現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
CLAMP隊行くぞ!!(笑)
2005-03-06 Sun 15:53

 

CLAMP隊行くぞ!」!と言うタイトルは決して機動戦士ガンダムのことではありません。(笑)

 

  CLAMPとは、「魔法剣士レイアース」や「カードキャプターさくら」、最近の作品では、「ツバサ」を描いている4人組みの漫画家のことです。何故、このようなタイトルをつけたかというと、昨日、昔、ヤングマガジンで掲載されていた漫画で「ちょびっツ」という美少女ファンタジー・ラブコメディー漫画を買ったからです。

 どのような内容かと言うと、現代に近い世界観で、人型のパソコンが大ブームとなり、家庭に一家一台とい割れているほど人気のある家電製品がある世界で、本須和秀樹と言う、浪人生が「ちぃ」と呼ばれる人型のパソコンを拾ってきてさまざまなハプニングや事件に巻き込まれると言う、萌え系漫画ではありがちな内容です。しかし、この漫画をなめてかかると痛い目にあいます。なぜなら、今現代でも、パソコンは切っても切り離せないほどの重要な家電製品であり、それを人型のパソコンにするということは、ロボットやサイボーグだと非現実的だし、間近な存在ではないが、パソコンだからこそ、より話に重みをつけているということです。しかも、それでかつ、萌え系漫画としての機能を放棄していないと言うところがこの漫画にすごさだと思います。自分も最初、人型のパソコンが出てくると言う変な漫画というイメージしかありませんでしたが、現代社会にも通じる問題なども取り上げてるところがすごいなあと思いました。

 

 ちなみに私の好きなキャラクターは、「ツバサ」にも登場する「すもも」(『ツバサ』に登場した時みたいに     でかくはなく、小人ぐらいのサイズのノートパソコン)がコミカルな動きをするところが好きです。

 

 このブログを見ている人達は、ちなみに何が好きなのかな?

 

 漫画「ちょびっツ」の評価

 

 満足度 ☆☆☆☆☆

 萌え度 ☆☆☆☆

 アニメ「ツバサクロニクル」対する期待 ☆☆☆☆☆

 

スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:2
| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。