現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
更なる障壁。
2013-11-12 Tue 20:03

 木曜日がめっちゃ楽しみ……。

 萌えとバイオレンスもたまらないけど、エッチなラブコメも大好きな蔵間マリコです。
 いや~、今週の週刊ヤングジャンプが待ち遠しいですねえ。岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』?まあ、それも外すことが出来ませんが、それと同じくらいに重要なものがあるんですよ。そう、岡本倫先生と横槍メンゴ先生の自制心崩壊エロコメディ『君は淫らな僕の女王』(以下、きみだら)が。
 毎回毎回、斜め上の展開と想像以上のエロを披露してくれるきみだらですが、今週掲載分で9回目。読み切りではなく、もはや不定期連載の域と言っても過言でもありません。次回予告を見る限りでは、新キャラの昴の妹が登場するという告知が書かれていました。前回の裏の神様に続いて、テコ入れと言えば身も蓋もありませんが、どんなトラブルを起こすか分かりません。きっと、たんだから予想できないもになっているはず。
 というわけで、今回はきみだらの展開予想をしてみようと思います。言っておきますが、小ネタでも考察でもなく、妄想ネタに近いものですよ。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
更なる障壁。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:0 | トラックバック:0
剥げ落ちる鍍金。
2013-08-23 Fri 20:15

 たん、働き過ぎ!!

 週刊ヤングジャンプが大好きな蔵間マリコです。
 さ~てさてさて、前回は純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を書きましたので、今回はあっちの方の感想ですねー。岡本倫横槍メンゴの異色のタッグ作品『君は淫らな僕の女王』が。
 極黒のブリュンヒルデもなかなか面白いですけど、こっちはこっちで違った魅力があって良いですよねえ。たん独特の作風とキャラ造形とエロいシチェーションを、メンゴ先生の画風で仕上げる。初登場時からぶっ飛んだ内容で読者を驚かせるほどの問題作、それを延長戦ながらも読めるなんて嬉しいばかりです!!まあ、少したんがオーバーワークな気がしますが。
 さて、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題に入りたいと思います。当然ながら、ネタバレ、たんとメンゴ先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくり。そういうのが嫌だ、という人はここまで。別に大丈夫、という人はどうぞ。
剥げ落ちる鍍金。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:1 | トラックバック:0
変と愛。
2013-08-09 Fri 20:09

 結構長く続いているもんだ……。

 たんの漫画が大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 さ~てさて、前回は極黒のブリュンヒルデの感想を書きましたが、今回はあっちの方を書きますよ~。原作・岡本倫、作画・横槍メンゴの自制心崩壊系エロコメディ『君は淫らな僕の女王』(公式サイトで読み切り1話目が読めます)を。
 元は、試験的な内容として読み切り作品でしたが、読み切り作品とは思えないほどの人気を博し、ついには今回で7回目。もはや短編とは思えないほどの広がりようで、たんのファンとしては嬉しいばかりですよ。
 しかも、今回は今までと違って、前後編2回に渡っての掲載。これを太っ腹と言わずして何と呼ぶ!!先の読めない展開を繰り広げる極黒のブリュンヒルデがある一方、きみだらのエロ~いシチェーションで極黒のブリュンヒルデの読後の緊張感を吹き飛ばす。これぞ、たんの漫画ならではのコンボ!!これで、今年の夏を乗り切れる!!
 とまあ、熱くなりすぎました。そろそろ本題の感想のコーナーにでも入りたいと思います。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生・横槍メンゴ先生の作風、そして管理人の独断と偏見入りまくりなので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫だよ、と言う人はどうぞ。
変と愛。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:1 | トラックバック:0
本当の純愛。
2013-07-26 Fri 20:19
 アレが帰ってくる!!

 漫画は、話の内容が重要だと思う蔵間マリコです。
 皆さん、今週の週刊ヤングジャンプ連載の極黒のブリュンヒルデは読みましたか?どうしてこうも、たんの漫画は読者の心を鷲掴みしてくれるような内容なのでしょうか?萌えとかバイオレンス、超展開もいいですけど、そういったこと抜きで登場人物の心理描写や動向に魅力を引き立たせてくれるのですから。奇を衒わずに、上手く盛り上がらせる。たんの地力の高さの証拠でもありますね。
 さて、そんな物語で魅せてくれるたんですが、8月8日発売のYJ36・37号と8月22日発売のYJ38号にて、アレが帰ってきます!!岡本倫×横槍メンゴの自制心崩壊系ラブコメディ漫画『君は淫らな僕の女王』が!!
 いや~、この情報を耳にした時はビックリしましたよ。色々とぶっ飛んだ内容で読み切り時点で話題となり、単行本化の際は何度も増刷されるほどの大人気作が戻ってくるのですから。綺麗にまとめた分、ちょっと不安な点もありますが、また読めると思うとワクワクします!!
 と、新たな楽しみが増えて発売日が待ち遠しいですが、今回は君は淫らな僕の女王を知らない人に向けて、色々と語らせてもらいます。上手く説明できているかどうかは怪しいですが、もしこれで興味を持ってくれたら嬉しい限りです。ちょっとアレな表現があるかもしれませんが、興味がある方は最後までお付き合いしてください。
本当の純愛。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:0 | トラックバック:0
不思議な関係。
2013-05-08 Wed 20:23
 意外に無いんですよねー、これが。

 好きな漫画をとことん楽しみたい蔵間マリコです。
 いや~、大人気だったとはいえ、単巻限りの漫画の同人誌(18禁)を描く有志がいるとは思いませんでしたよ。原作・岡本倫、作画・横槍メンゴの自制心崩壊ラブコメ漫画『君は淫らな僕の女王』を。
 これは秋葉原関連の某有名サイトで紹介されていたのですが、広島の某所でも買えたことはとてもラッキーでしたよ。東京の方が店の広さが半端ないから、こっちの店ではないことがたまにありますからね。だから、何度涙を飲んだことやら。まあ、某所の公式サイトの通販で買うという選択肢もあるのですが。
 で、その君は淫らな僕の女王の同人を読んだのですが、18禁だけあってエロいことエロいこと。合同誌ですから、一人一人が画風が違う所も面白いし、エロにもこだわりがあってなかなか。この手の物は、原作のイメージが壊れるから嫌だという人もいるけど、自分は一つの楽しみ方として全然アリアリアリアリアリーヴェ・デルチですね。貴重な時間をありがとう。
 と、別の角度から君は淫らな僕の女王を楽しみましたが、今回はそれにちなんで、たんと同人誌について話したいと思います。
 当然ながら、たん成分や管理人の暴走的な内容が続きますので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫だよ、という人はどうぞ。
不思議な関係。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:1 | トラックバック:0
異色の組み合わせ。
2013-04-03 Wed 20:57

             君は淫らな僕の女王 単行本

 個人的には2番目に好きな作品だったりして。

 毎週が毎週楽しみすぎる蔵間マリコです。
 さてさて、2週間ぶりのコーナーですよー。美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』で人気を博し、現在、『極黒のブリュンヒルデ』を連載している鬼才の漫画家・岡本倫のデビューから長期連載10年周年を独断と偏見で語るコーナーが。
 いや~、1年間で20回近く更新してきましたが、このコーナーも残り今回を含めて3回と佳境に入ってきました。この一年間で色々と語ってきましたねえ、エルフェンリートと初めて出会った時の衝撃に、原作と遜色ない面白さだったアニメ版、倫たんらしく一癖も二癖もある読み切り漫画、個性的な登場人物たちが読者を魅了させたノノノノ……。まだまだ語りたいことはたくさんありますが、キリがありませんからね。少し寂しいですが、グダグダやるよりかはいいかもしれません。
 さて、そんな岡本倫を語るコーナーですが、今回語るのは岡本倫横槍メンゴの異色のタッグ作『君は淫らな僕の女王』。連載中に何度も語った作品でありますが、まだまだ語りたいことがたくさんありますねえ。今回はその中でも一番語りたいことを書きたいと思います。
 当然ながら、岡本倫成分充満の内容ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。全然大丈夫という人はどうぞ。
異色の組み合わせ。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:2 | トラックバック:0
爛れた恋心。
2013-02-25 Mon 20:32

              クズの本懐

 便宜上、君は淫らな僕の女王のカテゴリーということで。

 漫画大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 さて、今回で1週間がかりでお送りしてきた岡本倫横槍メンゴの『極黒の君は淫らなクズフェア』コーナーでしたが、今回でラスト。そのラストを締めくくるのは、月刊ビッグガンガンで連載中の横槍メンゴの恋愛漫画『クズの本懐』っす。
 ビッグガンガンの漫画は、ハイスコアガールはめっさ面白いから買っているんですけど、基本的に読んだことが無いですねえ。月刊少年ガンガンヤングガンガンガンガンオンラインあたりはいつもチェックしているのですが。月に30種類近くの漫画雑誌をチェックしていますが、このエリアはあまり開拓していなく、ガンガンらしく鈍器というイメージだけはあります。だから、今回は企画であるとはいえ、一つの開拓と言えます。
 さて、そんなビッグガンガンで連載しているメンゴ先生のクズの本懐。ネタバレ回避のあらすじ&感想ですが、岡本倫の漫画と同じ形式にしております。ですので、あまり読みたくないなあという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
爛れた恋心。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:0 | トラックバック:0
蕩ける愛情。
2013-02-24 Sun 19:26

              君は淫らな僕の女王 単行本

 こう見えても、青年誌の漫画ですよ?

 癖の強い漫画が大好きな蔵間マリコです。
 紆余曲折がありましたが、やっとこさ番が回ってきました。週刊ヤングジャンプミラクルジャンプで大人気を博した岡本倫横槍メンゴの異色のタッグ作品『君は淫らな僕の女王』が。
 発売されてから5日、こうやってブログの記事としてはかなり旬を越したかもしれませんが、なんだか色々と凄いことになっていますねえ。東京方面だと殆どの店が売り切れ状態で、Amazonでも品切れ状態でプレミア価格がついていたり、第2版が発売されるのが3月10日になったりと。うちのブログも、アクセス数が今までの比にならないほどの数字になっているし、マイナーなカテゴリーとはいえ5位まで上り詰めていますし。たん大好き人間としては、一人でも倫たんのファンが増えてくれるのなら光栄な限りです。
 さて、そんな今話題の君は淫らな僕の女王の単行本ですが、今回は総まとめというか単行本としての感想を描かせてもらいます。当然ながら、エロ成分・たん成分入りまくりの内容ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
蕩ける愛情。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:0 | トラックバック:0
我慢の限界。
2013-02-15 Fri 20:09

             君は淫らな僕の女王 番外編

 かたや地球滅亡の危機で、かたや貞操の危機……?

 岡本倫の漫画が読めることに至上の喜びを感じる蔵間マリコです。
 さ~てさて、前回の記事はシリアス展開が続きのハラハラドキドキな岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を書きましたが、今回はアレの感想を書かせてもらいます。原作・岡本倫、作画・横槍メンゴが描く大問題なエロラブコメ漫画『君は淫らな僕の女王』の番外編を。
 先月発売のヤングジャンプの姉妹誌であるミラクルジャンプにて最終話が掲載されましたが、今回はコミックス発売の宣伝のために番外編が掲載されました。それも、この番外編も来週発売のコミックスにも掲載されるとのこと。
 いや~、たんもメンゴ先生もかなり勝負していますねえ。スクエニとの連動企画に、今回の番外編。確かにこれだけの力を入れていたら、注目されるのも納得の話ですよ。まあ、これを楽しみにしている人の大半はエロ目的ですが。俺も含めて。
 さて、そんな異色のタッグ作、君は淫らな僕の女王。こっから先は、ネタバレやたん成分ありまくりの感想のコーナー。そういうのが嫌だという人は、ここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
我慢の限界。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:0 | トラックバック:0
愛の奴隷。
2012-12-27 Thu 20:56

             ミラクルジャンプ12号

 最新号のカバーは『封神演義』『屍鬼』で有名な藤崎竜が目印!!

 連載終了に名残惜しい蔵間マリコです。
 ついに来ました、2ヶ月に1回の楽しみである週刊ヤングジャンプの姉妹誌『ミラクルジャンプ』の発売日が。そして、岡本倫横槍メンゴの異色のタッグ作『君は淫らな僕の女王』の最終回が。
 う~ん、元から全5話という話数制限が設けてあったとはいえ、最終回を迎えると名残惜しいですねえ。毎週毎週ハラハラドキドキの展開の極黒のブリュンヒルデとは違って、フェチズム的シチェーションとたんならではの台詞回しをメンゴ先生の作画で彩る。こんなに親和性の高い作品が5話で終わると思うと……。別に打ち切りではないんですけど、やはり寂しいところです。
 とまあ、もう少し読みたかった君は淫らな僕の女王ですが、それに落ち込まず、今回も感想のコーナーに入りたいと思います。勿論ながら、ネタバレ&たん成分入りまくりんぐなので、そういうのが嫌だという人はここまで。別にだいじょうぶだぁという人はどうぞ。
愛の奴隷。の続きを読む
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:0 | トラックバック:0
| 黒のノエル。 | NEXT