現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
真月譚月姫がゲーセンに!?
2005-04-12 Tue 10:11

 

 私を殺した責任、ちゃんと取ってもらうんだから。

 

 月姫に出てくる吸血鬼月詠とかに出てくる吸血鬼を断じて吸血鬼と認めない、蔵間マリコです。

 なぜ、あのどうみても、ギャルゲーにしか見えないゲームの格ゲーがゲーセンに置かれるのやら。

 私、蔵間マリコは、絶対に上二つは吸血鬼だとは断じて認めません。

 なぜなら、自分の中の吸血鬼の定義は、

 

 ? どっかの洋館に住んでたり、普段人の寄らない場所に住んでいる。

 ? 血を吸わないと、体に支障をきたす。

 ? 真祖の吸血鬼と言えど、死ぬ。復活はしない(は例外。強いから)。

 

 以上のことを踏まえて、絶対、アルクェイドとかは吸血鬼とは断じて認めません。

 だって、どうみても、吸血鬼の能力をフルに活用してないし、かっこいいわけでもないじゃん。

 やっぱり、吸血鬼と言えば、バンパイアハンターDとか、彼岸島とか、ブレイドブレイドとか、悪魔城ドラキュラにでてくるようなやつとかが、自分の中のバンパイアだと思います(GANTZの黒服集団はちょっと認めたくない)。

 上二つは、マジな吸血鬼じゃないし、月姫に出てくる遠野志貴とかみたいな、神に力を分け与えられたような主人公は嫌いです。未来を切り開くものは、特別な力を持ったものではなく、未来を望む者だと思います。なんか言ってる事が、機動新世紀ガンダムXッぽいこといってすまん。

 

 ちょっと、言いたい事はいえたので今日はこれまでにしておきます。

 まあ、ゲーセンにいってあったら一回やってみるよ。

スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:2
| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。