FC2ブログ
現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
理解できない何か。
2009-02-01 Sun 16:35

 

 icon レコア・ロンドのお題

 理解できない異性の行動は何ですか?


 ネタが無い時に頻繁に利用する、今週の御題のコーナー!!

 さて、今週の御題は『理解できない異性の行動』。う~ん、理解できない異性の行動ねえ…。やっぱり、アレかな?どんなところでも井戸端会議を開くというところだろう。仲の良い女性が数人が集まれば、あっという間にお喋りが始まる。公園であろうが、コンビニの手前であろうが、電車の中であろうがお構いなし。そりゃあ、迷惑をかけない場所なら別に問題ないけど、公共の交通機関でワイワイ話されちゃあねえ…。話したいのは分かるけどさ、せめて場所を弁えてくれ…。

 あと話と言えば、女性って妙に真偽が良く分からないような噂話が好きだよね。昼とかに放送されるワイドショーとか銀行とか病院とかによく置いてある写真週刊誌とか。ああいうのも、ちょっと自分には理解できないなあ。そりゃあ、経済とか情勢とかのみたいに自分の生活に影響するような事件なら納得いくが、別に芸能人が不倫しただの、有名な人が税金払っていないだの、どうだって良い事に興味を持つからねえ。正直、自分から言わせてみれば面白いとは思えないぞ。そんなものを見ている暇があるなら、蟻の観察をした方が楽しいとは言い過ぎだけど、某所で買ったライトノベルを読んで時間を潰したの方が楽しいよ。

 なんだか、女性と言う生き物の趣味が良く分からないよ…。買い物とかにも時間がかかるし…。もっと、手短に済ませばいいものの…。

 

 とは言え、どうやら自分ら男性方々も女性には理解されない趣味とかもあるようだ。

 例えば、プラモを組み立てる趣味とかが良い例だな。よく漫画とかアニメであるじゃん。「そんなもの組み立てて面白いの?」的な。そんなことをうちの母とか親戚のねーちゃんに何度言われた事やら…。それで大体は掃除中にプラモを落として、壊れてしまった事を適当に誤魔化して、ばれたらばれたで言い訳をする。掃除するなら、ちゃんとどかしてから掃除をして欲しいもんだ。プラモはただの玩具じゃないんだから。そう言えば、げんしけんでも似たような状況があったな。必死に作ったHGグフの脚の関節部分をポッキリ折られるっていうのが(そのグフを作ったのは、女性のオタクと言うのは別に置いて。)。やっぱ、そういうのに興味の無い女性には、その程度にしか見られてないのかもしれない。男は、何時になっても心は子供ですよ。

 あと、収集癖なんかも変に思われているらしい。別に、自分みたいなフィギュア集めているとかそういうのに限ったことじゃない。切手とか、コインとか、鉄道の模型などもそうだ。特に、廃版になっていたりなかなか手に入らないものを入手できたりすると、一段と嬉しい。男性って、ある種の支配欲の強い生き物だから、こういうのを集めて囲まれることに幸せを感じるんだよ。女性は、どっちかと言うと現実主義だからね。こういうのに、時間をかける人ってあまりいない。そういうのに時間をかけるよりか、服でも買って機能性を重視する人の方が多いだろう。

 

 実際、上で書いているような女性像は間違っている、それは偏見だと思う人もいるかもしれない。そうだったとしたらすまないと謝りたい。ただ、あくまでも自分の中での女性のヴィジョンと言う事なので。

 まあ、どちらにしろ男性と女性って理解できない部分があるんだろう。まるで、レコアの気持ちに応えれなかったシャア、女性ばかりで構成されているシュラク隊の教導隊長のオリファーが、彼女であるマーベットが嫉妬しているのに気付かないと同じように。

 そういうのに疎い自分は、きっと彼女なんてできないだろうなあ…。やっぱり、二次元の彼女だけで十分ですわ。

 

 


スポンサーサイト
別窓 | 今週の御題 | コメント:9
| 黒のノエル。 |