現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
エルフェンリート黙示録
2005-04-07 Thu 14:59

 

 12番が崩落する!!

 

 今週のエルフェンリート意味不明でしたね。蔵間マリコです。

 今日は、再び週1連載になったバイオレンス系萌え漫画『エルフェンリート』の感想を述べます。

 そのまえに、なぜ、蔵間マリコエルフェンリートが好きになったか、理由だけは説明させていただきます。

 とりあえず、以下のような理由で。

 

 ? 連載開始1話目の如月ルーシーに殺害されるところが非常にショッキングだった上に、そのあとの、コウタたちが浜辺に流れ着いたにゅうを発見したときの角に対してさらに衝撃を受けたから。

 

 ? ナナ様最高!!EL07の初登場時から、萌えました。そのあとのルーシーとの死闘もイイ!!ナナ様のことを語るときりがない!!

 

 ? この漫画のギャップ。萌えの時とバイオレンスの時のギャップ、鎌倉と研究所の現実感と非現実感のギャップ、にゅうルーシーの人格に対するギャップetc・・・

 

 まあ、こんなかんじですわ。

 最近、萌えを捨ててバイオレンスに走ってますね。自分もそれでもいいんですが、たまにはナナ様やマユユカ女王蜂を出しましょうや。

 

 さて、今週のエルフェンリートの感想を。

 今週のエルフェンリート、先月以上にショッキングでしたね。先月は、クローンたちが研究所で暴れに暴れたのもすごかったですが、今週のエルフェンリートのあの自衛隊たち何?制圧兵器って何?12番って何?

ものすごく謎だらけな話でした。なんか突然新キャラクターが登場するし、前触れもなしにディクロニウスに対する制圧兵器を使うって・・・、そんなのあり?しかも、12番っていったい何なの?ディクロニウス?それとも、風の谷のナウシカ巨神兵?まあ、そんな印象を受けましたわ。

 とやかく、今週だけじゃあ、なんとも言いがたい週でした。

 

 そういえば、今週のエルフェンリート、全員新キャラクターだったな。

 

 今週のエルフェンリートの評価

 

 満足度 ☆☆☆

 謎度 ☆☆☆☆☆

 ナナ様最高!! ☆☆☆☆☆

 

スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0
| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。