現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
機動戦士ガンダムSEED DESTINYの感想
2005-04-03 Sun 16:07

 

 ザクとは違うのよ、ザクとは!!

 

 はい、ザクとは違います、蔵間マリコです。

 今日は、昨日あった、機動戦士ガンダムSEED DESTINYの感想を述べたいと思います。

 その前に、広島県では、他の県とは違って1週間遅れでアニメがありんす。なぜ、広島県は、アニメで、有名にさせたいはずなのに、やっている番組は少ないし、あったとしても、1週間遅れとかが多くて、広島県ではまだSDガンダムフォースがあるし、本当にアニメで、有名にする気があるのか疑問にあります。個人的には、千葉TVみたいに、エルフェンリートが地上波になったりしてほしいし、もっと、番組数を増やしてほしいです。

 

 愚痴はこれまでにして、今度こそ、感想を述べます。

 まず、キラ・ヤマト強すぎ!!確かに、そりゃあ、シン・アスカとかステラ・ルーシエとかよりはるかに強いのは納得いきますが、あそこまで強すぎると、北斗の拳南斗水鳥拳を使っているレイみたいな印象を与えて、あそこまで強すぎるのは、どうかなあと思います。Zガンダムアムロ・レイクワトロ・バジーナもあそこまで強くないのに・・・

 

 次に、西川さん、ランバ・ラルを越せませんでしたね。確かに、ハイネは、大健闘をしたと思いますけど、ミネルバ隊に配属されて、緒戦で戦死するって、やっぱりチョイ役だったのかと言う印象しか与えませんでした。機動戦士ガンダムSEEDの時も、ミゲル・アイマンの声優をしていましたが、やっぱりすぐ死ぬし、芸能人や歌手が声優をするキャラクターは早死にが多いですね。まあ、確かに西川さんもこれだけが仕事だけではないし、仕方ないかと思います。

 

 これらをまとめて、今週の機動戦士ガンダムSEED DESTINYは面白かったと思います。久しぶりに戦闘もあったし、これからも、もっと戦闘を増やしほしいと思います。

 

 機動戦士ガンダムSEED DESTINYの評価

 

 満足度 ☆☆☆

 ガンダムっぽさ ☆☆☆

 キラ・ヤマト強すぎ!! ☆☆☆☆☆

 

スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:2
| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。