなあ…。

 

 ゲームセンターは、最大のストレス発散の場所だと思う蔵間マリコです。

 本日も、いつものように警備の仕事。工事現場の作業車を誘導し、一般車両と通行人の邪魔にならないように注意する。普段の仕事となんら変わらない。しかし、下手すれば、事故になる可能性のある仕事。それに寝不足とか人間関係の難しさとかで、ストレスは臨界点に。これ以上、我慢できない。だが、そんな時こそ、ゲームセンターでストレス発散を!!

 いや~、ゲームセンターほどストレス発散できる場所はそうそうないですよ。あのテンションの上がる独特の雰囲気に、家じゃあ出来ない筐体でのプレイ、知らない人との対戦やスコアの競い合い。これがあるから、ゲーセンに毎日通うのがやめれない。

 今日は、ガンダムVSガンダムNEXTは6連勝と絶好調だったし、怒首領蜂 大復活は1週目5面フルコンボと300億越えと自己新記録も叩き出せたし。おかげで、溜まりに溜まったストレスが発散出来て良かったよ。明日も、ちょろっと遊んでストレス発散しようかな?

 

 しかし、ゲームセンターでゲームをプレイして、たびたび思うことがある。なんか、最近のゲーセンのゲームって、なんか取っ付き難いのが多いなあと。

 どうも、自分がゲーセンに行くたびに、かなり高い確率で一定の台に固定客が多くて、逆に、たまたま市内に出かけたついで、暇つぶしに来たような人があまりいないような気がする。何故だろうか?自分が思うに、ビデオゲーム全体が昔に比べて、複雑化・難易度が上昇しているから、手軽にやろうと言う感じにならないんだろう。

 格闘ゲームにしても、ゲームのシステムがやたらと難しいし、無限ループとかデスコンボが出来て初めて対戦できるような敷居の高さ。シューティングゲームはシューティングゲームで、パッと見じゃあ、絶望感を漂わせる弾幕シューが主流である上に、シューターに媚びる為に実際問題難易度も上がっている。上でも言った、ガンダムVSガンダムNEXTですら、連合VSZAFT時代程でもないが、結構本腰を入れないと出来ないゲームだしな。

 それを考えると、昔のゲームって、そういうことを考えずにプレイできるゲームが多かったような気がする(もちろん、ドルアーガの塔魔界村みたいに本腰入れないと出来ないゲームもあったが。)。ベルトコンベア型アクションゲームの名作・双龍ダブルドラゴンと読んでください)とか、かわいいねずみの警官が盗品を奪い返すアクションゲーム・マッピーとか。特に、タイトーの代表作とも言える、バブルボブルは楽しかった。

 ポップでキュートで視覚的に受け入れやすいキャラクターのデザインに、あまり上手でなくても10分は遊べるほどのゲームバランスの良さ。かと思ったら、後半は頭の痛くなるような難易度である上に、裏面なんかも存在するから、ヘビーユーザーでも取っ付ける内容。自分の中では、グラディウスと並ぶ好きなレトロゲームの一つだ。

 5歳ぐらいの頃だったかな?親戚の家の近くのゲームセンター(とは言っても、少し大きめなスーパーの2階とかにある、ゲーセンと言えるのか怪しいようなものだったが。)で、初めてゲーセンのゲームをプレイしたな。それが、このバブルボブル。当時は数回程度しかプレイしなかったから、あまり記憶に残っていなかったが、物凄く楽しかったことだけは覚えている。多分、これが切欠だったんだろうなあ。自分が、ゲームセンターの面白さを知ったのは。

 

 ホント、昔は数回程度のプレイで味の出るゲームが多かった。でも、今じゃあ、ゲーセンで遊ぶユーザーのレベルが高いからなあ…。情報が簡単に手に入る時代だから、物足りないだろうし、こういうのって流行らないんだろうね。たまには、こういうのでゆったりとプレイしたのに…。少し、寂しい気がする…。

 まあ、暗い路線に持ち込みたくないから、最後に皆さんに質問。皆さんがゲーセンで初めてプレイしたビデオゲームって何ですか?世代によって、何か色々と面白そうな答えが聞けそうです。

 と言うことで、次回もよろしく!!

 

 


別窓 | 趣味人の日記 | コメント:17
睡魔と不眠。
2009-05-19 Tue 20:41

 

 眠い眠い眠い眠い…。

 眠れない眠れない眠れない眠れない…。

 

 最近、生活サイクルがおかしくなっている蔵間マリコです。

 ふあ~あ、ホント、ここのところ、昼が物凄く眠いです。春眠暁を覚えずとか、五月病の類とかみたいに、集中力の乱れから来ているようなもんじゃないんです。なんていうか、10時ぐらいになると頭がガンガンしてきて、目がしぱしぱして、思考が鈍くなるっていうか…。昼になったら、昼になったでますます悪化するし…。だから、自分も一応は対策を取っているのだが。朝のバスで、仮眠して体力を温存したり、眠眠打破を飲んだりして、ブラックコーヒーを飲んでいるだが…。どうも効果が薄くて…。それに、トイレに近くなるし…。社会人とあるものが、酷い睡魔に襲われるなんて本当に情けない。何時か、事故に会いそうで怖いよ。

 まあ、そんな困った事が起きているんですけど、夜は夜で問題がある。寝れない。何故か寝れない。昼は、あれだけ眠かったはずなのに、夜になるとどうも目が冴えて、眠れなくなるんですよ。仕事で、体が疲れているというのに…。別に、夜遅くまでPCやっていたり、ギャルゲーを攻略しているわけじゃない。ちゃんと、ベッドで横になっているぞ。それなのに、3時近くまで眠くならない…。

 う~ん、困ったなあ。昼は昼で眠たい。夜は夜で眠れない。このまんまじゃあ、悪循環が続きそうだ。とりあえず少しでも早く寝て、昼、船を扱かないようにしないと。そうじゃないと、体も持たないし、仕事もままならない。もう、こんな生活、どうにかしたいよ!!

 

 で、皆さん、ここで質問です。皆さんは、夜、眠たくても眠れない時って、どうしてますか?

 自分は、とりあえず2つほど対策を講じているぞ。一つ目は、牛乳を飲む。これを実行している人は多いかもしれませんけど、意外に効果があったりする。牛乳には、リラックス効果があるとかうんたらとか。でも、実際のところ、そういうリラックス効果とかより、牛乳を飲んで眠れるぞという自己暗示のほうが、ウェイト的に重たいのだが。ただ、この方法をやって、眠れないから非常に困っている。

 もう一つの方法は、巻数がやたらと長い漫画を続けて読む。たとえば、ジョジョを一気読みするとか。とてもじゃないが一晩で読めない漫画だから、そういうのを最後まで読もうと言う気持ちで読むと、だんだん疲れて眠れるんだよね。これのおかげで、いつもは宇宙まで放り出されたカーズが考えるのを止める所前後で、眠気のあまり考えるのを止めて力尽きる(今はなかなか寝れなくて、カイロでホル・ホースが自滅するところまで読んでしまう。)。長ければ長いほど、効果はある…、と思う。逆に、巻数が短い漫画とかはお勧めできない。巻数が短いと、別の漫画を取りにわざわざ起きないといけないからな。そのたびに、体を動かすから頭が冴えてしまうからね。出来るだけ巻数が長い漫画を選ぶのは、それが理由である。

 しかし、それでも寝れない。そういった時は、どうするのか?そういう時は、ひたすら寝ることだけを考える。何もしない。ただ、目を瞑って横になるだけ。どうせ寝れないなら、ゲームやって無駄に体力を使うよりも、横になって体力を少しでも回復させた方がよっぽどである。まあ、これが本当に最終手段だからな。ここまで追い詰められているから、どうにかしたい。

 

 う~ん、こんな状態で今日は眠れるのだろうか?

 もしかして、なんか心にでも突っかかっている事でもあるのかな?それとも、何かの病気?

 どちらにしろ、早く解決したい…。

 

 


別窓 | 趣味人の日記 | コメント:13
| 黒のノエル。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。