現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
小さな英雄。
2015-09-21 Mon 20:39

   アントマン001

 後半はネタバレなので、要注意!!

 実は、マーベルコミックスの実写映画を観に行くのは、初めてな蔵間マリコです。
 今日はシルバーウイークの3日目。ということで、今日は郊外のシアターでマーベルコミックス原作の最新実写映画『アントマン』を観に行きました。
 いや~、こういう連休は映画館で一日を潰すのが一番ですよねえ。TVじゃあ絶対にできないスケールのことをして、多くの鑑賞者を興奮させ、感動させる。そこまで遠出をしなくても、そこそこの値段で楽しめるというのも大きいですし。大型連休にはもってこいの時間の潰し方ですよ。
 しかし、そう思っていたのは俺だけでなく、映画館に着くと人で一杯で。普段なら30分前ぐらいに到着すれば、十分チケットとポップコーンを買えるのですが、今日は違う。上映ギリギリだったし、パンフレットやポップコーンなんて買う暇などない。年に5、6回は映画館に行くというのに、甘くて見ていましたよ。
小さな英雄。の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
終わりのない日常。
2015-09-19 Sat 20:59

   がっこうぐらし!

 私たち学校が大好きなんだなって……。

 平穏な日常なら過ごしたい蔵間マリコです。
 TVアニメ版も面白いですけど、やっぱり原作が一番ですねえ。今期、注目策の一つである作画・千葉サドル、原作・海法紀光(ニトロプラス)の日常漫画『がっこうぐらし!』が。
 噂に聞いていたので自分も試しに見たクチなんですけど、エロゲ界の火薬庫のニトロプラスだけあっての内容。ただの日常ものなら歯牙にもかけないですけど、モンスター娘のいる日常に並んで楽しみなアニメの一つになりましたね。で、その勢いで先週から少しずつ原作を買って読んでいますが、アニメ以上にはまちゃってね……。ゆきも、くるみも、りーさんも、みーくんも、めぐねえもみんな可愛くて愛しいし、学園生活部の行く先も気になる。ホント、旬のタイミングで出会えて良かったですよ。
 とまあ、がっこうぐらし!にはまり中ですけど、ここから先は色々と感想を書かせてもらいます。ですので、ここから先はネタバレなんかもあるので、そういうの嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
終わりのない日常。の続きを読む
別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
恐竜の世界。
2015-08-22 Sat 21:13

 恐竜といったら、萌……、じゃなくてスピルバーグ!!
 ちなみに後半はネタバレなので、要注意。

 映画大好き蔵間マリコです。
 今日はいつも利用する映画館で世界的にも注目されていた大人気映画の最新作を観に行きました。それは、ステーィブン・スピルバーグの代表作『ジュラシック・パーク』シリーズの最新作『ジュラシック・ワールド』を。
 いや~、ジュラシック・パークはビッグタイトルですからぜひとも観に行きたかったんですよねえ。小学生の頃に、1作目を見た時のCGの凄さに驚きましたからねえ。この間放送されたのでは、時代の隔世というものもあってそこまで驚きはしませんでしたけど、それでも当時としては凄いものだったと再確認はさせられましたよ。
 というわけで、今日の午前中に観に行きましたが、注目作だけあって席は超満員。そして、パンフレットは売り切れ。席が埋まっていることはよくありますけど、パンフレットが無いなんてことは滅多にありませんからね。それだけ世間の注目度がでかいというわけか。
恐竜の世界。の続きを読む
別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
狂気の世界。
2015-07-04 Sat 21:03

   

 お前のMADが目を覚ます。
 ちなみに後半はネタバレありの感想なので、注意。

 B級映画大好き蔵間マリコです。
 先日、仕事が終わった後に映画を観に行きましたー!!観に行った映画は、1作目が36年前でありながらも未だ根強い人気を誇り、2015年ついにリブートされたアクション映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を。
 いや~、マッドマックスは元々見る予定(代わりに観に行ったのが、劇場版ラブライブ!)は無かったんですよねえ。なんと言いますか、最後に上映された作品から30年以上もの空白があるから、そのジェネレーションギャップがあるんじゃないのかと不安があったんですよね。それに日本語吹き替えのCMがあんまりだったから、ちょっと敬遠していたんですよ。ただ、実際に上映されると大盛況との噂を聞いて、心変わりしましてね。実際にそんなに凄いものかを確認するためにも、観に行きました。
 ただ、ちょっとした失敗が今回あったりして。実は字幕版だと思って、敬遠している日本語吹き替え版のチケットを買ってしまったんですよね。幸い、買い換えること出来ましたが、これで出来なかったら金をドブに捨てる羽目になっていたかもしれない。ホント、ドジな俺だ。
狂気の世界。の続きを読む
別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
永遠の象徴。
2015-06-21 Sun 00:13
         劇場版ラブライブ!

 後半部分はネタバレありなので、観に行っていない人は開かないように!!

 アニメ映画はよく観に行く蔵間マリコです。
 今日は午前中から外出して、あるアニメ映画を観に行きましたー。サンライズの大人気スクールアイドルアニメ『ラブライブ!』の劇場版を。
 ラブライブ!は、リアルタイムで追っかけていた人間ではなく、広島での2期連続の再放送がされた時に入ったクチですけど、結構面白いと思いまして。最初はアイドルマスターとかけいおん!とかの類のアニメかと思いましたが、全くの別物でして……。そこからはまって、今回の有終の美となる映画を観に行くほどになったというわけです。残念ながら公開初日には行けませんでしたが、2週目となる本日に行きました。
 しかし、大人気深夜アニメだけあって、来場客が凄いのなんの。自分は何とか席を取ることができましたが、95%以上は席が埋まっていましてね。少し遅れていたら次の上映で見る羽目になっていたかもしれない。
永遠の象徴。の続きを読む
別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
動乱の時代。
2015-03-14 Sat 21:10
 2週間遅れだけど、見れた!!

 ジオンよりも連邦派の蔵間マリコです。
 いや~、最近は色々とやることが多くて、どうしても優先順位が低いところにありましたが、ようやく見ることが出来ましたよ。ロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザイン、安彦良和によってリテイクされたガンダム漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGN』のOVA1巻を。
 昨年、4年間に渡る大長編OVA『機動戦士ガンダムUC』の完結とほぼ同時期に製作が発表されたOVA版THE ORIGNですが、これが明らかになった時は驚きを隠せませんでしたよ。アニメ化されるかもしれないという噂こそあったものの、本当になるとは思いませんでしたから。ただ、自分はTHE ORIGNは面白い作品だと思っていますから歓迎ではありましたね。機動戦士ガンダムでありながらも、機動戦士ガンダムにはない魅力がありますから。
 さて、前座はこれぐらいにして、そろそろ感想へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレが入っております。ですので、まだ見ていない人やそういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
動乱の時代。の続きを読む
別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
懐かしき冒険。
2015-02-28 Sat 20:50

             ドラゴンクエストヒーローズ

 ドラクエを買うのは、何年ぶりだ?

 アクションRPG大好きな蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!先日、今巷で大人気のゲームを購入しましたー。買ったのは、国民的大人気RPG『ドラゴンクエストシリーズ』の最新作『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』を。
 いや~、ドラクエを買うのは何年振りでしょうか。最後にプレイしたドラクエがドラクエ8だから、10年近くはプレイしていなかったのかもしれません。まあ、理由としては単純に疎遠になっただけなんですけどね。ただ、世間ではなにやら凄く好評のようで。それを聞いて、ちょっと自分もプレイしたくなったので、買いに行きました。
 しかし、予約をしていなかったことが祟って、なかなか見つからない。ドラクエは確かに人気作品ですけど、ここまで売り切れの店ばっかりだったとは。4件探して、ようやく見つかりましたよ。ホント、ちゃんと予約すれば良かったよ……。トホホ……。

 さて、なんとかGETできたドラクエヒーローズですが、ここからは個人的な感想を。
 発売前は、色々と不安要素をあげられてきた本作ですが、実際にプレイしてみたらビックリ、そんな不安を吹き飛ばす出来でしたよ。面白い面白いとツイッターで書かれていたけど、旬の話題の噂というのは間違っていないものだな。
 まず、個人的に一番印象的だったのが、無双シリーズの様に見えて無双とはまったく別物のゲームデザイン。少数精鋭で多くの敵を倒すという点は同じだけど、それ以外の点はそこまで似ているとはいえない。どちらかというと、拠点防衛型RTSの要素が強く、倒す爽快感よりもいかにして攻略をするのかという爽快感に力を入れている。
 それでいながらも、難しすぎず簡単すぎずなゲームバランス。無双のように突っ込めば、すぐ拠点が落とされるが、ちゃんと考えて行動をすれば攻略できる。本当に細かい調整がなされていて遊び甲斐がある。
 そしてドラクエヒーローズをRTS要素が強いと思わせるのが、モンスターコインというシステム。モンスターコインというのは、敵を倒した時に一定確率で落とすもので、それをステージ内で使用すると仲間モンスターとして戦ったり、プレイヤーに有利な効果を発揮したりするもの。これが非常に重要なシステムで仲間にしたモンスターを防衛線に張って時間稼ぎをしてもらったり、1回で終わりだが攻撃回復補助を行ってもらうというものだが、下手をすると仲間たちよりも頑張ることなんてのもある。それをどうやって活用して、難所を切り抜けたりするのか。モンスターコインは、ゲームとしての戦略性と面白さに深みを与えている要因といえよう。あと、テンションを上げてくれるモーモン可愛い。
 あと、ゲーム的要素の面白さ以外だと、やはりドラクエシリーズのBGMをふんだんに使っているところ。フィールドのBGMや戦闘用BGM、中には悲しいときに流れる曲まで。これはドラゴンクエストモンスターズとかも言えるけど、ドラクエヒーローズは据え置きだから音質が全然違う。歴代のオーケストラ曲をプレイしながら聴けるって、どんだけ幸せなことか。
 ただ、ドラクエヒーローズも個人的には少なからずとも不満点はある。ちょっと呪文・特技やコンボのバリエーションが乏しいという点。RPGやっている人がアクションゲームやるとしたら、このぐらいの量じゃないと煩雑化するのは分かるけど、ちょっと寂しい気がする。せめて、あと3つぐらいあったら良かったなあ……。

 なかなか遊びごたえのあるドラゴンクエストヒーローズ。
 もし、ドラクエを長らくプレイしていないという人がいたら、この機会に触れてみるのはいかが?きっと、懐かしい気分でいながらも新しいドラクエの魅力を発見できるかもしれない。

 ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 難易度 ☆☆
 ドラクエ度 ☆☆☆☆☆

別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
巣窟の食事事情。
2015-01-19 Mon 19:55

             ダンジョン飯

 食べ歩きが趣味だが、これは……。

 ファンタジーもグルマンも好きな蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!本日は、地元の複合書店でこんなものを買いましたー!!コミックビーム連載の九井諒子フのァンタジーグルメ漫画『ダンジョン飯』を。
 いや~、なんか噂でメッチャ面白い漫画だと聞いて買ってみましたが、抱腹絶倒ですねえ。炎竜(レッドドラゴン)に食べられた妹を助けるために、主人公のライオス、エルフのマルシル、ハーフフッドのチルチャック、ドワーフのセンシがダンジョンを潜るというもの。ここまではよくあるファンタジーものなんですけど、この作品の凄いところはタイトルどおりダンジョン飯。お金が無い、町まで戻っていたら妹を助ける時間が無い、そして食料が無いの三重苦の中、どうやってダンジョンで食料を確保して食事をするのかということである。もっと分かりやすくいうと、ダンジョンを徘徊するモンスターを食う漫画ですよ。
 マタンゴとオオサソリから始まり、人喰い植物、バジリスク、果てには動く鎧まで。モンスターを食べること自体がかなりゲテモノ的行為なのに、だんだんエスカレートしていく様が何とも言えない。しかも、贖罪の確保の仕方や調理の方法が妙にしっかりしているからなんだか納得してしまう。そして、マルシルの恐ろしく嫌がる反応。まさに発想の勝利といえる漫画でしたよ。ファンタジー好きやRPG好きにはぜひお勧め!!グルマン好きには……、まあお勧めだね……。

 しかし、よくよく考えてみるとRPG世界の主人公たちってとんでもないものを食べているんだなと実感させられたよ。
 特に風来のシレンelonaといったローグライクRPG。元祖のローグも大概だけど、後発の作品は本当にゲテモノ食い。なんで地面に落ちているおにぎりをなんの躊躇いもなく食べたり、腐っていても焼きおにぎりにすればお腹を壊さない。腐ったバナナもチョコの入った壷に入れて、チョコバナナにして食すらからねえ……。ディアボロの大冒険ですら、猫ジュースや猫バーガー(両方ともDIOがザ・ワールドで時を止めた時にぶつかってバラバラになった猫)、オレンジ型爆弾(オインゴとボインゴが承太郎一行を暗殺しようとしたときに使ったアレ)、作中ディアボロ本人が食っていた生でカエルを食うし……。
 モンスターの肉も同様で、セルアーマー系やカラクロイド系といった明らかに金属、がいこつ魔道系や死の使い系といった肉があるのかすら怪しいもの、ミドロのようなゲル生物まで食っちゃうからなあ……。elonaなんて、人肉まで食うからビックリ(普通に食うと、ペナルティを喰らうが)。鶏や蟹のようなモンスターは百歩譲って許せるが、大半のモンスターの肉は食いたくないです。コカトリスの肉を食ったら、石化して死ぬローグがまともに見えるぐらいだよ。
 落ち着いて考えてみると、ダンジョンを潜る者たちの食事事情って凄いな。 ダンジョンでの生存戦略って、戦いだけじゃないから辛いと改めて実感。

 想像以上にとんでもないRPGの食事事情。
 さて、ダンジョン飯でこれからどんな食材(モンスター)が出てくるのだろうか?個人的には、ゾンビや幽霊といったアンデッドの類を調理するライオス一行が見たいです。食す?いや、勿論お断りです。

 ダンジョン飯の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 ファンタジー度 ☆☆☆☆
 グルメ度 なにそれ美味しいの?

別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
暁の水平線。
2015-01-10 Sat 19:34

 さて、どうなることやら……。

 今期は見るアニメが多すぎる蔵間マリコです。
 さて、色々とやることが多すぎたので、そろそろ書かせてもらいますよ~。大人気ブラウザゲーム、『艦隊これくしょん』のアニメ版の感想を。
 放送前の先行上映会に参加し、深夜アニメ不毛地帯の広島県でも珍しく放送されたことにあえて起きてまでリアルタイムでの視聴。そして、今日の昼にも3度目の視聴とそのくらい今期でも注目しているTVアニメ版艦これ。まあ、好きな作品でしたら何度でも見ますけど、この短期間で3回見るのはなかなかありませんからね。そのくらい、行く先を気にしている作品の一つであります。
 そんな今期注目作である艦これですが、今回はそのTVアニメ版艦これの感想を書かせてもらいます。当然ながら、ネタバレとかそういうのが色々ありますので、別ページに分けてあります。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
暁の水平線。の続きを読む
別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
語られざる戦い。
2014-12-07 Sun 21:38

 昨日は帰宅後爆睡したので、書けませんでした。
 あと、ネタバレもあるので、見たくない人は後半は開かないように。

 男心をくすぐられるようなアニメが大好きな蔵間マリコです。
 先日、朝二番の上映を観に行きましたよー。70年代の代表的SFアニメのリテイク作『宇宙戦艦ヤマト2199』の新作映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』を。
 旧作ヤマトはTVアニメ版1作目と劇場版2作、ヤマト2199もTVアニメサイズで視聴した身なのでそこまでフリークというわけではありませんが、それでもSF好きとしては絶対に外せない作品の一つだからな。それに、自分もヤマトは面白い作品とも印象深い作品だと思っていますし。ですので、公開日初日に行きました。
 しかし、実際に行ってみると驚きましたねえ。先月観に行った楽園追放は20代が多かったけど、こっちは40・50代がチラホラと。いわゆる第1・第2世代オタクというものだろうか?そういった方々と一緒に映画を見ると思うと、ちょっと不思議な感覚といいますか。ガンダムUCの時ですら、そこまでいたわけでもありませんし。やはり、ヤマトガンダムは時代の差があるものですね。
語られざる戦い。の続きを読む
別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
| 黒のノエル。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。